会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

スッキリした部屋にしたいなら、生活感を減らすことが欠かせません。特に「床置きをしない」「テーブルの上に何も置かない」は効果的。ところがいざ実践しようとしても、散らかったモノを整理したり、別に収納場所をつくるのは結構大変なこと。まずは部分的に生活感を抑え、スッキリした空間を体感できるコツを3つご紹介します。

1.冷蔵庫に貼ってあるものを外す

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

目に入る情報が多いほど生活感を感じてしまいます。例えば、冷蔵庫の扉にメモやマグネットをたくさん貼っていませんか。よく目に入る場所に大きな余白ができると、それだけでスッキリを感じることができます。

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

もし、大事なメモなど、どうしても外したくないものがある場合は、側面に移動させて部屋から見えやすい一面だけ何も貼らない状態にするだけでもOKです。

2.壁や棚にある飾りや写真を厳選

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

好きなものを飾るのはインテリアの楽しみの一つ。ただ、たくさん飾ると管理や掃除が大変です。

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

絞って飾ってみると壁面や空間の面積も多くなり、スッキリした印象になります。厳選することで家事の手間も減るため、季節ごとに模様替えをして少しインテリアを楽しむくらいがおすすめです。

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

厳選するポイントとして、目をひくアイテムや目立つアイテムを一点選んでみるのもよいでしょう。

3.テーブルに置きがちなものは一時的にボックスにしまう

いつもスッキリした部屋を維持するには?「生活感をやわらげる」整理のプロの片付けのコツ3選

床置きやテーブルの上のものを片付けるなら、まずは読み終わった新聞紙や雑誌だけでも場所を決めてみましょう。場所を取る雑誌類がなくなるだけで空間が広く感じられます。方法は、テーブルやソファの近くにボックスを置くだけでOK。そのまま置くよりボックスに入れておくほうがスッキリし、掃除もしやすくなります。一時的に置いて、ボックスの中を定期的に整理するのも忘れずに。


これらの3つのコツは簡単にできて、片付けサポートでも好評です。実際にやってみると少し減らしただけなのにスッキリを体感でき、その後の片付けも進みやすくなります。

photo / 伊藤美佳代

住宅収納スペシャリスト/整理収納・照明アドバイザー
伊藤美佳代

ハウスキーピング協会認定
整理収納アドバイザー2級認定講師
住宅収納スペシャリスト認定講師
インテリアコーディネーター

instagram @ito_mikayo

ブログ「笑顔あふれる住まいづくり」

http://mikayo-ito.jugem.jp

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

関連記事