会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらい

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらい

夏が近づくこの季節。十分に紫外線対策できていますか?シミ・しわなどの肌老化を防ぐためにも、紫外線対策は欠かせません。この記事では意外と知らない、正しい紫外線対策の方法を皮膚科医の金城 里美先生に伺いました。簡単にできる方法もご紹介しているので、紫外線対策は面倒…という方にもおすすめです。

紫外線が肌に与える影響とダメージ

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:pakutaso

まずは紫外線による肌への影響をご説明します。

そもそも紫外線ってなに?

太陽から注がれる光はさまざまな波長が含まれています。その中でも、紫外線は強いエネルギーを持った光で、波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。
UV-Cは上空にあるオゾン層の働きで地表まで届きませんが、UV-A、UV-Bは地表に届きます。
その為、紫外線対策はUV-A、UV-Bに対する対策だと言えます。

・「UV-A」の肌への影響

UV-Aは波長が長い為、皮膚の中にある「真皮」まで到達します。皮膚はUV-Aから自身を守る為にメラニン色素を産生させます。それによって、皮膚が黒くなる「サンタン(色素沈着)」が起こり、シミ・ソバカスの原因になります。
また、長期間UV-Aを浴び続けると、皮膚にハリを与える弾力線維(エラスチン)や膠原繊維(コラーゲン)がダメージを受けて皮膚のハリがなくなり、シワやたるみなど、皮膚の老化を引き起こす原因となります。

・「UV-B」の肌への影響

UV-BはUV-Aより波長が短い為、真皮までは届かず、表皮で作用します。UV-Aよりもエネルギーが強く、紫外線を浴びた直後から皮膚が赤くなる炎症(サンバーン)を起こします。サンバーンはその後サンタンになり、シミ・ソバカスの原因になります。

紫外線を浴びることはシミ、ソバカス、長期的にはシワ、たるみなど肌老化の原因のひとつになるため、しっかりと対策が必要です!

忘れずにしたい紫外線・シミ対策

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:unsplash

紫外線対策は面倒というイメージがあるかもしれませんが、シミ・しわなど肌老化の予防のためには必須!そこで以下に、簡単にできる6つの対策をご紹介しますので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

紫外線対策① 日焼け止めをこまめに塗る

日焼け止めを塗ることは、紫外線対策の中でも重要です。日焼け止めはムラなく塗りましょう。汗やこすれなどでとれてしまう為、2~3時間ごとに塗りなおすことをおすすめします。首、デコルテ、足の甲、指に塗ることも忘れずに。

紫外線対策② 紫外線対策グッズを活用する

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:shutterstock

物理的に日差しが皮膚に届かないようにすることも、紫外線対策になります。お出かけグッズとして日傘、帽子、ストール、カーディガン、アームカバーなどを使うといいでしょう。ファッションとしても楽しめるアイテムを取り入れると、使う習慣が身につきやすくなります。

紫外線対策③ なるべく日陰を歩く

外にいるときは、なるべく日陰を歩くようにしましょう。日陰がない場合でも、できるだけ顔を日に当てないようにしましょう。

紫外線対策④ 屋内でも対策を怠らない

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:unsplash

屋内にいても、窓から紫外線は降り注がれます。カーテンをしていても安心はできません。屋内にいるときも、日焼け止めを塗るなどの対策をおすすめします。UVカットカーテンも販売されています。

紫外線対策⑤ 保湿する

日焼けをすると皮膚がダメージを受けて、乾燥しやすくなります。皮膚をしっかり保湿しましょう。
日焼け止めを使用すると、どうしても洗顔でごしごし落としたくなりますが、皮膚をこすることは避けましょう。日焼け止め専用のクレンジングやメイククレンジングなどを使ってやさしく落としてから、低刺激性の洗顔料で洗い流すことをおすすめします。

紫外線対策⑥ 漢方薬を飲む

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:pakutaso

しみ、にきび、肌荒れなどにも漢方薬は効果が認められています。
漢方薬は、体内のバランスを調整し「良い体質」を取り戻すことに役立ちます。漢方薬で体質から整えていけば、肌のトラブルに悩まされない体を手に入れられるでしょう。

また、漢方薬は毎日決まった量を飲むだけとお手軽。毎日続ければ、体の内側からお肌のトラブル改善を目指せます。

<日焼けによる肌のトラブルにおすすめの漢方薬>

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:unsplash

・桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
中等度の体力で、ほてりと手足の冷えがある方のシミに効果的です。


漢方薬は自然の生薬からできているので、からだにやさしく、あらゆる人に何らかの効果をもたらしますが、重要なポイントは、自分の状態や体質にうまく合った生薬を選んでいるかどうか、という点です。うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が起こることもあります。
どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるのはなかなか難しいですが、最近ではAI(人工知能)を活用した「あんしん漢方」のようなオンライン相談サービスも登場してきました。AIを活用し、漢方のプロが自分に適した漢方を見極めてお手頃価格で自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が可能ので、ぜひ活用してみてください。

しっかり紫外線対策をして肌を守ろう!

うっかり日焼けに要注意!皮膚科医に聞く「正しい紫外線対策」のおさらいphoto:unsplash

日焼け止めだけでなく、色々な方法からの紫外線対策をご紹介しました。肌の老化に関わりの深い日焼け。今年は「うっかり焼けちゃった」ということがないように、ご紹介した方法で紫外線対策を試してみてくださいね。

photo

漢方に精通した医療チームが、オンラインであなたに合った漢方薬を見立てる個別相談サービス。心と体の根本改善を目的とした漢方医学を毎日の生活に取り入れる、新しい健康スタイルを提案しています。「不調を根本から改善したい」「お手頃価格で健康になりたい」「自然由来でナチュラルに体質改善したい」と思っている方へ。あなたのツライ心と体にしっかり効く漢方薬を、スマホ一つで、自宅までお届けします。

https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21233zc8shea0010

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報