会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

衣替えでクローゼットの使い方を見直そう。出し入れしやすくする、洋服収納アイデア実例

衣替えでクローゼットの使い方を見直そう。出し入れしやすくする、洋服収納アイデア実例

季節の変わり目に、定期的に衣替えするのは大変だと感じませんか。クローゼットの使い方によって、その少しでも負担が減らせれば嬉しいもの。今回は、衣替えがラクになるクローゼットの活用術をご紹介します。

クローゼットの模様替えが面倒?

季節がめぐるたびクローゼットの衣替えをするのが面倒、そう感じている方は少なくないはず。洋服を整理しても整理しても、なかなかすっきりと片付かない…それならば、クローゼットの使い方を変えてみてはいかがでしょう。
まずは、今季着る服や今後も必要な服を選び取って、今ある服を厳選します。そうすることで、無駄にクローゼットを占領するアイテムが減りスペースに余裕が生まれます。
厳選した服はこれからご紹介するアイデアを取り入れながら、余白をつくりつつできるだけゆったりと収納してみましょう。見た目も美しく出し入れもしやすい、扉を開くたびに嬉しくなるようなクローゼットに仕上がるはずです。
クローゼットのどの部分に、どんな服を収納すればよいのか迷ったら、これからご紹介する活用術を参考にしてみてはいかがでしょうか。

衣替えがラクになる「クローゼット」活用術

1:よく着る服はハンガーに掛ける

よく着る服は、出し入れしやすいようにハンガー掛けするのがおすすめ。また、ハンガー掛けしておけば、視覚的にどこに何があるのかわかりやすくなり、探す手間が省けます。
よく着る服、いわゆる「一軍」の服たちがクローゼットに揃っていれば、日々のコーディネートもラクに。ハンガーラックの位置をざっくりと「春夏物」「秋冬物」と分けておけば、模様替えする時にも移動させるだけでよくラクになります。

2:シワになりやすい服はハンガーに掛ける

とろみのある素材のブラウスやアウターなどはもちろん、頻繁に着る機会のある服は、たとえTシャツであってもハンガーに掛けておくことをおすすめします。特にコットンのTシャツはシワになりやすいアイテムでもあるので、たたむよりもハンガー掛けしておく方がアイロンがけの手間が省けます。
ワンピースなどたたんで収納するのに向かないアイテムも、ハンガーに掛けて収納。クローゼットのなかでも下部のスペースに余裕がある部分が、丈が長いアイテムの特等席です。オケージョン対応のワンピースは、専用のカバーをかけておくとホコリや日焼けを防ぐのに役立ちます。

3:ハンガーに掛けた服は「シーンや用途別」に分ける

ハンガーに掛けた服は、「春夏物」「秋冬物」と分けた後、さらに以下のようにざっくりと分けて掛けると模様替えがぐっとラクになります。

・仕事着や外出着
・普段着
・羽織もの

一人暮らしの場合は、上記のように分けるだけでOKです。2人以上で暮らしている場合は、それぞれの服を上記のように分けた後、人別にわかるように掛けておくとよいでしょう。アイテム別よりも、用途別、人別に分けた方が結局はコーディネートしやすく使いやすいもの。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

4:シワになりにくい服は「アイテム別」に引き出し収納

引き出しケースは、シワになりにくい服を分かりやすく収納するのにぴったりのアイテム。クローゼットの下部を無駄なく収納に使うのに適しています。引き出しごとにアイテム別で収納し、ケースの中は色別に収納すると選びやすくなります。
引き出しケースには、こちらの写真のように服をたたんで立てて収納すると探しやすくなります。無印良品やニトリなどで手に入る仕切り板や整理ボックス、不織布仕切りケースなどを使うとよりすっきりと整いますね。
ケースごとに半袖、長袖Tシャツ、パンツなどアイテムを分けて収納すれば、使いやすい位置へ引き出しごと移動させることで模様替えが完了します。

5:シーズンオフの服は「収納袋」などにまとめる

シーズンオフの服は、少し手の届きにくい上部の棚などに収納するのもあり。こちらの写真のようにIKEAのSKUBBなど、洗練されたデザインの収納袋を使えば見た目もすっきりとする上に、ホコリ避けにもなります。
無印良品の布製ボックスも、クローゼット上を有効活用する収納アイテムとして人気。少しならばボックスの形状も変えることができるので、膨らみがちな厚みのある服もすっきり収まります。

6:<番外編>クローゼット以外の洋服収納アイデア

クローゼットに入りきれない服や、「今週着る予定」などすぐに着たい服は、ハンガーラックに飾りながら収納するとインテリアとしても素敵です。IKEAのムーリッグなど、スリムなデザインのアイテムを部屋のコーナー部分などに設置してみてはいかがでしょう。
ハンガーラックの下部が空いてしまったら、収納ボックスを組み合わせるのもよいですね。バッグなどかさばるアイテムも整理整頓できます。
突っ張りタイプのハンガーラックを設置すると、場所をとらずデッドスペースを衣類収納にすることができます。部屋の窪みなどを有効活用するアイデアです。
こちらの部屋では、大きく頑丈な業務用のスチールラックを部屋の中心に据えて、その裏側をウォークインクローゼットのように使用しているのだそう。クローゼットがなくても、部屋に衣類収納をつくることができるアイデアです。

アウターなど重い服を多く収納する場合は、スチールラックのように耐荷重が十分にある収納アイテムを選ぶのがおすすめです。

クローゼットの使い方を工夫すれば衣替えがラクに

住まいのなかで貴重な収納スペースであるクローゼット。あれもこれも収納したくなりますが、一度モノを厳選してしまい方を工夫すれば、定期的な衣替えが不要になることも。あなたもぜひ、ご参考になさってはいかがでしょうか。

photo / goodroom journal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報