キーワード:表参道

33 件

「表参道」は、元々は、明治神宮の参道と言える、青山通りから神宮橋交差点に至る地域のことを言いました。そこから派生して、現在では、東京メトロ表参道駅近辺、渋谷区神宮前、北青山、南青山の一部まで含むようになっています。表参道を象徴するアイコンの...すべて読む

「表参道」は、元々は、明治神宮の参道と言える、青山通りから神宮橋交差点に至る地域のことを言いました。そこから派生して、現在では、東京メトロ表参道駅近辺、渋谷区神宮前、北青山、南青山の一部まで含むようになっています。表参道を象徴するアイコンのひとつは、1927年にできた同潤会渋谷アパート(後に青山アパート)。関東大震災の義捐金をもとに良質の集合住宅建設を目指した計画のもとにつくられた住宅です。なので、当初はもちろん個人の住宅として使われていたのですが、時代の流れによって、この地域がファッションの中心地として発展していくにつれ、徐々にブティックやギャラリーとして使われるようになっていきました。しかし、2003年には老朽化により解体され、その跡地は表参道ヒルズとして新たな人の集まるスポットとなっています。この表参道ヒルズはもちろんのこと、表参道一帯は、東京の中でも有数のショッピングストリートとして知られています。表参道沿いには、日本国内外の有名ブランドが軒を連ね、新進気鋭のセレクトショップや、美容院などを始めとする各種美容関係施設なども多く集まり、近隣の渋谷・原宿地域とは、一線を画した発展の仕方をしているとも言えます。有名ブランドショップなどが立ち並ぶ街という以前のイメージの一方、最近ではマスコミなどにも取り上げられる「行列のできる店」の出店が続いていることも話題に。ニューヨークで有名なハンバーガショップ「ShakeShack」や台湾から上陸したかき氷店「アイスモンスター」など海外の著名店の出店が相次いでおり、従来とは違う人々が集まるスポットともなりつつあります。大勢の人が集まるイベントとして有名なのは、8月末の「原宿表参道元気祭り・スーパーよさこい」。全国からよさこいチームが多数集まる一大イベントです。また、年末年始の風物詩として特筆すべきなのは、表参道ケヤキ並木を電飾するイルミネーションイベント。期間中は大勢の人が集まり、見物客による交通渋滞、通りの大混雑で中止を余儀なくされた期間もありましたが、形を変えながら、現在も続けられています。

  • 1
  • 2