会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

とろっと食感とのどごしに驚く。伝統的な製法で作られる「THE OMOCHI」の特別なお餅

とろっと食感とのどごしに驚く。伝統的な製法で作られる「THE OMOCHI」の特別なお餅

この冬、気になるお餅のブランドが誕生しました。かつて天皇家や貴族が祝いの席で食した特別なお餅の味を追求し、守り続けることを目指す「THE OMOCHI」です。今では貴重となった伝統的な製法で作られるお餅は、みずみずしさとのどごしの良さが大きな特徴。あなたもぜひ味わってみてください。

伝統的な製法でお餅の味を守る、お餅ブランド

お餅ブランド「THE OMOCHI」のさまざまなお餅と稲

「THE OMOCHI」は、シェフや科学者などがチームを組み、食の生産者のリブランディングを行う会社「dot science(ドットサイエンス)」が立ち上げたブランドです。

これまでにも、食べられる花屋「EDIBLE GARDEN(エディブルガーデン)」や香りを食べるアイスクリーム「FRAGLACE(フレグラス)」など、斬新な食ブランドを次々と作り出してきたdot science。そんな会社がこのたび目をつけたのが、日本の伝統的な食材であるお餅でした。

宮城県にあるお餅メーカー「笠原餅店」が炊いたもち米

その製品作りのパートナーとなったのは、宮城県にあるお餅メーカー「笠原餅店」。自社の田んぼでもち米を育て、伝統的な製法でお餅にしており、かつて祝いの席で食べられていたお餅の味を今にも伝え続けています。

笠原餅店がこだわる、釜戸と薪火による製法

宮城県にあるお餅メーカー「笠原餅店」の釜戸で薪を燃やす様子

そのお餅の美味しさの秘密は、笠原餅店が大切にする製法にあります。もち米をお餅に変える工程の蒸す作業の際、昔ながらの釜戸を使い、薪火の火加減を見ながら行っているのです。今では機械に任せ、ガスで蒸しているメーカーがほとんどとなっているなか、こうした繊細な手作業で時間を掛けて作られているのはとても貴重。その手間暇によって、とろっとした食感とみずみずしさ、そしてのどごしの良さが特徴的なお餅が完成するのです。

5種類の味を、オリジナルアレンジレシピで楽しんで

お餅ブランド「THE OMOCHI」の、卵を使ったアレンジレシピ

気になるTHE OMOCHIのラインナップは5種類。お米そのものの味を強く感じられる「プレーン」や「玄米」のほか、素材の風味を感じる「海老」や「くるみ」、「豆」があります。

公式サイトでは、さまざまなアレンジレシピを公開中。シェフやパティシエ、フードコーディネーターと協力して開発したというレシピは、ワインにもぴったりなブルーチーズとの組み合わせや、ココナッツミルクを使ったお汁粉など、目新しいものばかり。どれもTHE OMOCHIの特徴を活かし、より美味しさを引き出す一皿となっています。

お餅ブランド「THE OMOCHI」の5種とパッケージ

THE OMOCHIの商品は、オンラインショップから購入することができます。家族や親戚などが集まる機会の多い年末年始を、特別なお餅でおもてなししてみませんか。パッケージもおしゃれなので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめですよ。

THE OMOCHI(10枚入り)
プレーン・玄米  各1,200円(税別)
海老  1,500円(税別)
くるみ・豆 各1,400円(税別)

photo / dot science株式会社

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報