会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

“サステナブルな行動”のバトンをつなげていく、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。今回はナチュラルな暮らしぶり投稿が人気の遥さん。4歳になるお子様のことを考え、洗濯用洗剤を人や環境に優しいものに変えたところ、ご自身にとっても嬉しい変化があったそう。気になる使い心地や感想を語っていただきました。

1日のモチベーションを上げてくれる洗濯用洗剤

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

最近、新しい洗濯機を購入しました。以前は6kgまでしか洗えず、乾燥機もついていないタイプだったのですが、今回は12kgも洗え、しかも乾燥機付き。洗濯機のスペックが倍以上になり、本当に家事がラクになりました。
そんなタイミングで、テンションをさらにあげてくれる洗濯用洗剤を取り入れてみました。飾って置いておきたいほどパッケージが魅力的な「ecostore(エコストア)」の洗濯用洗剤。

「あれ?アロマ焚いてたっけ?」っと思うほどに、ふんわりと爽やかな香りが体を包んでくれ(香水ではなく、あくまでアロマのようなナチュラルで嫌味がない香りというのが推しポイント)、朝にパジャマから洋服に着替えるタイミングで自然と大きく深呼吸がしたくなってしまう、そんな洗濯用洗剤なのです。

このecostoreの空気感(洗濯機からの香りもまた魅力的なのですが)を纏いたいという気持ちから、他のメーカーの洗剤や柔軟剤のストックがあるにも関わらず、今日もecostoreの洗剤に手が伸びてしまいます。

ecostoreは、人と地球に優しいブランドなので、敏感肌の方や、サステナブルな取り組みをされている方にはもちろん、洗濯のモチベーションが上がらない方にもぜひ取り入れていただきたいアイテムなのです。

ecostoreとは

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

ecostoreとはニュージーランドに住む夫婦が1993年に設立したクリーニング&ボディケアのブランド。

製造のプロセスが地球に優しい手順であるということがルールとなっているそうで、なるべく石油化学品を使わない、動物実験をしない、梱包材(容器)はリサイクル可能素材を使うなど、さまざまなサステナブルな取り組みを行っています。

数年前からコスメキッチンで扱われるようになり、たくさんの方に認知されるようになりました。最近は一部のコスメキッチンやecostore販売店で「リフィルステーション」と呼ばれる量り売りコーナーが設けられ、容器を再利用することで、ゴミの削減にもなり、かつプライスもお得になるという素敵な取り組みが行われています。

ecostoreのラインナップには、洗濯用洗剤の他に、食器用洗剤、ボディ&ヘアケア用品、オーラルケア用品などがあるのですが、個人的に何度もリピートしているのが、歯磨き粉(大人用、子供用ともにおすすめです)。
口に入れるものなので、オーガニック成分でできているのがありがたい。

環境への優しさと洗浄力、どちらも抜かりがありません

洗剤(ランドリーリキッド)

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

環境に配慮した、かつ肌にも優しい洗濯洗剤と聞くと、洗浄力が弱いのでは?と心配になりますが(私もそうでした)、さすが世界中で販売されているエコストア。抜かりがありませんよ。

毎日の汗や皮脂の汚れをしっかり落としてくれる、弱アルカリ性の濃縮タイプ洗濯洗剤(液体)です。
植物由来の界面活性剤やミネラル由来の成分で、人と環境に優しく、洗浄力はしっかり!



我が家には4歳のおてんば娘がいるのですが、保育園でたくさん遊んだ痕跡や、美味しくご飯を食べたであろうシミなんかも、ecostoreの洗剤で綺麗に落ちてくれます(時間が経ったケチャップのシミなどは、直接洗剤を部分的につけて洗うのがおすすめ)。

私が愛用しているecostoreの洗剤はユーカリの香り。
鼻にスーっと抜けるような、爽やかな香りなので、甘い香りが苦手な方や、つわり時期の妊婦さんにも使いやすいかと思います。
また、香りが残りにくいため、他のメーカーの柔軟剤との相性も良いです。

柔軟剤(ファブリックソフナー)

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

ecostoreの考えとして「肌に触れるものは、体の中に入れるものと同じくらい大切」という考えがあるそうです。
洋服は1日に1〜2回着替えますが、洗剤・柔軟剤の成分はほぼ1日中と言えるほど肌に触れ続けています。
例えば、お肌が弱くて湿疹や痒みが出てしまうとか、背中のニキビが治らないとか……それってもしかすると柔軟剤の影響が考えられるかもしれません。

エコストアの柔軟剤は、植物やミネラルの原料をベースとして作られています。
シリコン・コーティング剤不使用なので、衣類やタオルの吸水性を保ったままに、ふんわりと仕上げてくれます。

私は、シトラスの香りを使用しているのですが、前述した通り、香りは本当に柔らかなアロマのような微かな香りがする程度。すれ違ったら柔軟剤の香りがフワッとというCMのようなことはありませんが、タオルで顔を拭いたり、Tシャツをスポッと着る時に、大きく深呼吸がしたくなるほどに癒やされるのです。

自分のため、誰かのために使ってみてほしい

「洗わなきゃ」から「洗いたい」に変えてくれる。人や環境に優しい「ecostore」洗濯用洗剤

娘がまだ赤ちゃんの頃、敏感肌な娘のためにとシャンプーや保湿剤を模索していました(4歳になった今もジプシーではあるのですが)。
その同じタイミングで見直したのが、洗濯用洗剤。

いくら石鹸や保湿剤にこだわり、オーガニックのお洋服を着せたとしても、洗濯洗剤の化学製品でお肌が荒れてしまっては元も子もないな…と考え始めたのがきっかけで取り入れたのがecostoreの洗濯用洗剤でした。

ecostoreのプロダクトはどれもこれも「人と地球に安全である」というのが前提となっているのですが、人と地球に安全であること、サステナブルであることが、決して化学製品の洗剤の洗浄力と比較して劣るわけではないことを教えてくれました。

人への優しさだけでなく、地球への優しさもギュッギュッと詰まったecostore。

子供のためと思いecostoreの洗剤を使用し始めましたが、結果として私の洗濯へのモチベーションは上がり、この洗剤の香りを嗅ぎたいがために、今日もecostoreの洗剤を手にとってしまうのです。

<遥さんが使っているアイテムはこちら>
ブランド名:ecostore
ランドリーリキッド <ユーカリ> 500mL
748円(税込)
ファブリックソフナー <シトラス>500mL
748円(税込)
わたしから身近な人、そして地球へ。
みんなにいいコトが起きる「サステナブルな行動」をここからつなげよう!

“サステナブルな行動”をみんなで少しずつ暮らしに取り入れて、一人でも多くの人につなげていきたい、という思いを込めたリレー連載企画「#TSUNAGU100」。

是非、みなさんが実践した“サステナブルな行動”を、
「#TSUNAGU100」のハッシュタグをつけて教えてください!
投稿いただいた方の中から、編集部が選び、記事に取り上げさせていただきます。

“サステナブルな行動”とは?
?ゴミを減らす工夫、使わなくなったものを再利用、モノを大切に使う気持ち
?実はみんなが思っている暮らしの中の“モヤモヤ”“小さな不満”が解消できる
?自分や、身近な誰か、地球にもやさしいetc..
“サステナブルなモノやコト”を、みんなで共有していきましょう!

こちらのレビューはInstagramでもご覧いただけます。「#TSUNAGU100」のハッシュタグを覗いてみてくださいね。

遥さんがバトンをつなぐ方は、整理収納アドバイザーとして活躍される佐々木奈美さんです!

Sheage特別企画「わたしもみんなも心地いい。サステナブルな暮らし方」
自分やみんなにやさしく、おしゃれ。だから始めたいサステナブルな暮らし方をご紹介します。

サステナブルな暮らし方

Photo / 遥

遥(@haru222._.s)

一児の母。サステナブルを取り入れたナチュラルな暮らしぶりや、オシャレな親子コーデなどの投稿が人気。

https://www.instagram.com/haru222._.s/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報