会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

10.19 Fri

ひと手間かけた具ですっきりした味わい「マイタケ入り稲荷ずし」

香りと歯触りの良さが特徴のマイタケが

淡白な稲荷ずしに彩を添えます。

甘ったるくなく、すっきりした味わいで

口に運ぶ手が止まらなくなるかも!?

材料(1人分)

  • 稲荷寿司用油揚げ3~4枚
  • 180cc
  • 160cc
  • ▽寿司飯の具
  • ・マイタケ適量
  • ・醤油少々
  • ・サラダ油少々
  • ▽油揚げの煮汁
  • ・だし150cc
  • ・醤油大さじ1.5
  • ・砂糖大さじ1
  • ・酒(またはみりん)大さじ1
  • ▽寿司酢
  • ・酢大さじ2
  • ・塩ひとつまみ
  • ・好みで砂糖大さじ1/2

作り方

  • 1米は洗ってザルに上げて水を切り、分量の水に20分浸けてから炊く。ご飯が熱いうちに塩を溶かした酢(好みで砂糖も)を全体に回しかけ、切るように混ぜる。
  • 2油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、三角に切って袋を開ける。

    (正方形の稲荷寿司用油揚げがない場合は、長方形の油揚げを半分に(四角に)切って使ってください。)
  • 3酒を除いた煮汁の調味料を合わせ、砂糖が溶けたら2を入れて落し蓋をする。5分ほど煮ると煮汁が1/3ぐらいの量になるので、酒(またはみりん)入れてひと煮たちさせ、火を止める。
  • 4マイタケは細かくきざみ、フライパンでほんの少量のサラダ油で軽く炒め、醤油をからめる。
  • 5粗熱のとれた酢飯に4を混ぜ、油揚げの枚数に分ける。油げの煮汁を軽く切って酢飯をきっちり詰める。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ