会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデア

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデア

残暑が厳しい8月。まだまだ暑いけれど、少し秋の気配を感じ始める頃。そんな時期は、無理に出かけずに自宅でゆったりとした時間を過ごすのもよいかもしれません。何をしようかと迷ったら、これからご紹介する6つのアイデアを参考にしてみてはいかがでしょうか。

特別なことをしなくても夏の終わりは楽しめる

夏の始まりはアクティブに動きたくなるものですが、少しずつ暑さも和らぎ季節が移り変わる夏の終わりは、家でゆったりと過ごすのもいいですよね。ほんの少しいつもと違うことに目を向ければ、たとえ特別なことではなくても充実感を得られるはずです。これからご紹介する6つのアイデアは、晩夏の暮らしを楽しむヒントになることでしょう。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

夏の終わりを家で楽しむ6つのアイデア

1:風鈴やすだれなど、和の夏雑貨を取り入れる

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:shutterstock

夏の訪れを感じさせる、涼やかな音色の「風鈴」。窓辺に吊り下げて飾ることが多い夏雑貨ですが、「風鈴スタンド」に吊り下げてオブジェのように飾ることもできます。

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:shutterstock

窓辺の日よけも夏仕様に。見た目も涼やかなすだれを掛ければ、ブラインドのように日差しを遮ってくれます。ほかにも、麻を使用したロールカーテンを取り入れるのもおすすめ。天然素材ならではの麻の涼やかさ、ほどよい光の透け感が心地よい空間を生み出します。インテリアからも夏を楽しんでみましょう。

2:植え替えなど植物の世話で癒される

普段はグリーンに水やりをするだけで済ませてしまいがちな植物のお手入れですが、夏のおうち時間では「植え替え」にもトライしてみてはいかがでしょうか。
鉢が小さすぎて窮屈そうなら少し大きな鉢に、よりおしゃれにグリーンを飾りたいなら、インテリアのテイストに合わせた鉢へ植え替えするなど手を加えてみては。植物の世話を丁寧に行っていると、不思議と心がほっと和むもの。グリーンへの愛着もより湧いてきますよ。

3:大人のかき氷でひんやり

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:サカノウエカフェ

夏のお楽しみスイーツと言えば、「かき氷」ではないでしょうか。今年はお家で、カフェ風の「大人のかき氷」で涼んでみてはいかがでしょう。おうちで気軽にかき氷を楽しめる「かき氷機」とこだわりのシロップやトッピングがあればOKです。こちらの写真は、かき氷のフレーバーとしてはめずらしいサカノウエカフェの「ピスタチオシロップ」。牛乳や生クリームを混ぜてつくる濃厚なフレーバーは、大人のかき氷にぴったりですね。

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:サカノウエカフェ

ほかにも、サカノウエカフェでは赤肉メロンやベリーと赤ワインなどめずらしいフレーバーがいっぱい。お取り寄せで楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:株式会社ドウシシャ

かき氷機は、たくさんのかき氷を簡単につくることができる電動タイプと、氷を削る動作も楽しい手動タイプがあります。場所をとるのは避けたい、という方は「ハンディタイプ」を選ぶとよいでしょう。

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:shuttersock

ほかにも、ゆずはちみつや抹茶、コーヒーなど、一般的な市販のかき氷にはないフレーバーにこだわるのも楽しそうですね。うつわやスプーンにもこだわれば、フォトジェニックな一皿が生まれます。

4:流しそうめん機でおうちパーティ

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:ラドンナ

夏の定番メニューであるそうめんも、流しそうめん機などを使って楽しむと特別感がアップします。

夏の終わりを家で満喫する。癒しのひとときを過ごせる6つのアイデアphoto:ラドンナ

こちらは、LEDライトがきらきらと光ってパーティ気分を盛り上げる「Toffy きらきら流しそうめん器」。薬味トレイにフルーツや白玉などを用意すれば、そうめんだけでなくフルーツを流すこともでき、スイーツパーティにも使えますよ。

Toffy きらきら流しそうめん器
6,600円(税込)
流しそうめん機がなくても、盛りつけにこだわれば食卓が華やかになります。少し手間ひまをかけて天ぷらを揚げて添えれば、夏のごちそうに。うつわではなくカゴに盛りつけて、お店気分を楽しんでみては。

5:たまった「積読」に手をつける

読みたくて買った本も、忙しさで手を付けられず積んだままに…いわゆる「積読」は誰しも経験があるのではないでしょうか。おうちでゆったりと過ごせる時期だからこそ、心を豊かにしてくれる読書の時間を取り入れてみては。その時の気分で手に取り読み始めれば、いつの間にか時間を忘れて没頭できることでしょう。お気に入りの飲み物を傍らに、本の世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

6:自然音のBGMを聴きながら、ただただゆったり

夏らしい曲で気分を盛り上げるのも楽しいですが、癒しを求めるなら、波の音や森の音など「自然音」をBGMにただただゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。
自然音に人はなぜ癒されるのか、ということはまだ明らかになっていませんが、専門書によると「倍音とゆらぎ」がリラックスに繋がる鍵となっているのだそう。小川のせせらぎや雨音などの自然音には多く含まれ、心地よさに繋がると言われています。

あなたも自然音が楽しめるCDブックやアプリなどを使って、ご自分に合う自然音を探してみてはいかがでしょうか。

残暑の時期も、おうちで充実した時間を

今回は、夏だからこそ楽しめるアイデア、おうちでゆったりと過ごすからこそ感じられる癒しのひとときをご提案しました。残暑の時期も、工夫次第で充実したひと時を過ごすことはできます。ぜひ、心地よい暮らしのヒントとして参考になさってはいかがでしょうか。

photo / goodroom journal,サカノウエカフェ,株式会社ドウシシャ,ラドンナ,shutterstock

サカノウエカフェ
東京都文京区湯島2-22-14
短縮営業中:12:00~18:00
定休日:月・不定休

https://sakanouecafe.shop-pro.jp/

株式会社ドウシシャ

http://www.doshisha.co.jp

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報