会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

どんな洋服でも着こなせるように。スラリと伸びた美しい首を目指すストレッチ

どんな洋服でも着こなせるように。スラリと伸びた美しい首を目指すストレッチ

服を着こなすのに大切な要素である首。首がスッと美しく伸びていれば、どんな形の襟の洋服も似合います。加圧トレーニングスタジオ「rinato」を経営する森拓郎さんの本で、女優の高橋メアリージュンさんがモデルを務める『30日で白Tシャツの似合う私になる』から、美しい首を目指すストレッチをご紹介します。

首の縮みを伸ばすストレッチ

広頚筋(こうけいきん)をほぐすストレッチ

どんな服装でもキマって見える人がいますよね。それは、実は「首」がポイントなのかもしれません。Vネックでもクルーネックでもすっきりと着こなしている女性は、首がスラリと長いのが特徴。対して猫背などで肩が身体よりも前に出てしまっている人は、首の後ろがストレートになっています。そのせいで首が短く見え、上半身が詰まったような印象になってしまうのです。そうならないために、縮みがちな首の前側の筋肉、広頚筋(こうけいきん)をほぐすストレッチを行いましょう。縮みが解消されると、顔周りもすっきりと見えますよ。

ストレッチのやり方

  • 1軽く脚を開いて立ち、両手を重ねて鎖骨の下に置きます。
  • 2上を向いて口を開けて息を吸い、吐きながら天井に向かってあごを突き出して30秒キープ。このとき、手は下へ引っ張ります。
  • 3(1)の状態に戻ります。この動きを2~3セット行いましょう。

姿勢を整えれば、Tシャツが似合う身体に

『30日で白Tシャツの似合う私になる』表紙と著者の森拓郎さん

シンプルなTシャツをおしゃれに着こなしている人は、ただ痩せているだけではありません。ほどよくお肉がついていてたるみのない二の腕や、すっきりとした背中とわき、すっと上に伸びた首などがあってこそ、美しく見えます。そうしたボディラインは、骨格が基盤となって作られています。 

骨格なんて自分ではどうしようもない…とあきらめる前に読んでいただきたいのが、『30日で白Tシャツの似合う私になる』。加圧トレーニングとピラティスのスタジオ「rinato」を経営する森拓郎さんの書籍です。掲載されているのは、骨にアプローチして姿勢を正すためのストレッチ。続ければ筋肉が正しく使えるようになって代謝が上がり、無駄な脂肪がつきにくくなるのだそう。
本でストレッチを行っているのは、実際に森さんに指導を仰いでいる女優の高橋メアリージュンさん。ストレッチをさぼっていなければどんな服も自信をもって着られると語る高橋さんのTシャツ姿が美しく、こんな身体になれるなら…!とやる気が湧いてきますよ。

本では30日で骨格美人を目指すプログラムが紹介されており、1週間ごとに行うべきストレッチが変わるので、飽きずに続けられます。運動が苦手だったり、身体が硬い方でも挑戦しやすいので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

photo / 株式会社ワニブックス

30日で白Tシャツの似合う私になる
刊行:株式会社ワニブックス
定価:1,400円(税別)

https://www.wani.co.jp/event.php?id=6267

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報