会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

ちょっとした工夫でスッキリ片付く。プロが教えるお部屋の場所別・片付けのコツ

ちょっとした工夫でスッキリ片付く。プロが教えるお部屋の場所別・片付けのコツ

お部屋をいつでもきれいにしておきたいけれど、なぜか散らかった印象になってしまう…。
今回はそんな方のために、家の中をスッキリと片付けられるコツを場所別にご紹介。片付けやすい配置の収納を心がけることが、美しいお部屋作りにつながりますよ。

リビング・ダイニングは隠す収納でスッキリ

プロが教えるお部屋の場所別、片付けのコツ、リビング

家族が集まったり、来客を通すことになり、人目につきやすいリビングやダイニング。スッキリと見せるための簡単な方法は、物を「扉付きの棚」に収納すること。整理されていても、物が見えていると雑然とした印象になってしまいやすいので、隠す収納にするのがおすすめです。
そのとき、隠した棚の中もブロック分けし、しまう物を決めると良いでしょう。場所がきちんと決まっていれば、出した物を放置せずにもとに戻す習慣がつきやすくなり、リビングやダイニングをきれいな状態に保つことができます。

クローゼットは使用頻度で物の配置を決めて

プロが教えるお部屋の場所別、片付けのコツ、クローゼット

クローゼットも、一度きちんと収納場所を決めてしまえば散らかりにくくなります。ここのポイントは、使用頻度を考えて配置を決めることです。
普段あまり使わない物は、手が届きにくい上部や奥のスペースに置きましょう。逆によく着る服は、取り出しやすいハンガーパイプにかけます。その服の裾から床までの空いたスペースには、衣装ケースや引き出しケースを。キャスター付きのタイプにすると、より出し入れが簡単になりますよ。
また、壁や扉にフックを取り付け、毎日使うカバンも引っ掛けるだけにすると、片付けやすさがアップします。このように、取り出しやすくしまいやすい配置にすれば、クローゼットの中もスッキリしますよ。

キッチンの食器棚はいらない物を減らして使いやすく

プロが教えるお部屋の場所別、片付けのコツ、食器棚

食器が片付かないと感じる場合、そもそも食器を持ちすぎているのかもしれません。食器棚の中の見直してみたら、よく使うものはほぼ決まっていると気付くのではないでしょうか?しばらく使っていない食器は、思い切って処分してしまいましょう。食器が減って余裕のある食器棚になったら、食器をきちんと整頓しながら置くことができます。

水周りはちょっとしたスペースを利用して収納

プロが教えるお部屋の場所別、片付けのコツ、水周り

収納スペースが少ない洗面所や洗濯機置き場周辺は、ごちゃついてしまいがちな場所です。
特に洗面台の下は、給排水パイプが邪魔で物が置きにくいと感じている方も多いはず。そこで、A4サイズのケースなど、幅や奥行きがちょうど良いアイテムを探して配置してみましょう。ケースを並べたり積み上げたりすればデッドスペースをなくすことができ、細々とした物も収納しやすくなります。
洗濯機置き場には、ラックや突っ張り棒を使い、ケースやかごを置けるようにしましょう。ケースなどがきちんと並んでいれば、清潔感が感じられる空間になります。
ここでも、それぞれ何を入れるのかを決めておき、取り出したらもとの場所に戻すようにしてくださいね。

家の中の場所別に、スッキリとさせる方法をご紹介しました。ちょっとした工夫で物をしまいやすくすれば、片付いた状態をキープできますよ。ぜひ実践してみてください。

photo / Sutterstock

家事代行サービスCaSy<カジー>のロゴ

家事代行サービス『CaSy』
スマホで簡単予約!業界最安値水準価格の、手軽に使える家事代行サービス。子育て世帯やビジネスパーソンに掃除&料理の代行サービスを提供している。

https://casy.co.jp/

CaSyジャーナル
「大切なことを、大切にできる時間を創る」をビジョンに掲げるCaSyのメディア。賢く家事をこなし、楽しく生活したい人に役立つ情報を発信している。

https://casy.co.jp/fblog

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを