会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

寒い冬には温かいお弁当を。ランチタイムに食べごろ「酸辣湯がゆ」のレシピ

寒い冬には温かいお弁当を。ランチタイムに食べごろ「酸辣湯がゆ」のレシピ

酸味と辛味のバランスが絶妙な「酸辣湯(サンラータン)がゆ」。食べれば体の中から温まる冬にぴったりのメニューです。それがお弁当で楽しめるとしたら、嬉しいですよね。ご紹介するのは、スープジャーの保温機能を利用したレシピ。保温しながらゆっくり加熱するので、朝作れば、お昼にはちょうど食べごろですよ。

食べ応えも◎ヘルシーな「酸辣湯がゆ」

すっぱ辛い味わいで女性に人気の「酸辣湯(サンラータン)がゆ」。野菜もタンパク質も摂れて栄養バランスが良く、ボリューム感もあるのでお腹も大満足。朝に少しの手間をかけて作っていけば、充実したランチタイムになりそうです。

材料

  • 180ml
  • 水溶き片栗粉小さじ2(水・片栗粉各小さじ1)
  • 1個
  • もずく酢1パック(約70g)
  • <A>
  • 鶏ガラスープの素小さじ1
  • しょうゆ小さじ1/2
  • <B>
  • 干ししいたけ(スライス)少々
  • さやえんどう2本
  • ミニトマト2個
  • 白米大さじ2
  • ラー油お好みで

作り方

  • 1スープジャーに分量外の熱湯を入れて、フタをせずに5分以上保温します。さやえんどうは2~3mmの斜め切り、ミニトマトは4等分のくし形切りにします。
  • 2小鍋に水を入れ、沸騰させて<A>を入れて溶かします。再び沸騰したら火を弱め、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
  • 3中火にし、溶いた卵を流し入れてかきたま状にします。もずく酢・<B> を加えて沸騰直前で火を止めます。お好みでラー油を垂らします。
  • 4スープジャーの熱湯を捨て、(3)を入れてフタを閉め、1時間以上保温してからよく混ぜて食べましょう。

ご飯を温かいまま持ち運べる保温コンテナも

寒い冬には温かいお弁当を。ランチタイムに食べごろ「酸辣湯がゆ」のレシピ

今回のレシピは、サーモスのサイトに掲載されています。他にもスープジャーで楽しめるレシピを多数紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

雑炊やスープなどは、スープジャーを使うことが推奨されていますが、炊いたごはんを入れて持っていくなら写真のような保温ごはんコンテナーをご活用ください。ごはんを保温しながら持ち運べるので、ランチタイムに温かなごはんが楽しめますよ。スープジャーとセットで持っていくのもおすすめです。

保温ごはんコンテナー JBP-360 2,530円(税込)

photo / サーモス

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報