会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

卵・バター不使用。濃厚さと爽やかさを併せ持つ「とうふレモンスクエア」のレシピ

卵・バター不使用。濃厚さと爽やかさを併せ持つ「とうふレモンスクエア」のレシピ

アメリカのカフェではもはや定番のクッキー「レモンスクエア」。一般的にはバターや卵黄を贅沢に使った濃厚な焼き菓子ですが、ご紹介するのは豆腐を使ったヴィーガンバージョンのレシピ。卵も乳製品も不使用のヘルシーなクッキーは、罪悪感なく食べられますよ。

サクサクとろ〜り食感の「とうふレモンスクエア」

「とうふレモンスクエア」の料理写真

卵黄の代わりに豆腐を使うことで、ヘルシーで軽やかな味わいに。美味しく作るコツは、絞りたてのレモン果汁と香り高い果皮を使うこと。全体的に淡白ですが、フレッシュなレモンが味にパンチを利かせてくれます。

材料(15×15cmの角型1枚分)

  • 薄力粉70g
  • <A>
  • アーモンドパウダー(できれば皮付き)50g
  • グラニュー糖20g
  • <B>
  • 植物油(太白ゴマ油など)40g
  • レモン皮(すりおろす)小1個分
  • 冷水小さじ1
  • 豆腐フィリング
  • <C>
  • 絹ごし豆腐180g(160~150gに水切りして使う)
  • レモン果汁60g
  • グラニュー糖80g
  • ターメリックパウダー小さじ1/8
  • コーンスターチ大さじ1
  • バニラオイル少々
  • レモン皮(すりおろす)小1個分
  • <仕上げ>
  • 粉砂糖適宜
  • ラベンダーの花適宜

作り方

  • 1オーブンは180度に予熱。型の底と側面にオーブンペーパーを敷きます。絹ごし豆腐は4枚にスライスし、それぞれキッチンペーパーで包み、水切りをしておきましょう。
  • 2ボウルに薄力粉を振るい入れ、<A>を加えて一度シリコンベラで混ぜ合わせ、<B>も加えてさらに混ぜましょう。
  • 3型に(2)を入れます。真ん中が厚くならないように注意しながら、手で平らにならします。
  • 4180度のオーブンで23~25分、香ばしい焼き色がつくまで焼きます。焼き上がったら型のまま冷まします。
  • 5続いて、豆腐フィリングを作ります。口径がせまい器に<C>を入れ、ハンディブレンダーでなめらかにしてそこにレモンの皮を加えます。(4)の冷めた生地の上に流し入れ、表面を平らにします。170度に温度を下げたオーブンに戻し、さらに25~30分、中心にみずみずしさが残りつつも固まるまで焼きます。粗熱が取れたら型ごと冷蔵庫で冷ましてからカットし、粉砂糖を振り、ラベンダーの花を飾って出来上がり。

ターメリックは色付けのために入れます。香りが気になる場合は省いてもOK。焼き上がったクッキーは、しっかりと冷やすことできれいに切り分けられますよ。

愛らしくてユニークなクッキーのレシピが満載

『アメリカンクッキー』の本の写真

今回のレシピは、原 亜樹子さんの著書『アメリカンクッキー』に掲載されています。
アメリカンクッキーとは、家庭で作ることができる日常のおやつのこと。キッチンにある材料で気軽に作れるものが多く、自由な発想から生まれたユニークなクッキーや焼かずに作れるものなど、驚くほどバラエティーに富んでいます。
この本では、そんなアメリカンクッキーの中から、伝統的なものや意外な食材を使ったもの、また原さんお気に入りのクッキーなどのレシピを、それぞれのクッキーの背景にあるストーリーとともに詳しく紹介しています。作り方はどれも簡単なものばかりなので、ぜひ手にとってみてくださいね。

photo / 広瀬貴子

アメリカンクッキー
刊行:株式会社誠文堂新光社
定価:1,600円(税抜)

https://www.seibundo-shinkosha.net/book/cooking/35793

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報