会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

お気に入りの服だったのに、長く着ているうちに色褪せてしまった…。うっかり食べこぼしや汗ジミがついてしまった…。そんな時は、すぐに処分せず、色の染め直しに挑戦してみては?今回は、自宅で簡単にできる服の染め直し方法をご紹介します。

お気に入りの服を長く愛用するために

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

服は着用回数の多いお気に入りであればあるほど、紫外線や洗濯の積み重ねで色褪せが発生します。また、予期せぬ汚れや黄ばみが付いてしまうこともあるし、年齢とともに似合う色が変わる可能性も…。
しかし、色褪せや汚れが原因で、すぐに処分してしまうのも惜しいですよね。洋服は形さえ崩れていなければ、染め直しで再生させることができますよ。鮮やかなカラーに戻ったり、ステッチの味わいを強調させたりといった、新しい魅力を伴って復活してくれるのです。

衣類の染め直しの手段<3選>

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

服の染め直しをするには、いくつかの方法があります。
それぞれ、かかるコストや手間・仕上がりのクオリティが変わってきますので、ご自身に合った方法を選んでみてくださいね。

自宅でセルフ染め直し

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

まずは、セルフで染め直しする方法。専用の染料さえ購入すれば、自宅でも簡単に染め直すことができます。
染料は、手芸店やオンラインショップなどで安価な料金で手に入りますし、手順も複雑なものではありません。ご紹介する方法の中では、最もコスパが良いと言えるでしょう。
ただし、染めるのにやや時間と手間を必要とすることと、染めムラなどの失敗するリスクがあるというデメリットも。まずは、失敗しても良い布類で何度が練習してみることをおすすめします。

クリーニング店で染め直し

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

意外と知られていませんが、服の染め直しはクリーニング店に依頼して行うことも可能。
汚れやほつれが目立つ衣類でも、クリーニングやお直しを同時に依頼することもできますよ。また、プロの手に任せるので染めムラのリスクがなく、仕上がりも綺麗。さらに、スーツやズボン・コートといった、自分では手に負えない衣類の染め直しもできます。
デメリットは、自宅での染め直しよりも大幅にコストがかかること。また、すべてのクリーニング店で染め直しサービスを行っているわけではないので、依頼できる店舗を探す必要もあります。

染色専門店で染め直し

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

染色サービスを専門としている店舗に、服の染め直しをオーダーする方法もあります。
染めを専門としている職人の手に任せられるので、染めムラの心配もなく、クオリティはトップクラス。オンラインでの受付を取り入れるお店も増えてきているので、気軽に利用できますよ。
デメリットは、やはりコストがかかることでしょう。専門店であるだけに、クリーニング店よりは比較的安く抑えられる傾向にありますが、それでもセルフで染めるよりは高くつきます。

セルフで服の染め直しするのに必要なものは?

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

自宅で衣類を染める染料としておすすめなのが、英国製家庭用染料の「ダイロン(マルチ)」です。染められる素材の幅が広く、カラーバリエーションも豊富。値段も1袋あたり500円というお手頃さで人気のアイテムです。
このダイロンを使った染色方法をご紹介しますので、是非挑戦してみてくださいね。

材料(衣類250gあたり)

・ダイロン(マルチ)・・・1袋
・塩・・・30g
・80℃のお湯・・・500ml+6L
・カラーストップ(色落ち防止剤)・・・50ml
・40~60℃のお湯・・・3L

道具(衣類250gあたり)

・ゴム手袋 ※高温のお湯を扱うため厚手のもの
・トング
・ボウル
・泡立て器
・6Lのお湯が入る容器 ※色移りを防ぐためステンレス製のものがおすすめ

ダイロンで染めてみよう!実践編

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

材料と道具が揃ったら、早速染めてみましょう。作業時間は少なくとも1時間ほどはかかるので、時間に余裕があるときに挑戦するのがおすすめです。また、作業中は換気を忘れずに。使用する染料によっては臭いがキツイものがあるので、長時間作業をしていると気分が悪くなるおそれがあります。

手順①染料を溶かす

(1) ボウルにダイロン(マルチ)を1袋入れます。
(2) 500mlのお湯(80℃)を加えて、泡立て器でよく混ぜます。
(3) 大きめの容器に6Lのお湯(80℃)を入れて、塩を加えます。
(4) 泡立て器でよく混ぜて塩が溶けたら、(2)の染液を入れます。
(5) 再び泡立て器でよく混ぜれば、染めの準備完了です。

手順②もみ洗いで服を染める

(1) 6Lの染液が入った容器に、衣類の生地を広げて入れます。
(2) トングを使って、生地をかき混ぜるように染めていきましょう。
(3) お湯の温度が下がったら、ゴム手袋をはめた手でもみ洗いします。
(4) (2)~(3)を20分ほどかけて行った後は、さらに20分ほど浸け置きします。

手順③カラーストップで色落ち防止

(1)衣類を染液から取り出し、水ですすぎます。
(2)40~60℃のお湯3Lを容器に入れ、カラーストップ50mlを加えます。
(3)泡立て器でよく混ぜたら、衣類を入れて浸します。
(4)多少色落ちしますが、気にせず衣類を浸して軽く混ぜればOKです。

手順④すすいで陰干し

色落ち防止の手順を済ませた後は、水でよくすすいで陰干しすれば、染め直し作業は終了。すすぎの目安は、水に色が落ちているかどうかです。すすぎの水にほぼ色が落ちなくなって、透明に近い状態になればすすぎは完了です。
ダイロンを使った染色の手順をまとめた動画もありますので、セルフ染め直しの参考にしてくださいね。

服の染め直しをする際の注意点

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

染め直しをする際は、まず衣類の洗濯表示や素材は必ずチェックを。使用する染料によっては、染められなかったり色ムラが出たりする衣類があるので、説明書きと衣類のタグを調べて置くことが大切。
また、シミや汚れがあると染める際の色ムラの原因に。衣類のシミや汚れは、できる限り除去しておきましょう。
さらに、染め直しの直後は洗濯時に色落ちしやすいので、しばらくは単独で洗って。干す際は陰干しにすると色褪せを防ぐことができますよ。

服を再生させることは、サスティナブルな世界への第一歩

洋服の色褪せやシミもあきらめない。自分で簡単にできる「染め直し」の方法

染め直しは、お気に入りの服を長く着られるだけでなく、一人ひとりが物を長持ちさせて使っていくことで持続可能な世界の実現に繋げられます。
染め直しをきっかけに、個人でもできるサスティナブルな行動について、あらためて考えてみてはいかがでしょう。

photo / Shutterstock

自分らしく、心地よい人生を歩むために、知っておきたいセクシャルウェルネスを追求するメディア
my muse

https://my-muse.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報