会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

フライパンひとつで作れる。旨味たっぷり「チキンときのこのカレーピラフ」のレシピ

フライパンひとつで作れる。旨味たっぷり「チキンときのこのカレーピラフ」のレシピ

暑い日には、食欲をそそるちょっぴりスパイシーな料理を楽しみませんか?今回ご紹介するのは、フライパンひとつで簡単に作れる「チキンときのこのカレーピラフ」のレシピ。きのこ類やレーズンなど滋味深い食材を使った、ワインなどにも合う大人の一品。具だくさんで豪華なので、おもてなし料理にもおすすめです。

旨味が染み込む「チキンときのこのカレーピラフ」

フライパンひとつで作れる「チキンときのこのカレーピラフ」のレシピ1

フライパンひとつで作れる「チキンときのこのカレーピラフ」。きのこ類はしめじやマッシュルームなど、お好みのものをたっぷり使いましょう。レーズンの甘みとスライスアーモンドの香ばしさが、その旨味をぐっと引き立ててくれます。ホームパーティの際にフライパンのまま出せば、食卓がぐっと華やかに。

材料(3~4人分)

  • 白米2合
  • 鶏もも肉1枚(250g)
  • にんじん1/2本(約75g)
  • 玉ねぎ1/2個(約100g)
  • しめじ1株(約100g)
  • マッシュルーム(ブラウン)4個(約60g)
  • カレー粉大さじ1強
  • 360cc
  • コンソメ(顆粒)大さじ1
  • レーズン15g
  • バター20g
  • 適量
  • スライスアーモンド適量
  • ドライパセリ適量

作り方

フライパンひとつで作れる「チキンときのこのカレーピラフ」のレシピ2

  • 1まずは、下ごしらえから。鶏もも肉は一口大に切り、にんじんと玉ねぎは皮をむいて粗みじん切りにします。きのこ類は石づきを取ってしめじは手でほぐし、マッシュルームはスライスしてください。
  • 2フライパンにバター10gを入れて中火で加熱します。鶏肉の両面を焼き、にんじん・玉ねぎを加えて炒め、きのこ類・カレー粉を加えて香りが立つまで更に炒めます。(写真左)
  • 3(2)に白米を加えて約3分炒めます。水・コンソメ・レーズンを加えて一混ぜし、沸騰したら蓋をして弱火で約15分炊いてください。
  • 4火を止め、残りのバターを全体に絡めて、蓋をして約10分蒸らします。塩で味を調え、スライスアーモンド、パセリを散らしたら完成です。(写真右)

お米は炊けた時点で味見をするのがおすすめ。硬いと感じたら、熱湯を少量足して1~2分加熱してから蒸らしましょう。ほどよい食感に仕上げることができます。

キッチンに並んだフライパン

今回のレシピには、和平フレイズのフライパンシリーズ「Dish&Chill」のスキレット風フライパン「IH対応ガラス蓋付オンザテーブルパン」を使ってみてはいかがでしょう?
熱伝導がよいアルミ製で底に4mmの厚みがあり、熱ムラが生じにくい作り。それでいて重さは鉄スキレットの約1/3しかありません。少し大きめの26cmサイズは、今回のピラフやパスタ、パエリアなどのメイン料理を作るのにもぴったりです。ガラス蓋がついていて、蓋をしながらも中の様子を確認しながら煮込んだり蒸したりすることができますよ。

公式ホームページには、こちらのテーブルパンを使ったレシピがほかにもたくさん掲載されているので、ぜひご覧ください。

photo / 和平フレイズ株式会社

和平フレイズ株式会社

http://wahei-j.jp

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報