会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

3日間保存可能。いつもとはちょっと違った味わい方を楽しむ、ほうれん草の常備菜レシピ<3選>

3日間保存可能。いつもとはちょっと違った味わい方を楽しむ、ほうれん草の常備菜レシピ<3選>

ビタミン、ミネラル、鉄分などの栄養素を多く含むといわれる冬野菜、ほうれん草。今回ご紹介するのは、15分程度で手軽に作れ、冷蔵庫で3日間保存することができるほうれん草の常備菜3品です。いつもとちょっと変わった洋風のレシピで、食卓やお弁当に彩りを添えてみてください。

いつものお浸しとは一味違う!「ほうれん草のイタリアンお浸し」

「ほうれん草のイタリアンお浸し」の写真

まず初めにご紹介するのは「ほうれん草のイタリアンお浸し」のレシピ。いつもは和風の味付けのお浸しも、パルメザンチーズとオリーブオイルで和えることで、一味違う味わいになります。食事の付け合わせや、ワインなどのお酒との相性も良いので、ぜひ試してみてください。

材料

  • ほうれん草3株
  • パルメザンチーズ大さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  • 塩こしょう適量

作り方

  • 1ほうれん草はよく洗って4~5cmに切り、ごく少量のお湯で2分蒸し煮する。(または耐熱皿に乗せて、ラップをかけて600wで2分)。
  • 2水にさらしてからしっかり絞り、軽く塩こしょうする。
  • 3(2)にオリーブオイル、パルメザンチーズを和えたら出来上がり。

にんにくとごま油が香る「ほうれん草のにんにく炒め」

「ほうれん草のにんにく炒め」の写真

続いてご紹介するのは「ほうれん草のにんにく炒め」のレシピ。口に入れた瞬間に、ふわっと香るにんにくとごま油が食欲をそそる一皿です。クセになる味わいでたくさん食べたくなりますよ。

材料

  • ほうれん草3株
  • にんにく2かけ
  • ごま油大さじ2
  • 少々
  • 醤油大さじ1

作り方

  • 1ほうれん草はよく洗って4~5cmに切り、15分ほど水にさらしてアクを抜いておく。にんにくは縦にスライスし、包丁の背で潰す。
  • 2フライパンにごく少量のお湯とごま油・塩少々を入れ、(1)のほうれん草をさっと茹でてざるに取る。
  • 3(2)で使ったフライパンの水気を拭いて、ごま油とにんにくを入れ、香りが出たらほうれん草を戻し、醤油を回しかけたら出来上がり。

爽やかな風味で箸がすすむ「ほうれん草とひよこ豆のオイル煮」

「ほうれん草とひよこ豆のオイル煮」の写真

最後に紹介するのは「ほうれん草とひよこ豆のオイル煮」のレシピ。レモン汁を加えることで、さっぱりとした味付けになり、箸休めやおつまみにぴったりです。緑と黄色の彩り豊かな一品で、お弁当のおかずやメインの料理の付け合わせにもおすすめですよ。

材料

  • ほうれん草3株
  • ひよこ豆(水煮もしくはドライパックでも)1缶
  • オリーブオイル1/2カップ
  • 塩こしょう適量

作り方

  • 1ほうれん草はよく洗って4~5cmに切り、ごく少量のお湯で2分ほど蒸し煮にする(または耐熱皿にラップして600wで2分)。
  • 2(1)のほうれん草は水にさらしてからしっかり絞る。ひよこ豆は皮をむいておく。
  • 3フライパンにオリーブオイルとレモン汁を入れて弱火で熱する。材料を入れて、蓋をし、くったりするまで10分ほど煮る。最後に塩こしょうで味を調えて出来上がり。

photo / Oisix

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを