会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

シンプルでスタイリッシュでありながら、温かみも感じられる部屋。元インテリアデザイナーのyoshikaさんが、DIYで壁や床に手を加え、置くものも厳選して作り上げた空間です。真似したくなる工夫がいっぱいの、ギャラリーのようなインテリアをご紹介します。

ギャラリーのような空間を目指した部屋

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

ローマンシェードを取り付けた窓から日の光が差し込む心地よい空間。4年間インテリアデザイナーとして働いた経験があるyoshikaさんが一人暮らしをする部屋です。築4年ほどの賃貸物件、30平米の1DKをワンルームのように使い、主に北欧家具を並べて洗練されたインテリアに整えています。
部屋のテーマは「ギャラリーのような静かで豊かな空間」。清潔でシンプルに暮らせるよう、持つものは適量にし、余白とのバランスを意識し配置しています。

DIYで、内装をホワイトに統一

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

シャビーなホワイトの内装に、オーク材を中心にそろえた家具がぴったり。実はこの床や壁などには、yoshikaさんがDIYで手を加えています。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

元の床はヴィンテージ感を出したようなフローリングでしたが、白い木目調のフロアタイルを敷き、ブラウンだった幅木もマスキングテープで色を変えています。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

居室とダイニングの間の三連スライドドアは業者さんに依頼して取り外し、レールの凹凸は剥がせるリメイクシートでカバー。また、ベッド横にはもともとベージュのアクセントクロスがありましたが、上からクロスを貼ってペイント。部屋全体を清潔感と開放感のあるホワイトに統一しています。

お気に入りの北欧家具やインテリアを集めたダイニング

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

リビング・ダイニングスペースは、アメリカのガラス作家・ピーター アイビーのランプをはじめとした照明でライトアップ。お気に入りのチェアを中心に、こだわりの家具やインテリアを気分でレイアウトを変えながら楽しんでいます。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

LIVING HOUSEで購入したテーブルには、スペインのデザイナー、アンドレウ・カルーヤによるCONVENTO CHAIRや、Yチェアとして親しまれるCH24を合わせています。テーブルは高さの調節ができ、北欧のブランド・HAYのクッションPOUFにもたれてくつろぎながら使うことも可能です。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

壁際のunicoのキャビネットには、ZARA HOMEの鏡やインセンスなどを並べています。小物は秋冬にはブラックを多めに、というように季節で変えているそうです。

ちなみにキャビネットには、アクセサリーや文房具、手芸用品、飾っていない小物やティッシュボックスも収納。量が増えてきたら手放し、この中に収まるようキープしているのだとか。

ほかにも素敵なディスプレイコーナーが

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

ベッドヘッドには白い木箱を並べ、2つにベッドリネンを、奥の1つには配線ケーブルを収納。上にはイサムノグチの照明AKARIや香木のパロサントなどをゆったりと飾っています。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

壁に無印良品の壁につけられる家具を設置して、本や香りのアイテムをディスプレイ。ところどころにまさにギャラリーのようなコーナーができています。

リビングや寝室以外もものを少なくすっきりと

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

リビングにつながる廊下のキッチンや、水回りもすっきりと整っています。

お気に入りのランプも置ける。余白のあるキッチン

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

キッチンももとは模様のあった壁を、剥がせるクロスでホワイトに変えています。
コンパクトな空間に置いているのは作家さんの器や少しの調味料など、モノトーンか木製のもののみです。鍋などはシンク下の引き出し収納に立て、食材や器などは吊戸棚や背面のキャビネットに。水切りかごは使わずに、洗った食器は山崎実業のドライングプレート(写真右上)やティータオルに伏せて乾燥させています。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

スペースがあるので、写真のようにパンテラのランプを置き、音楽をかけながら作業することも。美しいフォルムの照明に照らされると、気分とともに効率もアップしそう。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

冷蔵庫・電子レンジはダイニングスペースにあるので、アイアンバーを使いカーテンを取り付けて目隠し。リラックスできるリビングの雰囲気を崩さないよう空間を区切っています。

洗濯機周りや洗面所も、色を絞って生活感を軽減

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

キッチンの横の洗濯機置き場の棚には、無印良品のケースを置いて洗剤類や掃除用品などを保管。ホワイトでそろっていて整然としていますが、さらにカーテンで覆い生活感をなくしています。

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

洗面所も、洗面台の木目の引き出しを剥がせるシートでホワイトにチェンジ。鏡裏収納にある化粧水や美容液もホワイトに統一し、カラフルな容器のアイテムは下の引き出しに収めているという徹底ぶりで、整然とした状態がキープされています。

家が最も癒される場所と言えるインテリア

ホワイト×木製家具で居心地よく。一人暮らしの北欧インテリア実例【ワンルーム風1DK】

外で嫌なことがあっても、家に帰り部屋を整え、食事をとり…そんな日常に身を置いているうちに忘れられ、リセットできるというyoshikaさん。「家が一番癒される空間で、誰にとっても自分の家が世界で一番好きな場所であれば素敵だな」と考えていると言います。

忙しい中でも、少数精鋭の好きなものを大切にし、落ち着ける空間を保っている様子に憧れる方は多いはず。参考にして、ご自身の部屋や暮らしを理想に近づけるようにしてみませんか。

photo / yoshika

yoshika(@room_therapy3813)
30平米ほどの1DKの部屋をワンルームのようにして暮らす元インテリアデザイナー。「ギャラリーのような静かで豊かな空間」をテーマに、DIYと厳選した統一感ある家具で整えた部屋の様子をInstagramに投稿。丁寧で落ち着いた暮らしぶりに人気が集まっています。

https://www.instagram.com/room_therapy3813?igshid=OGQ5ZDc2ODk2ZA%3D%3D

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

関連記事