会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

憧れのカフェ風インテリアに。おしゃれな部屋づくりのポイントと実例集

憧れのカフェ風インテリアに。おしゃれな部屋づくりのポイントと実例集

カフェのようなおしゃれな空間は女性の憧れ。自宅がセンス良く、ゆったりとくつろげる場所だと家で過ごす時間が特別なものになりますよね。一人暮らしの1Kやワンルームでも工夫次第で理想の空間に。今回はカフェ風のインテリアをつくるポイントを、実例とともにご紹介します。

グリーンを効果的に使う

・観葉植物は吊り下げがおしゃれ

おしゃれなカフェ風インテリアに欠かせないのが「吊り下げ」の観葉植物。宙に浮かせるので場所を取らず、掛ける場所さえあれば手軽に取り入れることができます。窓際や天井からいくつか吊り下げるだけで印象的な空間に。
吊り下げ観葉植物の上級テクニックをご紹介。流木を利用することで、ランダムに飾り付けられて遊び心ある空間に。水やり不要のエアプランツやマクラメ編みのプラントハンガーなど種類豊富に飾れば見た目にも楽しげですよね。

・スワッグを部屋のアクセントに

シンプルな壁に彩りが欲しいならスワッグがおすすめです。観葉植物と違い水やりの手間がなく、日当たりの良くない場所にも適しています。
画像のインパクトある大きなスワッグは、縦横と奥行のサイズを指定し、お花屋さんでつくってもらったオリジナルのもの。既製品でピンとくるものが見つけられなければ、オーダーするのもひとつの手ですね。

・大型の観葉植物で空間にメリハリを

なんだかインテリアにまとまりがない…そんなときは、大型の観葉植物を置いてはいかがでしょう?インテリアに高さが出ることで、部屋にメリハリが生まれます。グリーンのまわりにウッド調の家具やカゴを配置すれば、統一感が生まれセンスの良い部屋に。

・小さなサボテン鉢を並べる

大きな観葉植物を置くのは難しい場合、小ぶりのサボテン鉢を並べるのも◎。画像のようにマグカップと飾れば、まるでカフェのような雰囲気がつくれますね。

見せる収納・隠す収納のバランスよく

・キッチン用品は並べて見せる

キッチン用品は見せて収納するのがカフェ風!ただ並べるのではなく、保存容器などを揃えて統一感を持たせましょう。生活感を消すポイントは、ウッド調の収納棚やカッティングボード、天然素材の鍋敷きなどを雰囲気のあるアイテムをバランスよく取り入れること。画像の収納棚は、「ラブリコ」を使ったDIY。穴をあけたりしないので、賃貸でも安心です。

・ごちゃつく物はカゴを使って程よく隠す

細々としたもの、まとまりのないものはカゴに収納しましょう。上から中身の見えにくい、蓋つきや布のカバーがあるものが便利です。
散かりがちな洗面所も、カゴを上手く使って雑多なものを隠して収納。水回りなど湿気の多い場所では、カビが発生しにくい樹脂製のカゴがおすすめです。

リネンや床にこだわってカフェのような雰囲気を出す

・ベッドリネンは落ち着いた色味がベター

生活感の出やすいベッドまわり。派手な色柄のベッドリネンを選ぶと部屋から浮いて見える原因に。ベッドリネンは部屋に馴染む色をチョイスしましょう。アクセントをつけるならクッションなど面積の小さなもので取り入れるのがおしゃれにまとまる秘訣です。

・思い切って床にクッションフロアを敷いてみる

部屋のイメージを大きく変える床。こだわりの空間づくりがしたいなら、ひと手間かけて変える価値ありです。この海外のカフェのようなおしゃれなヘリンボーン柄の床は、ご自身でクッションフロアを敷かれたんだとか。家具の色やグリーンとマッチして、本当にカフェにいるような印象です。
こちらの無機質さがクールなコンクリート調の床も、もともと普通のフローリングだったところにフロアタイルを敷いたもの。床を変えると部屋がてきめんにおしゃれになるので、大きく変化を持たせたい方はこだわってほしいポイントです。フロアタイルを敷くのは入居の家具を入れる前が、比較的簡単に行えるベストタイミング。

アートなものを飾る

・写真やアート、壁掛けミラーを飾る

壁に写真、壁掛けのミラーを飾れば、自分らしさの出るおしゃれなインテリアがつくれます。画像のように、フレームを同じトーンの木製ものに揃えると統一感が出ます。壁に穴を開けるのが難しい場合は、大きめのアートフレームを床に直接置いても素敵ですよ。

・デザイン性のあるチェアを置く

デザインのいい家具はひとつ置くだけで存在感を放ち、部屋をグレードアップしてくれます。おすすめはスツールやチェア。腰かけとしてはもちろん、ちょっとした荷物置きに、サイドテーブルにと一人暮らしでマルチに活躍します。
画像のチェアはメルカリで購入した日本のメーカー、コイズミのもの。シンプルながらデザイン性が光り、部屋の顔になっているそう。


カフェ風のおしゃれなインテリアがつくれるポイントをご紹介しました。一人暮らしの賃貸でも、工夫次第でくつろぎの空間に仕上げることができます。おうち時間が増えた今、一度部屋を見直してみませんか?

photo / goodroom

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報