会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

モダンなのにどこかナチュラル。グレーインテリアのお部屋をつくる3つのポイント

モダンなのにどこかナチュラル。グレーインテリアのお部屋をつくる3つのポイント

モダンスタイルが好きだけれど、ダークになりすぎるのはちょっと……という方も取り入れやすいのがグレーインテリア。モダンなのにどこかナチュラルな雰囲気もあり、今インテリア好きさんの間で人気を集めています。今回は、そんなグレーインテリアのお部屋をつくる3つのポイントをご紹介します。

今人気の「グレーインテリア」って?

まずは、グレーインテリアについて少しおさらいしてみましょう。
グレーインテリアとは、その名のとおりお部屋のメインカラーをグレーにしたスタイルのこと。大きなものでは壁やカーテン、ソファやベッドファブリックなどをグレーにします。

また、クッションなどの小物などにもグレーを取り入れると、より統一感のあるインテリアに。暗くなり過ぎないよう、白を組み合わせると明るく優しい雰囲気に仕上がります。

それでは、グレーインテリアのお部屋をつくる3つのポイントをご紹介していきましょう。

グレーインテリアのお部屋をつくる3つのポイント

ポイント1:ファブリックをグレーにする

・ラグで取り入れる

お部屋の印象を大きく変えるのが床。フローリングの一部分をラグなどでグレーにすれば、即グレーインテリアが叶います。こちらのお部屋のように、ニュアンスのあるグラデーションカラーのラグを選べばナチュラルなお部屋にもぴったり。

・ベッドファブリックで取り入れる

大きな面積を占めるアイテムで気軽に取り入れやすいのは、ベッドファブリックです。カバー全体をグレーにするのもよいですが、少し暗い印象になってしまうことも。明るさをキープするなら、白のベッドカバーのうえにブランケットなどをプラスするだけでも雰囲気が出ます。

・クッションで取り入れる

小さな面積でプラスするなら、クッションカバーをグレーに。ボタニカル柄や幾何学柄、北欧柄など好みのスタイルで取り入れれば、グレーインテリアのアクセントになります。

ポイント2:ソファなどの大型家具をグレーに

ソファなどの大型家具をグレーにするアイデアも人気です。グレーのソファは木素材の家具とも相性がよく、インテリアのスタイルを選ばず置くことができます。大型家具がダークな色合いだとお部屋を狭く見せてしまうこともあるため、軽やかさを演出したい場合にはライトグレーを選んでみてください。

3:インテリア雑貨をグレーに

・グレーを基調としたアートを取り入れる

写真左のアートのように、グレーをベースカラーにしたポスターや絵画などを飾るのもグレーインテリアを素敵に見せるコツ。ラグやベッドファブリックなどをグレーにした場合には、もうひとつ小さな面積でグレーを取り入れると統一感が生まれおしゃれなインテリアに仕上がります。

・フラワーベース、鉢でグレーを取り入れる

フラワーベースでグレーを取り入れる時には、こちらの写真のように濃淡合わせて揃えておくとセンスよく、ひとつだけ置くのもよし、並べて奥行きのあるインテリアをつくるのも素敵です。
こちらのお部屋では、グリーンを育てる鉢をグレーに。素朴な素材感がナチュラルなインテリアによく合っています。

石を思わせるグレーはお部屋を引き締めてくれますが重たい印象を与えてしまうこともあるため、小さく取り入れるのがよいでしょう。

グレーインテリアをつくるなら、まずは大きなアイテムから

グレーインテリアをつくろうと思ったら、まずはベッドファブリックやラグなど大きな面積を占めるアイテムをグレーに変えるのが近道。そこに雑貨などでトーンの違うグレーをプラスすると、単調にならずおしゃれな雰囲気をつくります。
暗くなり過ぎないモダンなお部屋をつくりたい方は、グレーインテリアにトライしてみてはいかがでしょうか。

photo / goodroomjournal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美

文部科学省後援 リビングスタイリスト1級
カラーコーディネーター2級
リフォームスタイリスト3級取得

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報