会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

9.26 Thu

少量でも美味しい一品に「うなぎのだしかけ」

土用丑の日に鰻を食べるのは、

実は夏に売れない鰻を売るための販促からきた習慣。

天然ものの鰻の旬は秋から冬。

ちょっと元気がないなというときには

少量でも豪華になるこの丼を。

材料(1人分)

  • うなぎ(市販)1/3匹
  • 少々
  • うなぎのたれ少々
  • だし適量
  • 小ネギ適量
  • わさび適量
  • ご飯茶碗1杯

作り方

  • 1うなぎは食べやすい幅に切ってアルミ箔にのせ、酒とたれをふって包み、フライパンで温める(又はお皿に載せてレンジで)。
  • 2小ネギは小口に刻む。
  • 3ご飯に1をのせ、2とわさびを添え、熱々のだしをそそぐ。

    ★1枚を1度で食べないときは、きちんとラップをして冷凍に。うな丼や櫃まぶし、うな茶など、いろいろ楽しめます。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ