会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

豪華な料理がフライパン1本30分で。プロが教えるフランス料理の簡単な作り方

豪華な料理がフライパン1本30分で。プロが教えるフランス料理の簡単な作り方

豪華な料理が、フライパンひとつで手早く作れる。そんな魔法のようなレシピ本が発売されました。フレンチビストロや惣菜料理の教室を主宰する料理家・小川奈々さんの『フライパン1本 30分でできる フレンチレシピ』です。今回は特別に、掲載されているレシピもご紹介します。

小さなキッチンで生まれたアイディアレシピ集

フランス料理家・小川奈々さんのレシピ本

「アトリエ・ルー・グルーズ」や「アトリエ・ラパン」といった人気の料理教室を主宰し、講演などでも講師を務めるフランス料理家・小川奈々さんが新たなレシピ本を発表しました。それが『フライパン1本 30分でできる フレンチレシピ』です。
ページをめくってみても、とてもおいしそうな料理ばかり。下準備や漬け込み時間を除いても、本当に30分でできるの?と思うような華やかさです。
この本のレシピが生まれた原点は、小川さんのパリでの修行時代。住んでいたワンルームの小さなキッチンで、なんとか工夫しながら料理を作っていくうちに、フライパンだけでも立派なものができるようになったそう。そのときの経験から、この本を参考にした人たちが幸せな気持ちになってくれたら…という思いがこめられています。
今回は特別に、掲載されているレシピの中から、ビーフストロガノフと、そば粉のガレットをご紹介します。お客さんが来るときにサッと作って味わえたら素敵なレシピ。ぜひ挑戦してみてください。

メインディッシュにしたい「ビーフストロガノフ」

ビーフストロガノフのレシピ

材料(4~5人分)

  • 牛切り落とし肉(できれば和牛)400g
  • マッシュルーム1パック
  • 玉ねぎ1個
  • 牛脂(できれば和牛のもの)10g
  • ブランデー50ml
  • バター10g+10g
  • 生クリーム200ml
  • バルサミコ酢大さじ2
  • 塩、黒こしょう少々
  • 黒粒こしょう、パプリカパウダー、イタリアンパセリ各適量
  • ご飯適量
  • 〈調味料〉
  • パプリカパウダー小さじ2
  • 小さじ1
  • 黒こしょう適量

作り方

  • 1マッシュルームは湿らせたキッチンペーパーで汚れをふき、5mm幅に切る。玉ねぎは半分に切り、繊維を断ち切るように横に薄切りにする。牛肉には〈調味料〉をよくもみ込む。
  • 2フライパンに牛脂を溶かして牛肉を入れ、ほぐしながら広げる。動かさずに強火で両面を焼き付け、ブランデーを加えてバットに取り出す。(牛脂のかたまりが残っていたら取り除く。)
  • 3続いてフライパンにバター10gを溶かし、強火でマッシュルームの両面を焼き、塩、黒こしょう各少々をふる。バットに取り出し、アルミホイルをかけて保湿しておく。
  • 4フライパンにバター10gを溶かし、玉ねぎを中火で約10分炒める。牛肉をもどし入れ、マッシュルームの半量、生クリーム、バルサミコ酢、塩、黒こしょう各適量を加えて温める。
  • 5ご飯と一緒に器に盛り、残りのマッシュルーム、粗くつぶした黒粒こしょう、パプリカパウダー、イタリアンパセリを散らす。

定番と一味違うアレンジの「そば粉のガレット ほたてクリーム」

そば粉のガレットのレシピ

いろいろなアレンジが楽しめるそば粉のガレット。こちらはサワークリームとほたて、バター風味の長ねぎ、さらにレモン果汁を加え、コクがありつつも爽やかな酸味が味わえる一皿です。

材料(5~6枚分)

  • 〈ガレット生地(5~6枚分)〉
  • そば粉60g
  • 薄力粉15g
  • 小さじ1/3
  • 溶き卵1/2個分
  • 250ml
  • バター適量
  • 〈具(6枚分)〉
  • 長ねぎ(白い部分)2本
  • バター30g+40g
  • 生ほたて貝柱12~18個
  • レモン汁大さじ2
  • サワークリーム180ml
  • 塩、黒こしょう適量
  • ピンクペッパー、ディル(あれば)各適量
  • レモンの半月切り6枚

作り方

  • 1ガレット生地を作る。ボウルにそば粉、薄力粉、塩を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。溶き卵を加えて混ぜ、さらに水を3回に分けて加え、そのつどよく混ぜ合わせる。(水を分けて加えることでダマになりにくくなる。)
  • 2フライパンを強火で熱してバター適量を入れ、キッチンペーパーで塗り広げる。生地をおたまに軽く1杯分入れ、手早くフライパンをかたむけて丸く薄くのばし、両面を焼く。これを5~6枚作る。
  • 3具を作る。長ねぎは5cmの長さのせん切りにし、バター30gとともに耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて電子レンジ(500W)で5分加熱する。軽く塩をふる。
  • 4ほたては塩、黒こしょうをふる。フライパンにバター40gを溶かして両面をこんがりと焼き、レモン汁を加える。ソースごとバットに移し、アルミホイルをかけて保温しておく。
  • 5フライパンにガレット生地を1枚広げ、真ん中にサワークリーム30ml、長ねぎの順にのせ、四隅に折り、弱めの中火でサワークリームを温める。
  • 6皿に移してほたてをのせ、バットに残ったソースをかける。ピンクペッパーを散らし、レモンの半月切り、ディルを飾る。

作ってみたくなるメニューがいっぱい

フランス料理の簡単な作り方1

本には、前菜からサラダ・メインディッシュ・パスタ・デザートまで、コース料理がひととおり作れてしまうようなさまざまなレシピが載っています。ポイントになる工程は写真入りでわかりやすく紹介されているほか、ハーブなど用意できないものがあればシソで代用できるなど、ほかに組み合わせられる食べ物や飲み物の提案もありますよ。小川さんのコラムもあり、一見難しく感じるような豪華な料理も気負わずに作れそうな一冊です。
ぜひ『フライパン1本 30分でできる フレンチレシピ』を手に取って、料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか?

photo / 株式会社産業編集センター

フライパン1本 30分でできる フレンチレシピ
発売日:2018年5月17日(木)
刊行:株式会社産業編集センター
定価:1,400円(税別)

http://www.shc.co.jp/book/detail/002622.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報