会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

11.18 Sat

ショウガがピリッと効いた大人の味「鶏のつくね焼き丼」

2個ほどは酒の肴で、

あとは丼飯で豪快に。

材料(1人分)

  • 鶏ミンチ150g
  • みじん切りのネギ大さじ1
  • おろしショウガ小さじ1/2(好みで増減)
  • 片栗粉大さじ1
  • ごま油小さじ1
  • 七味または一味適量
  • サラダ油適量
  • ごはん茶碗1杯
  • 白髪ネギ適量
  • ▽たれ
  • ・醤油大さじ3
  • ・酒小さじ1
  • ・砂糖小さじ1

作り方

  • 1ミンチ肉にみじん切りのネギ、おろしショウガ、片栗粉、ごま油を入れて、粘りが出るまでよく練り合わせる。
  • 21を厚さ1.5cmの小判型にまとめる。
  • 3フライパンに少量のサラダ油を入れて、2の両面を焼く。グリルでも可。
  • 4タレの調味料を合わせ、弱火でとろみが出るまで煮詰める。
  • 54に3を入れて、少し煮つめる。グリルを使う場合は、両面にたれを塗って軽く焼く。
  • 6温かいご飯にタレを少しかけ、5をのせ、白髪ねぎを散らして一味、または七味をふる。

    ★時間があるときは、もも肉と胸肉の切り身を求め、包丁で丹念に叩いてミンチに。機械でミンチにしたものより、味はぐんとアップします。軟骨を加えても、またオツな味に。   

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ