会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方

食卓を美しく照らす「ダイニング照明」。こだわって選べばお部屋を明るくするだけでなく、食事を美味しそうにみせることもできます。筆者も、光の色や明るさによって料理の出来栄えが変わる、と感じています。そこで今回は、ダイニング照明の選び方や素敵なインテリア事例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ダイニングにぴったりの照明は?

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

照明の種類はさまざまですが、そのなかでもダイニングにぴったりなのが「ペンダントライト」です。ペンダントライトとは、コードやチェーンで天井から吊り下げた照明のこと。吊り下げる高さを調節できるため、照らし方を自分好みに変えることが可能です。ペンダントライトで照らされたモノは、美しい陰影ができドラマティックな雰囲気を演出できます。

ペンダントライトのメリット

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

ペンダントライトのメリットは、点灯している時だけでなく消灯している時もデザインを楽しめること。シェードにこだわれば、インテリアのアクセントとして存在感を放ちます。シンプル、インダストリアル、クラシカルなどさまざまなタイプがあるので、お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

また、吊り下げる高さや光の色によって、食事をおいしそうに見せたり、温かみを感じさせたりと「演出効果」の高い照明だと言えます。ダイニングはもちろん、キッチンカウンターや吹き抜けなどに吊るすのも良いですね。

ペンダントライトのデメリット

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

ペンダントライトのデメリットは、照射範囲が狭いこと。天井から吊り下げているため天井に直付けするシーリングライトのように空間全体を照らすのには適していません。もし1灯で照らすなら、明かりが広がる大きめのシェードを選ぶと良いでしょう。

食事を美味しそうに見せる照明の選び方と吊るし方

温かみのある光を

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

ダイニング照明の役割のひとつが、「食事をおいしそうに照らすこと」。食事や食卓を囲む人たちを美しく照らす照明を選びたいですよね。おすすめの光の色は、食欲をそそる色味の「暖色系」。電球色のようなややオレンジがかった光を選んでみてください。

ナチュラルやシンプルインテリアがお好みの方は、シェードに装飾性のないシンプルデザインを、モダンインテリアをお好みの方はアートのように独創的なデザインが魅力のルイス・ポールセン社のペンダントライトなど、デザイナーズ照明を取り入れるとワンランク上のラグジュアリーな空間に仕上がりますよ。

明るさを調節できる「多灯づかい」に

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

食事の時間、くつろぎの時間とシーンによって明るさを変えられる照明があれば、より居心地の良い空間づくりが叶います。ダイニングで人気のアイデアが、「多灯づかい」の照明です。あえて違うデザインを並べれば個性的な雰囲気に、写真のように同じタイプの照明なら、まとまりのある洗練された雰囲気の空間に仕上がります。

吊るす高さは?

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

ペンダントライトを吊るす高さは、光が食卓全体に行きわたることを目安にすると上手くいきます。一般的な幅150㎝くらいのテーブルなら、シェードの直径は3分の1程度の50㎝くらいが良いでしょう。高さは、食卓を隅々まで照らすようテーブルの天板から60~80㎝くらいに上に吊るすのがおすすめです。


ダイニング照明の素敵なインテリア事例集

事例1:デザイン違いのペンダントライトを並べて

色・デザインの違うペンダントライトを3つ並べたダイニング。個性的なデザインで、オブジェのような存在感がありますね。こちらのお宅のように、バーに電源の電極を付けた「ダクトレール」を設置すれば、ペンダントライトを複数取り入れることができます。

事例2:照明をナチュラル素材で彩って

ダクトレールに裸電球を複数取り付けたダイニング照明。ナチュラル素材を織り交ぜるとアート作品のように素敵な照明に。照明の吊るす高さを変えることで、遊び心のある空間を演出しています。

事例3:カラフルなシェードで昼間も華やかなダイニングに

光の色やシェードのデザインにもこだわろう。「ダイニング照明」の選び方photo:Shutterstock

パステルカラーのシェードで昼間も華やかなダイニングに。吊り下げるタイプのペンダントライトは存在感のある照明なので、色合わせは気をつけたいところです。写真のように、色は違ってもトーンを合わせれば、まとまりのあるインテリアを実現できます。

こだわりの照明で、ダイニングをもっと素敵に

食卓を明るく照らしてくれるダイニング照明。1日のなかでも、食事の時間は特に楽しいものですよね。照明のデザインや光の質にこだわれば、ダイニングで過ごす時間がより心地よくなるはずです。ぜひ、お気に入りを探してみてくださいね。

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト2級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報