会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

わずかなスペースも無駄にしない!インテリア上手さんに学ぶ「狭いキッチン」の解決アイデア15

わずかなスペースも無駄にしない!インテリア上手さんに学ぶ「狭いキッチン」の解決アイデア15

キッチンが狭くて料理がしにくい、と感じていてもどうすれば使いやすくなるのかわからない、そうお悩みの人は多いのでは。そこで今回は、新生活シーズン向けにコンパクトなキッチンを快適にするアイデアを実例とともにご紹介します。

狭いキッチンは料理しづらい?

新生活にともない、一人暮らしを始めたり引っ越しをしたりする人は多いことでしょう。立地や部屋の雰囲気は気に入っているけれど、キッチンがちょっと狭い…そんなお悩みは少なくありません。

狭いキッチンは料理しづらいと思いがちですが、もしかすると少し工夫をすればぐっと使いやすくなるのかもしれません。インテリア上手さんたちのキッチン活用法を参考にすれば、あなたも狭いキッチンのお悩みがきっと解決するはずです。

こうすれば使いやすくなる!狭いキッチンのお悩み&解決策

1:調理スペースが足りない!

解決策:ワゴン収納を取り入れる

キッチンの作業場(ワークトップ)や収納が少ない場合は、ワゴン収納を取り入れてみましょう。ワゴン収納のメリットは、キャスター付きなので移動がラクにできること。キッチンに立つ時には背面に、普段はキッチンのコーナー部分などにコンパクトに配置することができます。
ワゴンのデザインや素材もさまざま。こちらの写真のように木材とスチールの組み合わせは、インダストリアルテイストのお部屋にもぴったり。なんと木材とネジ、キャスターを揃えてDIYしたのだそう。気に入ったサイズやデザインがない場合は、作ってしまうというアイデアも。

2:食材のちょい置きスペースがない!

解決策:シンクに水切りプレートを設置する

わずかなスペースも無駄にしない!インテリア上手さんに学ぶ「狭いキッチン」の解決アイデア15photo:山崎実業

食材のちょい置きスペースがない、というのは料理をするなかで本当に困るもの。限られたスペースを有効活用するためには、シンクを使いましょう。種類も豊富な水切りプレートがあれば、気軽にワークトップが広がって便利。使わない時には畳んでしまうこともできます。


tower
折り畳み水切り プレート シリコーントレー付き S
3,520円(税込)

解決策:まな板をプラスして台代わりに

大きめのまな板をシンクに渡して使うというアイデアも。野菜などを洗ってからカットするまでの流れもスムーズで、料理がはかどりそう。
シンク上ではありませんが、IKEAのワゴンにはサイズぴったりの竹製のまな板が販売されています。ワゴン上の蓋としても使える優れものです。

3:収納スペースが足りない!

解決策:吊るす収納をフル活用する

もともとキッチンに付いている収納が少ない場合は、壁などを使って吊るす収納をフル活用しましょう。鍋やフライパンなどは棚にしまうよりも、吊るした方が乾燥させやすく、出し入れもしやすいので便利です。
こちらのキッチンでは、室内に穴を開けず柱をつくれるアイテム「ディアウォール」に有孔ボードを貼り付けてフックなどを取り付けています。吊り戸棚がないキッチンを逆手に取り、有効活用した大容量の吊るす収納はとても参考になりますね。

解決策:磁石で貼り付ける「マグネット」収納を取り入れる

フックを取り付けるよりも簡単に壁を収納にできるアイデアがマグネット収納。マグネットを装着しやすい平らな面に設置可能なのだそう。マグネット包丁ホルダーやナイフラックとして販売されています。
こちらのキッチンは、もともと壁にマグネットが付く仕様になっていたのだそう。調理器具やキッチンタイマー、メモなども可愛らしく飾りながら収納されています。

解決策:ラック収納を取り入れる

突っ張りタイプのスリムな収納棚は、狭いキッチンを使いやすくする強い味方。こちらのお宅で工夫されているのは、高い位置に収納棚を集めていることです。こうすることで、油汚れが付きにくく、衛生的に収納できるのだそう。
こちらのキッチンは、ホームセンターで裁断してもらった木材を使い、ネジ、釘を使わずに取り付けが可能な「LABRICO」でラックをDIYしています。調理器具は吊るして収納しているので、コンロ周りがすっきり。無機質だったキッチンに木のナチュラルな質感がプラスされてインテリアとしても素敵です。
こちらも「LABRICO」でDIYされたラックを調味料収納として活用しています。カフェのようなキッチンディスプレイには夢がありますね。コンロ周りの収納は油汚れがつきやすいため、こまめに瓶を拭いておけばきれいな状態を保ちやすく。コンロ周りに「レンジガード」などを立てて、油が飛ばない工夫をするのもおすすめです。

わずかなスペースも無駄にしない!インテリア上手さんに学ぶ「狭いキッチン」の解決アイデア15photo:山崎実業

スリムな置き型ラックは、壁の色に合わせて白を選ぶとすっきりと見えます。コンロの横や奥にあるわずかなすき間に置けるスリムなタイプを選ぶのがおすすめ。こちらは山崎実業の「コンロサイドラック タワー」。キッチンツールや調理器具、調味料などをひとまとめにできて便利です。


tower
コンロサイドラック タワー
7,810円(税込)

解決策:「りんご箱」などを使い収納棚をDIYする

賃貸住宅の多くに取り入れられているI型キッチン。横の移動だけで作業できる効率のよさはメリットですが、作業スペースや収納が少ないとお悩みではないでしょうか。こちらのお宅では、棚をDIYしてL型キッチンにカスタマイズ。無印良品で購入した棚とDIYした棚を組み合わせて理想の高さ、サイズに仕上げたのだそう。
ナチュラルで少しインダストリアルなテイストがお好みなら、「りんご箱」をキッチンカウンター代わりにするアイデアも。
りんご箱とは、収穫したりんごを入れておくために使われている木箱のこと。縦横どちらでも置きやすく、ラックのように使うアイデアも人気です。インターネットなどでも全国どこからでも気軽に購入できるようになり、インテリアとして取り入れやすくなっています。

工夫次第で、狭いキッチンが使いやすく

インテリア上手さんのアイデアを参考にすれば、狭いキッチンがおしゃれで使いやすくなりそう。使いやすさの鍵は、僅かなスペースも無駄にしない収納や作業スペースの確保です。あなたも、ご自分に合った方法で限られた空間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

山崎実業
Simple Life Lab

https://lab.yamajitsu.co.jp/

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報