会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

布団も机も持たない究極のシンプルライフ。ミニマリストに学ぶ必要なモノだけで暮らすコツ3選

布団も机も持たない究極のシンプルライフ。ミニマリストに学ぶ必要なモノだけで暮らすコツ3選

「本当に大切なものは何か」という観点で身の回りのものを整えていくシンプルライフ。極限までモノを減らして、必要最低限のものだけで暮らすことが理想のスタイルであるとされます。今回ご紹介したいのは、25平米のワンルームでシンプルライフを送っているというapartment301さんのお宅。ミニマリスト的な暮らし方とは?

ミニマルに暮らすapartment301さんのお部屋

災害によって家にある多くのものが壊れてしまったことをきっかけに、ミニマリスト的な暮らし方へ移行したというapartment301さん。彼女が一人暮らしをしているのは25平米のワンルームです。部屋にある家具といえば、ベッドとスツールが2個、そしてシンプルなコートハンガーのみ。

「ベッド」の上に寝袋を置いて就寝

お部屋に入ってまず最初に目がいくのがこちらのベッド。木製フレームに畳をはめ込んだタイプで、YouTuber「建築家二人暮らし」さんがデザインを手がけたものだそう。クラウドファンディングで手に入れたのだとか。
「ベッドって夜寝る時だけしか使えないけれど、このベッドなら昼間はソファ代わりに座ったりできるところがとても気に入っています。」
なんと、就寝時は寝袋を使用しているそうです。
冬に使用されているのは、キャンパーたちから永く愛され続けている「スノーピーク」の寝袋。シンプルデザインがお部屋とマッチしていて、快適な寝心地を提供してくれること請け合いですね。
夏場はインナーシュラフのみを使用。寝袋はクッション代わりに使用しているそうです。本当に必要なものだけに囲まれた生活を送られているんですね。

「洋服」の数は年間通して20着ほど

apartment301さんが所持している洋服の数は、なんと年間通して20着ほど。クローゼットにかけている洋服は選ばれたもののみで、ごくわずかなのだとか。オフシーズンの衣類はクローゼット上部にすべて収納しているそうです。
ワンルームマンションなどの家具を置くスペースがないお部屋の救世主。こちらは、床から天井まで突っ張って自立する「DRAW A LINE」を利用して作られているコートハンガーです。丈の長いワンピースがかけられています。ワンシーズン中の衣類は本当にこれで全部なんだそう。驚きです!

料理を作り終えたら即リセットする「キッチン」

常に料理後は何も置かずにきれいに片付けて、この状態を常にキープしているというキッチン。また、使う道具は圧力鍋とstaubの鍋がひとつずつ。フライパンは使わないそうです。apartment301さんが作る料理のレパートリーを考えた時に、この2つだけで十分だったのだとか。
震災前はたくさんお持ちだったという食器。しかし、多くが割れてしまったことをきっかけに、今ではこの木箱2つに収まる量まで減らしたようです。

自分にとって本当に必要なものを見極めることからスタート

日々無意識に暮らしていると、気づいた時にはモノが溢れかえっている……。
あるあるですよね。今回はそんな暮らしから抜け出すヒントとなるように、素敵なシンプルライフを送っているapartment301さん宅をご紹介しました。
「今」使うもの以外は、思い切って捨ててしまうのがミニマルに暮らすきっかけになります。自分にとって本当に必要なものは何かを見極めて、快適な生活環境を整えましょう。

photo / goodroom journal

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報