会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

ソファを置いても部屋を広く使える。1K・ワンルームの家具選び&配置のしかたのコツ

ソファを置いても部屋を広く使える。1K・ワンルームの家具選び&配置のしかたのコツ

1人暮らしの1Kやワンルームの小さな部屋でも、ホッとくつろげるソファを置きたいという方も多いはず。ソファやその他の家具をうまく選んで置き方も工夫すれば、きちんとスペースを確保し空間を広く見せることができますよ。実際にソファを置いた一人暮らしの素敵なインテリアを参考にしてみましょう。

大きな家具は壁面に寄せてスペース確保

小さな部屋でもなるべく大きく空間を使いたいときは、写真のようにベッドとソファの背もたれの両方を同じ壁面に寄せるのがおすすめです。幅を取る大きめな家具が端にあるので、空間も視界も遮られることがなく、広々と感じられるようになります。
どんな家具でも言えることですが、購入するときにはきちんと採寸してベッドもソファもぴったり収まるサイズを選ぶようにしてくださいね。

ソファを置いても広く見えるベッドの置き方

部屋の中で存在感が出やすいのがベッド。こちらの部屋ではベッドリネンを壁と同じ白に揃え、ベッドを目立たせないように工夫しています。ソファに座ったときの視線の先にベッドがある場合も、グリーンや照明など目を引くアイテムを手前に置けば、生活感が控えめに。
続いても全体的に白い印象の部屋で、ベッドリネンを白に統一しています。そのため色のあるソファやキャビネット、グリーンがポイントになり、ほどよくメリハリのある空間に。こちらはソファが窓のほうを向いているので、座ったときに視界が開けてゆったりと感じられます。
こちらの部屋ではマットレスを床に直接置き、ベッドをなるべく低い状態に。そのおかげでベッドが目立たず、大きな窓からの光を遮ることもないので、たくさんの家具や雑貨があっても部屋が広く見えます。同じようにベッドを低くしたい場合、すのこや木製パレットを使う方法もおすすめです。

ソファを空間の仕切りに利用

ソファを部屋の真ん中に置き、仕切りとしてしまうのも一つの手です。写真の部屋ではベッドに対して背を向けてソファを配置。さらに、天井から薄手のカーテンを吊り下げ、プライベート空間とリビングスペースを区切っています。これなら縦長に広い印象はそのままに、目的の異なる空間をうまく分けることができますね。

幅を取らないコンパクトな家具を選んで

こちらはたった6畳ほどの部屋ですが、ベッドもソファも無理なく収まっています。どの家具も少し小さめなサイズを選んでコンパクトにまとめているため、狭くても圧迫感のない空間が作れているのです。
これまではローテーブルを置いた部屋がほとんどでしたが、こちらの部屋では少し座面の高いソファとダイニングテーブルを組み合わせています。シンプルなダイニングテーブルは足もとに抜け感があり、視界の邪魔になりません。折りたたみ式のダイニングテーブルを選べば使わないときはしまっておくことができ、ソファを置いた場合でも広いスペースが生まれます。
ソファを大きなものではなく1人掛けにするのもよい方法です。1人掛けならそれほど大きくなくスペースを取らない分、窮屈になりません。凝ったデザインやオットマン付きなど、お気に入りを選べば、贅沢な気分でくつろげそう。


1Kやワンルームにソファを置いても、工夫次第で広い空間をキープすることができます。ぜひ参考にして、リラックスできる部屋を作ってみてくださいね。

photo / goodroom journal

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal

https://www.goodrooms.jp/journal/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報