会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

まるでおとぎ話の世界の中にあるようなお店「PATISSERIE GIN NO MORI(パティスリー ギンノモリ)」。どんぐりをはじめとした木の実や果実、植物などを使ったクッキーの缶は、ため息が出るような美しさです。森の恵みを感じる、ほかとは一味違った特別なクッキー缶をご紹介します。

まるでおとぎ話の世界。森の恵みを大切にしたお菓子のお店

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

雄大な恵那山が広がる岐阜県恵那市に、豊かな自然を身近に感じながら食事を楽しめるテーマパーク「恵那銀の森」があります。
その中に、神秘的な雰囲気を漂わせる青い建物がひとつ。足を踏み入れると、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのよう。こちらは、リスの料理長のチェスと副料理長のナッツが開いているというお菓子屋さん「PATISSERIE GIN NO MORI(パティスリー ギンノモリ、以下GIN NO MORI)」です。

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

店内の工房で、どんぐり粉を使ったクッキーをはじめ、木の実や果実など森の恵みを存分に活かした焼き菓子やコンフィチュールを丁寧に手作りしています。
お店の看板商品といえる宝石箱のように美しいクッキー缶は、お菓子好きなら一度は口にしてみたい一品。手土産やギフトにもきっと喜ばれます。

どんぐりや笹、山椒など森の食材をふんだんに使ったクッキー缶

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

こちらは、定番として販売されている「プティボワ」。フランス語で「小さな森」を意味するクッキー缶です。
草花の模様が描かれたクラシカルな缶の蓋を開けると、丸や四角など、形も大きさも異なるクッキーがパズルのように詰め込まれていて、思わず目を奪われます。

驚くのは見た目だけではありません。馴染みあるココアのクッキーやフランボワーズのメレンゲなどもありますが、ほとんどが珍しい木の実や植物のフレーバーです。
写真の左上の丸いクッキーは、どんぐり粉とヘーゼルナッツのクッキー「グラン」。左下の角にある黒い長方形のクッキーは、くだいたケシの実がまぶされた「パヴォ」です。そのほかにも、笹や山椒、山査子(さんざし)などを使った滋味深い苦味のあるクッキーがぎっしり。
森の動物たちは、普段からこんな味に親しんでいるのかな…と想像を巡らせたくなる、ほかにはないお菓子です。

写真のように14種が入った15cm四方の缶と、さらに豪華な19種入りの18cm四方の缶が選べます。缶と同じデザインのギフトラッピングやカードも用意されているので、特別なギフトにもおすすめです。

プティボワ
150缶サイズ 3,240円(税込)
180缶サイズ 5,940円(税込)

バラを散らしたかわいいクッキーも含む、ホワイトデー限定缶

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

プティボワには、期間限定の缶が登場することもあります。2月下旬~3月にかけて、ホワイトデーのギフトとして「プティボワ 150 White Day」が発売されます。

こちらの缶は、さまざまな色を放つオーロラカラー。蓋を開けてみると、特に華やかなのが中央にある「ローズサブレ」です。表面にのった真っ赤なバラの花びらが、なんだかハートのようにも見えてきませんか?
また、右下のピスタチオとクランベリーを使った香ばしくも爽やかな「ピスタシュ」や、その上にあるピンク色の「フランボワーズ」など、春の訪れを感じさせる彩りのクッキーがたくさん。
どんぐり粉のグランなど、通常のプティボワにも入っている定番品に加え、この缶だけのフレーバーも味わえるので、今の時期大切な方に贈るのにぴったり。もちろん、自分へのご褒美にするのもおすすめです。

プティボワ 150 White Day
3,780円(税込)
恵那本店・GINZASIX店にて3月3日(木)~3月14日(月)頃まで販売
オンラインショップでは2月下旬より一般販売開始
※販売期間や日程、数量は店舗により異なります。詳細は各店舗へお問い合わせください。

温かみのある色合い。春の素材を使った期間限定のクッキー缶も

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

3月はホワイトデーに続き、5月までの春季限定の缶「プティボワ 150 Spring」も登場します。

こちらの中身はより温かみのある色合いで、春の温かな日差しや野原の光景を感じる雰囲気です。中央のクッキー「サフランフルール」は、その名のとおりスパイスのサフランが使われ、黄色い花が表現されています。その左側にあるのはよもぎを使ったボールクッキー「アルモワーズ」、下段中央の葉っぱがのった長方形のクッキーは、春の山椒のピリッとした風味が効いたサブレ「ポワブルジャポネ」です。
こちらも定番品と一緒に、春らしい木の実や植物の味わいを楽しめる一品。門出の春のギフトにいかがでしょうか?

プティボワ 150 Spring
3,780円(税込)
恵那本店・GINZASIX店・各ポップアップショップにて3月19日(土)~5月末までの販売
※販売期間や日程、数量は店舗により異なります。詳細は各店舗へお問い合わせください。

特別なひとときをもたらすお菓子やコンフィチュール

森の恵みをいっぱいに詰め込んだギフト。「GIN NO MORI」の美しいクッキー缶

定番のプティボワは、記事の冒頭でご紹介したGINNOMORIの恵那本店のほか、GINZASIX店(銀座本店)とオンラインショップで購入することが可能です。実店舗にはクッキー缶以外にパウンドケーキやコンフィチュールもあり、恵那本店では季節のパイやタルトが販売されることもあります。
また、百貨店などのイベントに出店することもあり、直近では3月4日(金)~3月14日(月)に横浜SOGOでポップアップショップがオープン予定。そこではパウンドケーキも店頭に並ぶそうです。

森の恵みを感じる、ほかにはないようなクッキー缶やケーキを囲む時間は、日常の中にほんの少し違う特別なひとときをもたらしてくれます。大切な方とのお茶の時間のお菓子としてや、とっておきの贈り物に、選んでみてはいかがでしょうか?

photo / PATISSERIE GIN NO MORI

photo

PATISSERIE GIN NO MORI(パティスリー ギンノモリ)

岐阜県恵那市大井町2711-2
恵那 銀の森施設内
TEL:0800-200-5095
営業時間:4~12月 10:00~18:00/1~3月 10:00~17:00
定休日:水曜(祝日は営業)

銀座本店
東京都中央区銀座6-10-1
GINZA SIX B2F
TEL:080-2396-6870
営業時間:10:30~20:30
定休日:不定休(※GINZA SIXの営業時間に準じます)

https://ginnomori.jp/fs/ginnomori/c/patisserie

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報