会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

一人暮らしにおすすめの収納家具。空間を狭く感じさせない家具の選び方をお教えします

一人暮らしにおすすめの収納家具。空間を狭く感じさせない家具の選び方をお教えします

クローゼットの小さいワンルームや1K。物が溢れるたびに「もっと収納スペースがほしい!」と感じますよね?収納を増やすときには、部屋が狭く見えない家具選びが重要。今回は一人暮らしにおすすめの収納家具や、選ぶ際のポイントをご紹介していきます。この春新生活が始まった方も、模様替えを検討している方も必見です。

一人暮らしの収納選び①マルチに使える家具を選ぶ

迷ったらカラーボックス一択

リーズナブルに購入することができて組み立ても簡単なカラーボックスは、一人暮らし収納の強い味方。縦横どちらの向きでも使用でき、アイデア次第で使い方も広がります。
画像で使用している無印良品の「パルプボードボックス」は細長い形が特徴。横置きすれば、収納兼テレビボードとしても活躍します。視界に入る頻度の多いテレビ周りには、お気に入りのインテリアを飾りましょう。
細々としたものを収納したい時、生活感を出したくない時には蓋つきタイプのカラーボックスもおすすめ。見せたくないものをすっきり隠せてシンプルな印象に。

「りんご箱」は汎用性が高くセンス良く見える

最近インテリア好きのなかで注目が集まっているのが、「りんご箱」を使用した収納。りんご箱とはその名の通り、収穫したりんご入れておく木箱のこと。実際に使用されていたものからインテリア用のものまで、数多く販売されています。
木目がアンティークな雰囲気のりんご箱は、ナチュラルテイストやモダンなお部屋にもぴったり。そのままおいてサイドボードにしたり、重ねて棚にしたり、DIYに使ったりと自由自在です。

画像のお部屋では、りんご箱を横に並べシンプルなローボードとして使用。おしゃれかつ、リーズナブルにできちゃうテクニックは真似したいところ。

一人暮らしの収納選び②収納棚はロータイプをチョイス

狭い部屋を広くみせるテクニックとして、高さのないロータイプの家具選びが有効です。収納棚も腰ほどの高さのものを選べば、空間に余白が出来て開放感が生まれます。
棚だけでなく、ベッドやソファなど「低さ」を意識すると、作業動線をつくりやすくなり部屋が広く見えると言われています。

一人暮らしの収納選び③コンパクトな家具を複数使う

コンパクトサイズの収納家具を、いくつか組み合わせて使うのもおすすめです。画像のジャストサイズのテレビボードは、実はIKEAの「ベッドサイドテーブル」。配置に制限がでる大きな家具とは違い、小さな家具だとその日の気分で模様替えだってできちゃいます。

一人暮らしの収納選び④背板のないオープンな家具を選ぶ

本棚やラックなど大きな収納家具を選ぶ場合は、背板のないオープンなものを選びましょう。圧迫感が薄れるだけでなく、両側から物が取り出せるので間仕切りとしても便利です。
背板のあるタイプを選ぶなら、黒や茶色などより「白」を選んでみて下さい。もしくは、背板のみ色を変えると、圧迫感が軽減されます。画像の収納棚は、自分で背板のみ白に塗ったのだそう。奥を壁と同じ色にすることで抜け感が出て、余白が感じられますね。

一人暮らしさんのための、収納家具選びのポイントをご紹介しました。
この春から一人暮らしを始めた方、あるいは既に一人暮らしで収納を見直したい方などさまざまだと思いますが、狭い部屋だからとあきらめず、自分らしい素敵な部屋づくりを楽しんで下さいね。

photo / goodroom

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報