会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

忙しい日のお助けメニューに。加熱時は解凍&味付け不要!「鶏むね肉」の下味冷凍術

忙しい日のお助けメニューに。加熱時は解凍&味付け不要!「鶏むね肉」の下味冷凍術

肉や野菜を調味料と一緒に冷凍する「下味冷凍術」。冷凍時の乾燥と酸化を防ぎ、味が染み込む上に、調理時間が短縮される時短テクニックです。今回は、鶏むね肉の下味冷凍術をご紹介。しっかりと味付けするので、召し上がる際は袋から出して焼くだけ。忙しい人にもぴったりのレシピですよ。

しっとりやわらか。下味冷凍術「鶏むね肉+塩麴」

忙しい日のお助けメニューに。加熱時は解凍&味付け不要!「鶏むね肉」の下味冷凍術

パサつきやすい鶏むね肉も、下味冷凍ならしっとりやわらかく仕上がります。しっかりと下味がつくので、味付けの手間がなく短時間で調理可能。冷凍庫にストックしておけば、疲れて帰ってきた日も、パパっとごちそうが作れちゃいますよ。

材料(作りやすい分量)

  • 鶏むね肉 1枚(250g)
  • エリンギ 60g
  • パプリカ(赤)1/2個(60g)
  • 国産レモン 1/2個(40g)
  • <A>
  • 塩麴大さじ3
  • みりん大さじ2

作り方

  • 1鶏肉は皮を取り、表面についている水分をペーパータオルでふき取ります。
  • 2鶏肉を観音開きにして、1cm厚さのひと口大に切ります。
  • 3エリンギは5mm厚さの薄切りをさらに半分にカットし、パプリカはへたと種を除いて乱切りにします。レモンは3mm厚さの薄切りにします。
  • 4保存袋に(2)の鶏肉を入れ、<A>の調味料を加えて全体になじませてから、薄く平らに広げます。
  • 5鶏肉の上に(3)の野菜とレモンをまんべんなくちらし入れ、空気を抜いて冷凍します。

さわやかな酸味が魅力「鶏むね肉の塩麴レモン炒め」

忙しい日のお助けメニューに。加熱時は解凍&味付け不要!「鶏むね肉」の下味冷凍術

解凍不要! 凍ったままフライパンにのせて、フタをして加熱すれば美味しくいただけます。レモンスライスとパプリカで彩りが良いのも嬉しいですね。

材料(2人分)

  • 冷凍鶏むね肉+塩麴 (上記参照) 全量
  • サラダ油 大さじ1
  • 大さじ2

作り方

  • 1冷凍鶏むね肉+塩麴は、保存袋をはさみで切って取り出し、サラダ油をひいたフライパンに入れます。上から分量の水をふりかけてフタをし、中火で4分蒸し焼きにします。
  • 2フタを取って具材をほぐし、鶏肉同士を完全に離します。鶏肉を返して再びフタをし、さらに4分蒸し焼きにします。
  • 3フタを取ってレモンを取り出し、強火にして水分を飛ばして炒め合わせます。皿に
    盛って、最後にレモンをのせます。

冷凍のスペシャリストが美味しく楽しいテクニックを伝授

忙しい日のお助けメニューに。加熱時は解凍&味付け不要!「鶏むね肉」の下味冷凍術

ご紹介したレシピは、「冷凍王子」こと西川剛史さんの著書『西川剛史のおいしすぎる冷凍レシピ』(宝島社)に掲載されています。113品の冷凍レシピを収録。冷凍術を利用した「時短」「食感チェンジ」「栄養&旨みアップ」など、驚きのテクニックが満載です。ぜひ忙しい日々のお料理に役立ててくださいね。

photo / 深澤慎平/宝島社

西川剛史のおいしすぎる冷凍レシピ
刊行:宝島社
定価:970円(税込)

https://tkj.jp/book/?cd=TD016492

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報