会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

ワンルームをすっきりと。部屋を広く見せる、家具選びの5つのコツ

ワンルームをすっきりと。部屋を広く見せる、家具選びの5つのコツ

住んでいるお部屋がワンルームで、広いお部屋に住みたいなぁとお考えの方も多いのではないでしょうか。実はそのお悩み、「家具選び」で簡単に解決できるかもしれませんよ。今回は、あまりお金をかけずにワンルームを広く見せる5つのコツをご紹介します。

白や明るい色を使って圧迫感をなくす

1つ目のコツは「白や明るい色を取り入れる」。黒や茶色などの家具がお好きな方も多いと思いますが、暗い色だとどうしても存在感があり、圧迫された印象を受けることも。爽やかな白などを多く取り入れることで明るく広々とした印象のお部屋が出来上がります。ベットカバーやカーテンなどであれば、比較的リーズナブルに買い換えることができるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

同じ素材のものを選んで統一感を出す

次のコツは「素材を同じものでそろえる」。木の素材にガラスの素材にプラスチックなど色々な素材が混ざるとどうしても雑然として見えてしまいます。そんな時は素材感を統一するだけでスッキリと見えます。1番買い替えるのが難しいベッドなど大きな家具をメインに、他の素材を合わせていくのがいいかもしれません。

背の低い家具で空間を広く見せる

3つ目は「背の低い家具を選ぶこと」。これにより天井が高くみえ、空間が広がります。テレビ台と机は低いものが多いので、それに合わせて低めのベッドを選ぶのがおすすめです。こちらのお部屋のように目線より上にグリーンを取り入れ、爽やかさを加えてみるとより開放的なスッキリ空間が実現できそうです。

視線の“抜け”を作って開放感を出す

4つ目は「玄関から窓への視線の“抜け”を作ること」。家具をできるだけ壁に寄せて置き、“抜け”を作ることで視覚的に開放的な空間が出来上がります。ポイントとしては壁にぴったりと家具がはまるよう、なるべくサイズを測って家具を買うこと。少し面倒ですが、このひと手間で無駄な隙間や出っ張りのないスッキリとしたお部屋が出来上がります。

使いまわしのきくものしか買わない

最後は「使い回しのきくものを買うこと」。大きすぎる家具などは避け、組み合わせて使うことのできる小さめのケースや折り畳み可能のものなどを買うのがおすすめです。これにより捨てるものも減り、収納が足りなくなれば買い足していけば良いのでとても便利です。これから家具を買う予定のある方は、そんなゆくゆく使い回しが効きそうなものを選ぶのがポイントです。

今回は5つのコツをご紹介しましたが、やはり大切なのは全体のバランスを考えたシンプルなデザインのものやお部屋にあったサイズの家具を選ぶこと。かわいい!と衝動買いたくなることもあるかもしれませんが、今回の家具選びのコツを参考にして、ワンルームでも広々とした空間に見えるようにしてみてください。

photo / goodroom journal

ひとり暮らしのインテリア | goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/?cat=102

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

http://www.goodrooms.jp/journal/

goodroom オリジナルリノベーション賃貸 TOMOS

https://www.goodrooms.jp/is_tomos

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを