会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

美容と健康にいい。白湯の作り方と効果的な飲み方

美容と健康にいい。白湯の作り方と効果的な飲み方

美容や健康と深いつながりがあると言われている水。しかし、ただ漫然と飲めばいいというわけではありません。そこで注目したいのが、水を沸騰させて作る白湯。白湯を飲むことのメリットや作り方、効果的な飲み方についてご紹介します。

白湯が身体に良いとされる理由とは?

身体にいい白湯

詳しい作り方はあとで説明しますが、白湯とは水を沸かして一定の時間沸騰させ続けて作るもので、ただのお湯ではないところが最大のポイント。

そんな白湯が美容や健康に良いとされているのは、インドやスリランカで生まれた伝統医学「アーユルヴェーダ」の考え方に基づくと言われています。
アーユルヴェーダにおいて、人体を構成しているエネルギーには火(ピッタ)・水(カパ)・風(ヴァータ)の3種類が。その組み合わせで人の身体が形成されているとされます。しかも、3つのバランスは人それぞれ異なり、火のエネルギーが強い場合もあれば、風のエネルギーが前面に出ているケースも。そのバランスを整えて、身体を健康な状態に保つ働きがあると言われているのが白湯なのです。というのも、白湯は「水」を「火」に掛けて、沸騰させ、「気泡(風)」を発生させたもの。3つの要素が含まれているので、その人に足りないものを補うことができるというわけです。

白湯を飲むことで美容・健康にさまざまなメリットが

白湯の作り方と効果的な飲み方2

では、白湯を飲むとどのようななメリットがあるのでしょうか。白湯の適温とされるのは40~70℃くらい。温めた水によってどのような効果が得られるのかを具体的に解説します。

【美容面】

◆美肌効果
白湯を飲むと体内の血管や血液が温められて血流がよくなります。その結果、老廃物が体外に排出されやすくなり美肌に導いてくれるでしょう。
◆ダイエット効果
白湯を飲むと内臓の温度が上昇します。その結果、胃腸の働きがよくなって基礎代謝も上昇し、痩せやすい体質を作ることでダイエットにつながります。

【健康面】

◆便秘解消
起床直後にコップ一杯の冷水を飲むことで腸を刺激し、便秘解消に効果的と言われています。しかし、白湯は別のアプローチから便秘を改善。白湯で内臓が温められることにより腸の動きが活発化。消化する力も高まって便秘解消が期待できます。
◆肩こり・腰痛の改善
肩こりや腰痛の原因としてよく挙げられるのが血液循環の悪さ。白湯は血流を良くして、肩こりや腰痛の改善が期待できます。
◆冷え性の改善
冷え性は冬に限るものではありません。最近はエアコンの効きすぎや冷たいものの食べ過ぎなどで、夏でも深刻な悩みを抱える人も多数。身体の中から温めてくれる白湯は、冷え性改善に一役買ってくれるでしょう。

正しい白湯の作り方とは?

白湯の作り方と効果的な飲み方3

白湯が持つさまざまな効能がわかったところで、より高い効果が期待できる正しい白湯の作り方をご紹介します。

【基本的な白湯の作り方】

少々手間と時間はかかりますが、ヤカンやお鍋を使って沸かす方法です。

1.ヤカンか鍋に必要な量の水を入れる。
2.蓋をして火にかける。
3.沸騰したら蓋を取り、10~15分ほど沸かし続ける

使用する水は、水道水やミネラルウォーター、浄水器の水など、お好みのもので構いません。水道水を使う場合は、10~15分間沸騰させ続けることが重要です。理由は、水に含まれる塩素を取り除いて殺菌するためですが、その際に蒸発してしまうことも考えて、多めに沸かすようにしましょう。沸かした直後は熱すぎて、せっかくの白湯の効果を得ることができません。水分が身体にスムーズに吸収されると言われる、50℃前後の適温に冷めるまで待ちましょう。

沸かすのが手間と感じる方は、以下の方法でも大丈夫です。

【電子レンジを使う】

浄水器などを通して塩素を除去した水、あるいは市販のミネラルウォーターを電子レンジ対応の容器(コップ)に入れてレンジにかけ、50℃前後の適温に温める。

【電気ポットを使う】

浄水器などを通して塩素を除去した水、あるいは市販のミネラルウォーターを電気ポットに入れて沸かします。沸いたお湯は保温ポットや保温ボトルに入れて保存しましょう。

【ウォーターサーバーを使う】

温水機能のあるウォーターサーバーを使って温水と冷水を混ぜ、40~70℃くらいの白湯を作る。

基本はヤカンやお鍋で沸かす方法がおすすめですが、手間に感じるようでしたら電子レンジやウォーターサーバーを利用しましょう。まずは、日常的に白湯を飲む習慣作りが大切です。

白湯はいつ、どのくらいの量を飲めば良いの?

白湯の作り方と効果的な飲み方4

白湯がいくら美容や健康に良いからと言って、飲み過ぎてしまっては身体のむくみの原因にもなりかねません。そこで、1日に700~800mlくらいを限度に飲むように心がけましょう。
白湯を飲むおすすめのタイミングは以下の通りです。

【朝・起床直後】

もっともおすすめの飲むタイミングは朝起床直後。寝ている間に冷えてしまった胃腸が白湯を飲むことで温められ、その消化機能の高まりにより美容や健康に良い影響を与えるとされます。

【食後】

食後すぐに白湯を飲むのはNGです。最低でも胃が落ち着くと見込まれる30分後くらいに摂ることで、消化を上手に促してくれるでしょう。

【夜】

白湯にはリラックス効果も期待できるため夜に飲むのもおすすめですが、就寝前は少々注意が必要です。水分を摂ることで就寝中にトイレに行きたくなり目が覚めてしまっては本末転倒なので、就寝直前は避けるようにしましょう。

毎日飲むのが楽しくなる白湯のアレンジレシピ

白湯のアレンジレシピ

白湯は無味無臭なので、いつか飽きてしまうのは必定。たまには目先を変えて、味や香りを楽しみたいと感じる人が多いでしょう。そんな時は、以下のアレンジレシピを試してみてはいかがでしょうか?

【はちみつをプラス】

コップ1杯の白湯に、はちみつ小さじ1杯ほどをプラス。はちみつは、むくみの予防につながるとされています。

【レモンをプラス】

コップ1杯の白湯にレモン汁をお好みで入れます。レモンのビタミンCやクエン酸が疲労回復・美肌効果を促進。

【オリーブオイルをプラス】

コップ1杯の白湯に小さじ1杯程度のオリーブオイルをプラス。オリーブオイルは整腸効果が期待できるので、白湯だけよりもさらに便秘予防につながるでしょう。

【スパイスをプラス】

カレーでおなじみのスパイス、クミンとコリアンダーをプラス。コップ1杯の白湯にそれぞれ小さじ1杯ずつが適量。腸のガス抜き・便秘解消の効果が期待できます。

【ミントをプラス】

コップにミントの葉を数枚入れ、そこに白湯を注ぎます。爽やかな香りにストレス解消効果が。花粉症でお悩みの方は、アレルギーの改善にもつながるとされるのでおすすめです。

【生姜をプラス】

白湯を作る際に、水に生姜の薄切りを数片入れて沸かします。電子レンジや電気ポット、ウォーターサーバーを使って白湯を作る場合は、チューブの生姜やショウガパウダーで代用するのもアリ。生姜の働きでより身体が温まります。

毎日白湯を飲むことを習慣に

白湯の作り方と効果的な飲み方5

私たちが日頃よく飲んでいる水。そのまま飲むだけでなく沸騰させて白湯にし、温度や飲むタイミング次第で美容や健康にさまざまな効果が期待できることがわかりました。即効性はないようですが、お財布にも身体にも負担がかからない白湯を飲むことを習慣化して、毎日を美しく健康的に過ごしましょう。

photo / Shutterstock

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報