9.13 Wed

干物の骨は捨てないで!「干物と骨のだしかけご飯」

干物は、さっと焼くだけで立派なおかず。

身を食べたあと、骨は捨てずに取っておくのを習慣に。

中骨や頭からとれるだしのあまりの美味しさに

今まで捨てていたことを後悔しそう?

材料(1人分)

  • カマスの干物1匹(あじやえぼだい、かわはぎでも)
  • 大葉数枚
  • 白ねぎ適量
  • いりごま小さじ1
  • ご飯茶碗1杯
  • ▽骨のだし
  • ・昆布3~4枚
  • ・カマスの頭・中骨・尾や背びれ適量
  • ・水300cc
  • ・薄口醤油小さじ1
  • ・塩少々

作り方

  • 1カマスは焼いて身を粗くほぐす。
  • 2残った頭・中骨・尾・背びれなどは、再度こんがりと焼く。
  • 3大葉は千切り、白ネギは白髪ねぎに切る。
  • 4昆布だしは、昆布をひと晩分量の水に浸したもの。そこに2を入れてだしをとり、薄口醤油と塩で味をととのえる。調味料の量は、干物の塩加減をみて。
  • 51に3といりごまを合わせ、温かいご飯の上にのせて、熱々の4を注ぐ。

    ★白髪ネギは水に晒すと、風味も栄養も落ちます。
    ★干物の骨などはその都度冷凍しておくと、煮干しやかつお節がないときにも重宝します。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ