会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>

高温多湿な日本の夏を冷房なしで涼しく過ごすためには、自然エネルギーを活用するのがおすすめ。なかでも、光・風・熱の3つに注目し、うまくコントロールすることで室内の温度を無理なく下げることができます。暮らしの快適さと環境への優しさを両立することができますよ。

光を遮る

1:遮光カーテン・ロールスクリーンを活用

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:cucan

太陽や外の光を遮断してくれる遮光カーテンを利用するのも一つの手です。遮光カーテンは保温性・保冷性に優れ、冷暖房の効果をアップ。
こちらは、外側が総柄になっているというバックプリントデザインが珍しい「cucan」のカーテン。お部屋の中からは両サイドと裾から柄がちらりと見え、インテリアのさりげないアクセントになってくれます。

遮光 カーテン CHILALA 1枚入り
4,180円(税込)
サイズ:幅100×丈135cm

2:ガーデニングを楽しみながら省エネにも効果的

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:jpb_35

最近、ゴーヤなどのつる植物を使って日差しを遮る「緑のカーテン」が大きな注目を集めています。しかし、賃貸住宅の場合は育てるのが相当難しそうですよね。そこで、マンションのベランダでも立派なゴーヤカーテンをお持ちのjpb_35さんに聞いてみました。
「作る際に使用するネットやフックは100均で揃えられるし、マンションのベランダでも大きめのプランターを使えば十分育てることはできます。植え付けはゴールデンウィークの頃。2か月もすればネット一面に葉が茂り、ゴーヤの収穫もできるようになりますよ。」
と、jpb_35さん。来年、ぜひゴーヤカーテンにチャレンジを。

風の通りを良くする

3:窓を2か所以上開ける

窓を2か所以上開けて、空気の流れを作って風通りを良くすることもアイデアのひとつ。
ここで重要なポイントは、風の「入口」と「出口」を作ること。1か所しか窓がない間取りの場合は、換気扇やサーキュレーターなどで部屋全体のこもった空気を外に出すようにしましょう。

4:空気を循環するシーリングファンを利用

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:m._home__

天井に取り付けて空気を循環するシーリングファンもお役立ち。インテリアを楽しみながら冷暖房の効率を上げ、省エネや電気代の節約にもつながる良いことづくめのアイテムです。m._home__さん宅では、日に日に暑くなってきてシーリングファンが大活躍中だそう。涼感アップするのはもちろん、照明器具との統一感もありオシャレ度もアップですね。

床からの熱を逃がす

5:ひんやり感のあるラグを使う

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:cucan

こちらは、レーヨンとコットンを織り交ぜたさらさらの感触とひんやり感が心地良い冷感ラグ。素足でも気持ち良く過ごすことができます。敷くだけで空間が明るく涼しげになる色使いも魅力。汚れたら洗濯機で丸洗いできるので、通年使いたいという方にもおすすめですよ。

レーヨン・綿混ラグ カプリス(130×185cm)
7,990円(税込)※7%OFF

6:ラグをはずして床を広く使う

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:m._home__

広々と開放的なm._home__さんのお宅のように、ラグを外してフローリングの床を広く使うのも涼しく過ごすコツです。
普段はアクセントになるラグも素材によっては暑さを感じてしまう場合も。暑い夏は、フローリングが見えた方が足にとっても見た目にも涼しげですね。

7:手軽にプチDIYできるウッドデッキパネルを敷く

続いては、夏を涼しく過ごす快適なベランダづくりのコツをご紹介。
夏は涼しく汚れにくい、そして掃除もラクなウッドデッキパネルを活用してみるのはいかがでしょうか。無機質なベランダも、敷くだけで一気にオシャレ空間へと格上げ。設置もいたって簡単で、敷きたい広さに合わせた枚数を購入し、パネル同士を接続するだけ。工事が不要なので、手軽でリーズナブルに模様替えができるのもメリットです。

8:ひんやりとした肌当たりの冷感寝具を取り入れる

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:イーオクト(ecomfortHouse)

夏は、吸湿性、吸汗性に優れているブランケットを使うのがおすすめです。蒸し暑い日本の気候に合わせて開発された「リネン&シュニールコットン シングルブランケット」はいかがでしょうか。
写真左はシャリッとしたリネン、写真右はふわっとしたシュニールコットンと、両面の織りが異なる画期的なブランケットです。暑い日には肌に触れる方をリネン面に、涼しい日にはシュニールコットン面とリバーシブルで使用可能。リネンは吸水性や吸湿性、通気性に優れているため、大量に汗をかいてもじゃぶじゃぶと洗濯もできて便利です。

リネン&シュニールコットン シングルブランケット 無量花(むりょうばな)ブルー 
33,000円(税込)

五感で涼を感じる

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:KEYUCA

爽やかなブルーのカーテンで、「視覚」から涼しさを取り入れるのもおすすめ。
こちらは、ほどよい光沢感とシャリ感のある生地で、水をイメージさせるKEYUCA(ケユカ)のカーテン。ゆるやかな淡いグラデーションカラーに目が奪われます。UVカット機能付きなので、紫外線の強い季節にも安心ですよ。

グラデーションボイル レースカーテン
品番:7200082
4,950円~(税込)

10:「聴覚」で涼しくする風鈴

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:CRAFT STORE

「視覚」の次は、聴覚で涼を感じてみませんか。
「チリンチリン」と聞こえてくる涼やかな風鈴の音色を聞くと、脳に「風鈴の音=涼しい」という信号が送られ、体温が下がるという驚きの効果も期待できるそうです。
なかでも、オンラインショップ「CRAFT STORE」のコロンとしたフォルムが愛らしい真鍮製の風鈴は、キンとひんやりとした音色が長く響くのが特徴です。窓際に吊るしておくだけで、毎日の暮らしに彩りを添えてくれること間違いなし。

能作 風鈴 Rin シルバー
5,280円(税込)

11:「嗅覚」で涼しくするハッカシャワー

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo:東急ハンズ

最後は「嗅覚」で体感温度を下げる方法をご紹介します。
こちらは寝苦しい夜を快適な時間へと誘ってくれる、北海道の「北見ハッカ」とコラボレーションしたひんやりスプレー。ベッドシーツやパジャマにスプレーするだけで、即ひんやり冷涼感が体感できます。衣料に使用する際には、10cm以上離して全体にスプレーするようにしましょう。

ひんやりシャツシャワー 北見ハッカ 500ml
1,375円(税込)

無理なく節電しながら体感温度を下げる方法

節電しながら体感温度を下げる?涼感アップするインテリアの工夫<11選>photo: jpb_35

冷房だけに頼らず部屋を涼しくするための暑さ対策をご紹介しました。
今回ご紹介したもアイデア以外にもさまざまな方法がありますが、決して暑さを我慢してはいけません。室内でも熱中症を引き起こす可能性は十分にあるため、猛暑日や熱帯夜は冷房も取り入れつつ、ここでご紹介した工夫も併せてぜひ実践してみてくださいね。


※各商品販売状況は変動します。売り切れの可能性もございますので、ご了承ください。

cucan(クーカン)

https://www.cucannetshop.jp/

ecomfortHouse(エコンフォートハウス)

https://www.ecomfort.jp/

KEYUCA(ケユカ)

https://www.keyuca.com/shopping/

東急ハンズ

https://hands.net/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報