会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

3.28 Thu

お腹に優しいヘルシー365レシピ「春の野菜の簡単天丼」の出来上がり写真

“目から鱗”の韓国天ぷらの知恵「簡単春の天丼 菜の花の蕾・茎、新じゃが」

天ぷらというと揚げた後の油の処理とか、

ついつい面倒に思って敬遠しがち。

でも、韓国風ならば、大さじ1、2杯の油で完成だからラクチン。

調味料は、たまには酢醤油でさっぱりと。

豆板醤やコチュジャンを混ぜると、また違った味が楽しめます。

材料(1人分)

  • 菜の花蕾、茎、新じゃが各適量
  • ご飯茶碗1杯
  • 小麦粉1カップ
  • 卵(小)1個
  • 120cc
  • 少々
  • 揚げ油(サラダ油とごま油)8対2の比率で

作り方

  • 1菜の花はきれいに洗い、蕾、葉つきの茎に分ける。じゃがいもは皮をむき、1cm厚で約3cmの長さの棒状に切る。
  • 2ころもの材料を作る。小麦粉と卵、水、塩を良く混ぜあわせる。粉が粘っても大丈夫。
  • 3フライパンに油大さじ1~2をひき、ころもをつけた1を、中火から弱火の加減で両面を焼く。
  • 4ご飯の上に3を乗せ、酢醤油、又は天つゆを好みにかける。

    ★天つゆの割合は、だし5:醤油2:みりん1。酢醤油は、醤油3:酢1の比率で。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ