会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

斜めのクープが特徴的なフランスパン、「パン・ヴィエノワ」のレシピ

斜めのクープが特徴的なフランスパン、「パン・ヴィエノワ」のレシピ

ウィーン風のパンという意味のパン・ヴィエノワ。細長い棒状に斜めのクープ(パン生地の表面に入れる切り込み)が特徴のフランスパンです。生地に卵や牛乳を使用し、バゲットなどのシンプルなフランスパンに比べるとリッチな配合で、クラスト(外側)はサクッと、クラム(中身)はふんわりとした食感に焼き上がります。

お出掛け用サンドにもおすすめな、パン・ヴィエノワ

今回ご紹介するパン・ヴィエノワは、ほんのりとした甘みを持つフランスパン。お食事系サンドイッチにも、ガナッシュやミルククリームを挟んだスイーツ系サンドイッチにもよくあいます。斜めのクープが華やかなので、お弁当や持ち寄りパーティ用のパンに使用すると場に華を添えてくれますよ。
ちなみに、通常、準強力粉を使用して作られますが、今回は入手しやすい強力粉と薄力粉をブレンドしたレシピをご用意しました。ぜひチャレンジしてみてください。

材料(4本分)

  • 国産強力粉120g
  • 国産薄力粉50g
  • 元種60g
  • 卵黄1個
  • 牛乳80g(卵黄と合わせて100gにする)
  • 24g
  • きび砂糖16g
  • 天然塩3.5g
  • 無塩バター20g
  • <仕上げ用>
  • 溶き卵適量

作り方

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順①ミキシングしたところ

1.ミキシング
無塩バターと仕上げ用溶き卵以外の材料を合わせてこねます。生地が均一になって、ひとかたまりにまとまったら、無塩バターを加えます。生地が滑らかになり、生地が薄く伸びるようになるまでこねましょう。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順②一次発酵したところ

2.一次発酵
生地をきれいに丸めてボウルにラップをして、2~3倍の大きさになるまで一次発酵します。
一次発酵の時間の目安は、夏場で6時間から8時間、冬場で12時間前後です。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順③生地を分割してベンチタイムをとっているところ

3.分割とベンチタイム
生地を4分割してきれいに丸め、乾かないようにラップや濡れ布巾を被せて、20分ベンチタイムを取ります。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順④成形するために記事を楕円形に伸ばしたところ

4.成形生地を横幅20cmくらいの長めの楕円形に伸ばします。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順④生地を巻いて棒状にし、きれいに成形し終わったところ

端からクルクル巻いて棒状にし、巻き終わりをつまんでしっかり綴じます。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順⑤二次発酵しているところ

⒌二次発酵天板にオーブンシートを敷き、綴じ目を下にして生地を並べます。次に、ハサミやクープナイフを使って斜めの切れ込みを約1cm間隔で入れます。生地が乾燥しないように霧吹きをかけて1.5倍から2倍の大きさになるまで二次発酵します。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順⑤二次発酵が終わった生地の様子

二次発酵後の様子。

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、手順⑥オーブンで焼き上がったところ

⒍焼成
210度に予熱したオーブンを200度に下げて15分焼いたら完成です。

お好みの具材をはさんでサンドイッチにしてみては?

「パン・ヴィエノワ」のレシピ、具材を挟んでお食事系サンドイッチにしたところ

パン・ヴィエノワのレシピの紹介でした。具材をサンドしてからワックスペーパーなどでラッピングをすれば持ち運びにも便利。ピクニック用サンドイッチのパンとしてもおすすめです。
普段の食事でお馴染みのサンドイッチも見た目に特徴のあるパンを使って、いつもとは少し違う気分を味わいませんか?

photo / Ayako

「baking and calm life」
BlogとInstagramにて、自家製酵母を使用したパンやお菓子作りの工程を紹介しています。

http://bakingandcalmlife.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを