会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「ラグ」でおしゃれで快適な部屋づくり。迷ったときのラグ選びのヒントと実例

「ラグ」でおしゃれで快適な部屋づくり。迷ったときのラグ選びのヒントと実例

お部屋を彩り、床で過ごす時間を心地よくしてくれるのがラグ。でも埃が溜まりやすくなる、掃除がしづらいなど敷くのに躊躇してしまう方も多いのでは。今回は、ラグを敷く・敷かないの選択をするヒントになる、メリットとデメリットをご紹介します。床で過ごす時間を快適にする、ラグ以外のアイテムもピックアップしました。

お部屋が素敵になりそう…でもラグって必要?

素敵なインテリアのお部屋には、必ずと言っていいほど敷かれているのがラグ。床で過ごす時間を快適にしてくれるだけでなく、大きな面積を占める床にデザインをプラスできる人気のインテリアアイテムです。

ですが、ラグを敷いてから時間が経つほどに、汚れや埃などさまざまなお悩みも出てきます。素敵なお部屋にしたいけれど、ラグは必要?とお悩みなら、まずはそのメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことから始めてみませんか。

ラグを敷くメリットは?

1:床で過ごす時間が快適になる

ラグを敷くメリットとしてまず挙げられるのが、「床で過ごす時間が快適になる」ことです。具体的には、以下のようなメリットがあります。

・ふかふかとした柔らかな風合いが楽しめる
・床から伝わる冷えを和らげる
・好みの素材を選べば、素足で歩いても心地よい

2:防音効果が期待できる

床を歩く音やモノを落とした時の音は、想像以上に響いています。
ラグを敷くことで、それらの音を多少和らげることができるので、防音効果が期待できます。

3:インテリアのアクセントになる

お部屋のなかで広い面積を占める床。一部に色やデザインをプラスすることで、インテリアが豊かになります。また以下のようなメリットも。

・床の傷防止にもなる
・お部屋のイメージをがらりと変えられる
・あまり気に入っていない床色や傷などを隠すことができる

ラグを敷くデメリットは?

1:埃やゴミが溜まりやすい

毛羽立った素材や凹凸のあるデザインなど、ラグを敷くことでゴミや埃を吸着し溜めてしまうこともあります。特に毛足の長いラグはペットの毛なども絡まりやすいので、こまめなお手入れが欠かせません。

2:洗濯やお手入れがしにくい

丸洗いできるタイプもありますが、洗濯機に入らない、干す場所がないなど気軽にお手入れしにくいのがデメリット。掃除機などで掃除しやすいのは毛足の短いラグ。コロコロクリーナーなどで埃も取りやすいので、こまめな洗濯が難しい場合は毛足の短いラグを選んでみてはいかがでしょうか。

3:お茶などをこぼした時に拭きにくい

ラグを敷いているところでお茶などをこぼしてしまうと、拭き取るのが大変ですよね。素材によっては水分を吸収してしまうものもあります。心配な方は、水を弾く撥水ラグを選んでみては。水分をこぼしても表面で留まってくれるので、さっと拭き取れば被害が最小限に抑えらえることでしょう。

ラグ以外にも床に敷くアイテムはある

「ラグ」でおしゃれで快適な部屋づくり。迷ったときのラグ選びのヒントと実例出典:https://www.instagram.com photo:oyuki.9.1

1:好きな場所にぴったり敷けるジョイントマット

筆者は現在、ラグを撤去して床になじむナチュラルな色合いのジョイントマットを敷いています。以前は、キッズルームに敷くようなカラフルで可愛らしいデザインが主流でしたが
最近ではフローリングになじむ色合いや木目のジョイントマットも登場しているんですよ。

こちらのお宅では、ジョイントマットをダイニングに敷き詰めています。フローリングのような色合いと木目でとても自然です。ジョイントマットは小さなマットをパズルのように組み合わせて好きな場所に敷けるのがメリット。厚みがあるので、ふかふかとした感触が魅力です。クッション性があるため、モノを落とした時などの防音効果も期待できます。

2:和モダンな空間にしあがる置き畳

和モダンなお部屋がお好みの方は、置き畳もおすすめです。日本人にとってなじみ深い畳は、さらりとした肌触りと心癒されるイグサの香りが魅力。
置き畳やい草ラグがあれば、お部屋の一角に気軽に畳コーナーをつくることができます。和風インテリアにこだわらないのであれば、洋室にも合う縁なしを選ぶのが◎です。

インテリアとしても素敵。ラグを敷いて快適に

インテリアとして素敵なだけでなく、機能性もあるラグ。最近では、素材もさまざまでお手入れのしやすいタイプも多く展開されています。デメリットを考えるとラグを敷くのに躊躇してしまう場合は、ジョイントマットや置き畳などで床を保護しながら快適性をアップさせる方法もあります。ラグに限らず、あなたに合ったタイプを探してみてはいかがでしょうか。

photo / goodroomjournal

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報