会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

収納スペースがなくても大丈夫。オープンラックを使って叶える「見せる」おしゃれな収納術

収納スペースがなくても大丈夫。オープンラックを使って叶える「見せる」おしゃれな収納術

賃貸の悩みの一つでもある収納問題。欲しいところにちょうどいい収納が無かったり、そもそも収納スペース自体が少なかったりと、悩みは尽きないものです。今回ご紹介するのは、少し広めのワンルーム賃貸のお部屋。オープンラックを活用したおしゃれな収納術は、真似したくなるものばかりですよ。

すっきり暮らすヒントは、収納アイデアにありました

リノベーションの設計デザインのお仕事をされている方のお部屋をご紹介します。コンクリート打ちっぱなしの内装が印象的で、大きな窓と高い天井によりとても開放的。
お部屋には備え付けの収納が少なく、主にオープンラックを使用しています。扉がない収納は、ものの出し入れがしやすいものの、おしゃれに見えないのが気になるところ。こちらのお部屋を例に、オープンラックや見せる収納でもおしゃれに見せるアイデアをチェックしていきましょう。

キッチンの収納アイデア

デザイナーズ物件らしい、ステンレスのオープンキッチン。食器や調理器具、家電、食料のストックなど、家の中でも特にものが多い場所なので、扉付きの収納内にしまったり、引き出しを活用することで、ごちゃつきを解消している方が多数。ですが、こちらのお部屋ではオープン収納を活用しています。
オープン収納の中で、まず驚いたのが無印良品の紙袋を使っていること。色やデザイン、素材が統一されているので、自然とまとまりが生まれています。ショップの袋を活用するというアイデアは斬新ですが、すぐに真似できますね。

また、細かな調理器具などはキッチンの壁に磁石やフックで設置。キッチン用品は、カラフルで装飾の付いたものも多いですが、あえてシンプルなデザインのアイテムを選ぶことが、まとまりのあるキッチンに仕上げるコツです。

洋服収納のアイデア

キッチン横にある、背の高いオープンラック。ステンレス素材のラックを選ぶことでキッチンとトーンを合わせているのがポイントです。また、箱やハンガーラックを組み合わせているので、アイテム別に収納が出来てすっきり見えますよ。

収納はある分だけ詰め込んでしまいがちですが、ある程度余白を持つことがオープンラックでもおしゃれに見せるコツです。そうすることで、ものの居場所がわかりやすく、ごちゃついて見えなくなります。

水周りのおしゃれな収納アイデア

続いては水周りをチェックしてみましょう。
トイレでは足元にカゴを置いて、その中にトイレットペーパーや掃除用品を収納しています。かごの上に布を被せれば生活感が隠せますし、ホコリからペーパーを守ってくれるので一石二鳥。
ちなみに、トイレは高い位置に収納がある場合も多いですが、出し入れしにくく、ストック量が把握しにくいということもあるので、足元に小さいカゴを一つ置いて、そこにトイレ用品を入れておくのがおすすめです。

また、洗面所ではキャスター付きのワゴンが大活躍します。来客の際には、目につきにくい場所にワゴンを移動できるので、すっきりしたお部屋に見せることができますよ。

手ごろな価格のアイテムも、色・デザイン・素材を統一する

今回ご紹介したお部屋のインテリアには、手頃な価格帯のお店をよく利用しているのだとか。選ぶときに注意しているのは、色やデザイン・素材を統一すること。それにより、プチプラでもおしゃれでまとまりのある空間に仕立てることができます。
ショップの紙袋を活用するなど、低予算でもできるアイデアが満載なので、早速取り入れてみてはいかがでしょうか。

ひとり暮らしのインテリア | goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=102

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

http://www.goodrooms.jp/journal

goodroom オリジナルリノベーション賃貸 TOMOS

https://www.goodrooms.jp/is_tomos

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報