会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

包丁要らずで後片づけも楽チン。疲れている日も嬉しいボリュームおかず「ピリ辛チキン」レシピ

包丁要らずで後片づけも楽チン。疲れている日も嬉しいボリュームおかず「ピリ辛チキン」レシピ

仕事から帰ったあと、イチから料理をするのがしんどいという方は多いはず。ですが、材料を切ってクッキングシートに包み、フライパンで蒸すだけの「包み蒸し」なら簡単にできて洗い物も少なく済みますよ。今回はお腹いっぱい食べたいときにうれしいボリュームおかず「ピリ辛チキン」の包み蒸しレシピをご紹介します。

疲れているときも手早く作れて満腹になる「ピリ辛チキン」

包丁要らずで後片づけも楽チン。疲れている日も嬉しいボリュームおかず「ピリ辛チキン」レシピ

疲れて帰って来て、もうお腹がペコペコ。そんなときにサッと作れて満足感もしっかり得られるメニュー「ピリ辛チキン」。鶏もも肉は蒸すことで油っぽさが抑えられ、ジューシーな味わいを楽しめます。包み蒸しなのでフライパンが汚れにくく、洗い物も楽ちん。包丁を持つのも面倒というときはキッチンばさみで切ってしまえばさらに手早く、洗い物を減らすことができますよ。

材料

  • 鶏もも肉1/2枚(150g)
  • 片栗粉小さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • 鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1/2
  • ごま油小さじ1/2
  • 七味唐辛子少々

作り方

  • 1鶏もも肉を包みます。
    クッキングシート上で鶏肉を一口大に切り、片栗粉をまぶしたら、砂糖・しょうゆ・鶏がらスープの素を加えて包みます。
  • 2フライパンで蒸します。
    フライパンに包みを入れ、水1カップ(200ml)を注ぎ、ふたをして中火で8分加熱します。包みを取り外して全体を混ぜ、ごま油・七味唐辛子を加えて再び混ぜ、器に盛ります。

香味野菜をプラスするとまた違った味わいを楽しめます。

時短調理ができて片づけも楽になるレシピ本、待望の新刊

包丁要らずで後片づけも楽チン。疲れている日も嬉しいボリュームおかず「ピリ辛チキン」レシピ

ピリ辛チキンのレシピが掲載されているのは、『包み蒸し8分 ほったらかしのやせごはん』の本。メニュー開発から撮影、そのスタイリングまでを手掛けるフードスタイリスト、川崎利栄さんの新刊です。
こちらは、以前出版されて人気となった、食材をクッキングシートで包んでフライパンで8分蒸すだけのレシピ本『朝8分 ほったらかし弁当』に続くもの。「料理は時間がかかるし、洗い物が大変」「仕事から帰って、包丁を握るのがしんどい」といった切実な声にこたえ、忙しくても作れる簡単で体にやさしいメニューを紹介しています。

「包み蒸し」の最大のメリットは、調理と片づけが圧倒的に楽なこと。主食を除く主な食材は2種類だけ。食材を切るのはキッチンバサミでOKなので難しい手順なく作れます。同じフライパンで2品蒸すこともでき、時短調理で食卓が充実。毎日の料理がぐっとお手軽になること間違いなしなので、ぜひ参考にしてみてください。

photo / 世界文化社

包み蒸し8分 ほったらかしのやせごはん
刊行:世界文化社
定価:1,200円(税別)

https://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/20313.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報