会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

5.22 Wed

お腹に優しいヘルシー365レシピ「 レタス包みご飯」の出来上がり写真

レタスの瑞々しさが美味しさをアップ「レタス包みご飯」

焼肉店で、肉をサンチュで包んで食べることがありますが

これは、元はと言えば韓国でポピュラーな食べ方。

葉物野菜や薄い昆布などで、肉やおかず、ご飯を包んで食べます。

その背景には、「福を包む」という意味もあるのだとか。

これは遠慮なく、大口を開けて一息にどうぞ!

材料(1人分)

  • レタス適量
  • 白セロリ適量
  • コチュジャン適量
  • 玉子1個
  • ひとつまみ
  • 山椒1カップ
  • 醤油250cc
  • 30cc
  • コチュジャン適量
  • ご飯適量

作り方

  • 1レタスが器になるので、椀型の形を生かして(大きめの!)ひと口で食べられる大きさにちぎり、洗って水気をきる。
  • 2次は、錦糸玉子。玉子はひとつまみの塩を入れてよく溶き、漉し器で一度漉す。油をひいた鍋で薄く焼き、冷めてから糸のように細く切る。
  • 3白セロリは洗って水気を切り、食べやすい長さに切ってほんの少しの塩(分量外)をふりご飯に混ぜる。
  • 4山椒の実はきれいに洗い、水気を丁寧に拭き取り、調味料に漬け込みます。手間ですが、固い軸は取り除くこと。舌触りが違います。1か月以降から食べ始められます。
  • 51に白セロリの混ぜご飯(写真むかって左)を、奥は山椒の実を混ぜたご飯の上にふんわり錦糸玉子を、右は山椒の実を混ぜたご飯にコチュジャンをのせる。

    ★山椒の実の醤油漬けは、便利な保存食。お茶漬けや混ぜご飯、チャーハンの添え物として、重宝します。ぜひ作ってみてください。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ