会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

かつては新築が理想と考える人も多かった日本ですが、近年では「中古住宅を購入してリノベーションする」という住まいづくりにも注目が集まっています。筆者自身も自宅をリノベーションして、その魅力を感じているひとり。だからこそ、そのよさを伝えたく今回は、中古住宅をリノベーションするメリットをご紹介します。

中古住宅×リノベーション、なぜ選ばれている?

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

「中古住宅を購入してリノベーションする」というアイデアは、立地にこだわる方や、よりリーズナブルに理想の住まいをつくりたい方に人気です。都心に住むことを選ぶ場合は、広さを求められない場合がほとんど。ですが、中古住宅をリノベーションすれば、立地を優先しながら、狭い家でも開放感を生み出し、好みの間取りやインテリアを楽しむことだってできるのです。

リノベーションのメリットは?

住まいのなかに「新しい価値」を生み出せる

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

ここで、リノベーションについて少しおさらいしておきましょう。「リノベーション」とは、住む人のライフスタイルや理想に合わせて、新しい価値を加える改修のこと。よく似た言葉に「リフォーム」がありますが、こちらは老朽化した建物を元の状態に戻すだけの工事といったイメージです。将来にわたって快適に暮らすため、機能性や価値を向上させるのがリノベーションの特徴です。

新しい価値を生み出すとは、安心して生活できるよう危険な場所や不安を解消していきながら、理想の暮らしに合った機能をプラスしていくこと。たとえば、調理やお手入れのしやすいキッチン、ストレスフリーに使える収納、省エネに暮らせる仕組みづくりなど、ただ新築のような状態に戻すだけでなく価値をプラスできるのがリノベーションです。

ライフスタイルに合わせた「将来性」のある住まいに

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

リノベーションによって、住まいがライフスタイルの変化に対応できるようになり、省エネに配慮したエコな住まいに生まれ変わることも。新たな価値がプラスされることで将来にわたり暮らしやすい住まいづくりが叶います。

特に、暮らしやすさに繋がるのが「間取り」です。家族構成やライフスタイルが変化すると、使いやすい間取りも変わっていくもの。物件により条件はありますが、リノベーションによって今後の暮らしに合う間取りに変更することも可能です。長く快適に暮らすことを考えるなら、できるだけ空間をフレキシブルに使える工夫をするのが良いでしょう。たとえば、大空間をお好みで仕切ることができるアイデアがおすすめ。可動壁やドアがあれば、用途に合わせて個室をつくることもでき便利です。

エコに配慮した省エネの住まい

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

住まいのなかでも特に劣化による不具合が出やすいのが水まわり。さまざまな機能やデザインも古さを感じるようになったら。リノベーションで機能向上を検討した方が良いかもしれません。

また、リノベーションすることで「省エネ」に繋がることもメリットのひとつ。床や壁・天井などの断熱性を高める、太陽光発電システムを導入するなど、省エネに繋がる工事を施すことで環境に優しい住まいに生まれ変わります。初期費用が高額になることもありますが、長い目で見ればランニングコストを抑えられる場合もあるなど、コスト削減できるというメリットも。

低予算でも好みのインテリアを楽しめる

中古住宅を理想のわが家に。「リノベーション」の基礎知識と4つのメリット

こんな暮らしがしてみたいと理想を思い描いても、先立つものはその資金。リノベーションは、新築に比べて低価格で好みのインテリアを実現しやすいと言われています。リノベーションが費用を抑えられる理由として一番大きいのは、物件取得にかかる費用の違いです。一般的には新築の状態から年数が経つほど、物件価格は下がると言われています。中古住宅は物件取得時の費用を抑えることができるため、インテリアに費用をまわすことができるのです。

何もない空間(ハコ)の状態から始めるリノベーションは、建売の新築に比べ自由度が高く、クロス・建具・造作家具など、こだわりのアイテムで構成することも可能。ただし、こだわりを詰め込み過ぎると新築よりもリノベーションの方が高額になることもあります。そうならないためにも、事前に専門家へ予算・ライフスタイル・理想のインテリアなどを伝え、一緒にリノベーション計画を進めていくのが良いでしょう。

自分らしい住まいを叶えるリノベーション

使いやすいこだわりのキッチン収納術3

希望の立地で中古住宅を探し、リノベーションによって機能性や価値を高めれば、もっと自分らしい暮らしを実現できそうですね。

中古物件を購入してリノベーションする場合、一戸建てで2か月程度、マンションで1か月程度工事期間があります。もし気になる物件が見つかったら、同時にリノベーション会社も探しておくとスムーズに住まいづくりが進むはず。あなたもぜひ、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

photo / shutterstock

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級取得
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト2級

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報