会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

1.26 Sat

山菜の苦みが卵と好相性「生ふきのとう入り玉子かけご飯」

まだまだ寒い日は続きますが、

そろそろ春の山菜が店に出回り始めました。

ふきのとうは、デトックスの効果があります。

冬の間にため込んだ毒素の排出に◎

材料(1人分)

  • ふきのとう適量
  • 削り節3g
  • 玉子1個
  • 醤油適量
  • ご飯茶碗1杯

作り方

  • 1ふきのとうは外側の葉2、3枚と軸を取ってきれいに洗い、水気を拭き取る。
  • 2ふきのとうを手で細かくちぎる。
  • 3玉子をよく溶き、1と削り節、醤油を入れて混ぜ、ご飯にかける。

    ★冬にため込んだ毒素は、排出しなければ。冬眠の熊が目覚めて最初に口にするものは、 ふきのとうだとか。熊もデトックスが必要なんですね。

 recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

本レシピについて

・材料は基本的に1人分。
・1カップ=200㏄。大さじ1=15㏄。小さじ1=5㏄。
・出しは、鰹節と昆布の出し。
・醤油は濃い口醤油。

なすんじゃから一言

まずはレシピ通りに作ってください。2度目からは、あなた好みにお醤油をたしたりお塩をひかえたり。あなたの舌に合う味を作りだしてくださいね。

365レシピ 一覧へ