会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

見た目からもほっこり温かく。冬インテリアコーディネートのつくり方5つのコツ

見た目からもほっこり温かく。冬インテリアコーディネートのつくり方5つのコツ

季節感を部屋に呼び込むと、暮らしがより楽しいだけでなく心地よく感じられます。冬インテリアのポイントは、温もりのある素材感と暖色系の色合い。クリスマスなどのイベント感もプラスすると、華やかなインテリアコーディネートが楽しめます。

「冬らしさ」を部屋に呼び込もう

ファッションを楽しむように、部屋にも季節感を取り入れると四季の移ろいを身近に感じられるもの。冬は、一気に気温が下がり部屋のなかの温かさが嬉しく感じられますよね。

もし1年中あまり模様替えをすることがないという方は、気温が大きく変わる夏と冬だけでも意識してインテリアをチェンジしてみては。

今回ご紹介するのは、冬インテリアをつくるのに取り入れたいアイテム集。インテリアコーディネートに迷ったとき、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

温かみが鍵。冬インテリアにほしいアイテムとは?

1:暖色系のソファやあったか素材のクッションカバー

ソファなど大型家具の色合いが暖色系になると温かみを感じさせるインテリアに。こちらの部屋のように、ソファカバーやクッションカバーのメインカラーをシックな赤やオレンジなどに変えてみてはいかがでしょうか。
色だけでなく素材感でもぬくもりを。セーターのような編み地が可愛らしいニットのクッションカバーや、クラシカルなジャガード織、マイクロファイバー製などを選ぶと冬らしくシフトします。

2:陶磁器のフラワーベース

真っ白ではなく生成りのような陶磁器の温かみは、冬インテリアに自然になじみます。そこにあるだけで存在感のあるデザインなら、オブジェのように置くことができ、植物がない時でもディスプレイとして素敵です。

3:ブランケット(ひざ掛けなど)

ソファやチェアの上には、ブランケットをスタンバイ。肌寒く感じた時にひざ掛けにしたり、お昼寝用にしたりと重宝することでしょう。
シックな暖色系や冬らしいモチーフを浮かべたブランケットがあれば、さりげなく掛けておくだけでもインテリアコーディネートの一部に。何枚か用意して、重ねておくのもおしゃれ。クッションカバーと同系色にしてコーディネートすれば、センスよくまとまります。

4:大きめファブリックをシックな色合いに

ブランケットと同様に、テーブルクロスやカーテンなども暖色系やシックな色合いに変えると冬らしさが演出できます。

夏はリネンなど軽やかな素材を選ぶことが多いですが、冬はコットン製の厚手のカーテン(ドレープカーテン)を選ぶのがおすすめ。窓からの冷気を防ぐだけでなく、調湿にも一役買ってくれます。
ファブリックを壁に飾るアイデアも素敵。こちらのお宅では、クリスマス気分を盛り上げるもみの木のファブリックをアートのようにディスプレイしています。

大きなクリスマスツリーを置けない場所でも、ファブリックを掛けておくだけなら気軽に飾ることができ華やかさが演出できますね。

5:あったか素材のラグ

足元からの冷えが気になる冬は、ラグで防寒対策を。毛足の長いラグなら足元から包まれるような感覚が気持ちよく、ほっこりとしたおうち時間が過ごせそう。

毛足にホコリなどが溜まりそう、と気にかかる場合は、中綿入りのキルティングラグを選んでみては。ふんわりとした踏み心地でありながら、フラットな表面で掃除がしやすくなります。

冬インテリアコーディネートで居心地のよい部屋に

寒さが厳しくなっても、温かみのある部屋で過ごせれば冬がもっと好きになれそう。「ぬくもり」をキーワードにインテリアを整えていけば、自分らしい居心地のよい空間ができるはずです。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

photo / goodroomjournal,La Redoute

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報