会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

目的別ストレッチ

目的別ストレッチ

腰痛を起こしやすい人は腰にやさしいストレッチ、股関節が硬い人は股関節の可動域を徐々に広げるストレッチ、と目的にあわせて内容を調整するとより効果的にストレッチを行うことができます。逆を言えば、身体の状態に合わないストレッチは負担になるということ。オーバーストレッチ(伸ばしすぎたり強すぎたりするストレッチ)や自己流ストレッチもケガの原因になりやすいので注意しましょう。ストレッチを始める前に「どこを重点的にストレッチしたいか」、「身体のどこが硬くなりやすいか」など、身体の状態を確認しましょう。万が一、痛みがある場合は筋肉が炎症を起こしている可能性があるので、まずは治すことを心掛けてください。ここでは、身体の状態にあわせた目的別メニューを紹介します。
  • 1
  • 2