会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

12.15 Sun

口に入れればなつかしさが広がる「かんぴょうの細巻」の出来上がり画像

口に入れればなつかしさが広がる「かんぴょうの細巻」

スタンダードな海苔巻きの具、かんぴょう。

ほんのり甘い味に、子供の頃を思い出す人も?

山葵を効かせれば、

お酒のつまみとしても楽しめます。

材料(1人分)

  • 180cc
  • 160cc
  • のり2枚(1/3切る)
  • わさび適量
  • かんぴょう30g
  • ▽煮汁
  • ・醤油大さじ1.5
  • ・砂糖大さじ1/2
  • ・水(だし汁)かんぴょうがつかる量
  • ▽寿司酢
  • ・酢大さじ2
  • ・塩ひとつまみ
  • ・好みで砂糖大さじ1/2

作り方

  • 1かんぴょうは水でもみ洗いし、水気をしっかり絞って再度もみ洗い。水気をきっちり絞る。鍋に調味料を入れ、弱火で10~15分煮る。
  • 2米は洗ってザルに上げて水を切り、分量の水に20分浸けて炊く。ご飯が熱いうちに塩を溶かした酢(好みで砂糖も)を全体にまわしかけ、切るように混ぜる。
  • 3のりは長い方の辺を3分の1切り落とす。まきすの手前に合わせてのりを表を下にして置く。のりの3分の2に、粗熱をとったすし飯を薄く広げ、わさびを好みの量ぬり、かんぴょうを2本程度置いて巻き込む。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ