会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

散歩が楽しい浅草の街にこの春誕生した「浅草クレープ つつむ。」。フルーツやクリームたっぷりのまるで花束のような豪華さのクレープを販売するお店です。中にもいろいろなものが包まれていて、食べてみるとパフェのような味や食感の変化にも驚かされます。浅草の新たな注目スポットをぜひチェックしてください。

浅草にこの春登場したばかりのバターの香り漂うお店

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

多くの人でにぎわう東京・浅草の仲見世通りから少しだけそれた路地。風に揺れるのれんと、四葉のクローバーのようなロゴマークが印象的なお店があります。それが今年3月にオープンした「浅草クレープ つつむ。(以下 つつむ。)」。引き戸を開けて一歩お店に入ると、バターのよい香りが食欲をそそります。

大人気カフェが作る、なんとも華やかなクレープ

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

ここで販売されているのが、こぼれそうなぐらいにフルーツや餡子などの具とクリームがいっぱいのクレープ。まるで花束のような華やかさに目が釘付けになってしまいます。

実はここ、ちょっと変わったトッピングやシロップが特徴のかき氷が大人気の「サカノウエカフェ」が開いたクレープ屋さん。サカノウエカフェは湯島天神と神田明神の間にあり、名前のとおり坂の上にありますが、行列に並んででも食べたいというファンが絶えない有名店です。「テーブルに笑顔を」をモットーに、おいしさはもちろんのこと、驚きがあり思わず笑顔になれるようなメニューを提供しています。

それでも、お客さんたちが何かのついでにふらりと立ち寄れるような場所で、同じように楽しい食を提案したいと、選んだのがこのクレープ。素材にこだわり、かき氷ではできない新たな表現に挑戦しています。

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

生地は「パリパリでもちもち」を実現するために、何度も試作を重ねたそう。
バターのコクが効いた生地に合わせるのは、山梨の甲府の養蜂家さんが作る、濃厚でもクセがない生はちみつと、新鮮なフルーツや餡子などの和の食材。そのときの旬のもので、そのときにしか食べられないメニューを次々に生み出しています。

それでは、まるでパフェのようにさまざまな味に出会えるクレープをチェックしていきましょう。

チェリーの酸味が弾ける「ピスタチオとチェリー。」

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

5月末で終了したいちごのメニューと入れ替わりで登場したのが、「ピスタチオとチェリー。」。
ピスタチオの青い風味を感じるクリームを包んだクレープには、上にも中にもアメリカンチェリーの赤ワイン煮がたっぷりです。チェリーの隙間に見えるパールのようなホワイトチョコレートと、添えられたアーモンドチュイルも華やかさをアップしています。

ピスタチオクリームの中には、ところどころに生クリームも混ざっており、甘みの中に弾けるチェリーの酸味がアクセントに。食べ進めると、真ん中あたりからアーモンドミルクパンナコッタが出てきて、それまでと違った味わいが口に広がります。さらに、最後にはザクザクとした紅茶風味のグラハムクッキーがお目見え。次々に異なる食感や味に出会え、ボリュームがあるのに飽きることなく食べられてしまいます。

アメリカンチェリーが入荷できる期間だけのメニュー。早めに終わってしまう可能性もあるので、気になる方は急いで店頭へ足をお運びください。

ピスタチオとチェリー
1,350円(税込)

メロンの爽やかな甘さが引き立つ「メロンと。」

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

こちらは、6月1日から加わった新メニュー「メロンと。」。
メロンのダイスカットだけではなく、大きめのスライスも大胆に包まれた、フレッシュメロン尽くしのクレープです。こちらもホワイトチョコレートのパールと、脇には大人な味わいの白ワインジュレが飾られています。

中に包まれたクリームは、メロンの甘みを引き立てるようなコクのあるクリームチーズベースのクリームです。こちらも食べ進めるうちに、爽やかなミントジュレや、レモンカードならぬ柑橘カード、さらにはブルーチーズも登場。最後はグラハムクッキーでザクザク食感を楽しめます。
チーズの濃厚さと、フルーツの爽やかさを存分に味わってください。

メロンと。
1,280円(税込)

甘じょっぱさが癖になる和のテイストの「ずんだとチーズ。」

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

フルーツ以外に、こんなメニューもあります。にょきッと飛び出た枝豆が目を引く「ずんだとチーズ。」。こちら、現在スタッフ人気No.1のメニューなのだとか。
トップには枝豆のほかに、豆から丁寧に薄皮を剥いて作られたずんだ餡と、香ばしく焼かれたパリパリのチーズがのっています。

クリームチーズのクリームの中も実は具だくさん。道明寺粉のお団子生地とみたらしの蜜、湯島の老舗和菓子屋「つる瀬」のこし餡、さらにずんだ餡が溶け込んでいます。最後に詰まっているのは、ふわりと醤油が香るナッツのキャラメリゼ。和と洋の甘じょっぱさが後を引く、病みつきの一品です。

こちらも販売期間は6月上旬~中旬までと残りわずかなので、逃したくない方は急いで店頭へ。

ずんだとチーズ。
1,250円(税込)

焼きたての生地を味わうなら「四つ葉バターとシュガー」

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

ご紹介したクレープはどれも具だくさん。中身がいっぱいでこぼれやすいので、食べるときは気を付けましょう。持ち帰ることができる袋も用意されていますが(別料金)、お店の外(雨天時には店内)に置かれているベンチでゆったり食べてもOKです。

もう少し食べやすいものがいいかなというときは、持ち帰り不可で食べ歩き限定の通年メニュー「四つ葉バターとシュガー」(写真左)もおすすめ。パリッと香ばしく焼き上げたクレープ生地にじゅわりと溶けたバター、そこにフランス菓子に欠かせない深みのある砂糖・カソナードが加わった、できたてが最もおいしいクレープです。生地のおいしさを堪能できます

四つ葉バターとシュガー
770円(税込)
※通常はエシレバターですが、現在は入荷状況の関係で四つ葉バターでの提供

サカノウエカフェの特別なかき氷も食べられる

花束のような見た目とパフェのような味の変化に夢中。浅草散歩で食べたいクレープ「つつむ。」

夏季にはサカノウエカフェのかき氷メニューも用意されています。
とろっとしたクリームがのっているようなかき氷は、「抹茶とココナッツ」。ココナッツベースに抹茶を加えたふわふわのエスプーマとりんごシロップがかかったかき氷で、中にはつる瀬のこし餡が潜んでいるというほかにはない一品。

遠くてお店に行けない…という方も、サカノウエカフェオンラインショップで自家製のシロップ「おうちシロップ」をお取り寄せすることができます。(つつむ。店頭で受け取ることも可能です。)

クレープもかき氷も旬の素材を使っているため、どんどんメニューが更新されていきます。一期一会となる可能性もあるので、そのときの出会いを是非楽しんでください。ちなみに、支払いはキャッシュレスのみの対応なので、利用できるクレジットカードや決済アプリは事前にInstagramのストーリーズでご確認を。

浅草を訪れた際には、そのときにしかない豪華なクレープやかき氷を味わいに、つつむ。にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

photo / 浅草クレープ つつむ。

浅草クレープ つつむ。
東京都台東区浅草1-12-6
営業時間:火~金:12:00〜18:00 土日祝日:11:00〜18:00
定休日:月曜、ほか臨時休業あり
※支払いはキャッシュレスのみ

https://www.instagram.com/tsutsumu_asakusa/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報