こだわりの素材とリトアニアへの愛に溢れたBean to Barチョコレート「Chocolate Naive」

こだわりの素材とリトアニアへの愛に溢れたBean to Barチョコレート「Chocolate Naive」

自然豊かなリトアニアを拠点にした、Bean to Barチョコレートブランドの「Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)」。最高の素材と技術者を集め作られているチョコレートに、目を引くデザインのパッケージ。たくさんのこだわりと地元リトアニアへの愛があふれた新しいチョコレートです。

リトアニアから世界へ発信するBean to Bar「Chocolate Naive」

自然豊かなリトアニアを拠点にした、Bean to Barチョコレートブランドの「Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)」。“Bean to Bar(ビーントゥバー)”とは、こだわりのカカオ豆を焙煎し、チョコレートにするという製造の工程を一貫して行っている工房のこと。アメリカで誕生したBean to Barは、チョコレートの本場であるヨーロッパにも近年増え始めているのだそう。

「Chocolate Naive」になるまでの、最高級なこだわり

「Chocolate Naive」のチョコレート作りには、大きく分けて2つの大切にしているこだわりがあるのだそう。

一つ目は世界最高の原料だけを選び、使用していくこと。二つ目はチョコレートを作る上で、それぞれの生産工程に最高の技術者とタッグを組むということ。

そして、様々な産地のカカオ豆の個性を際立たせ、味や色、薫り、舌触りなどの絶妙な加減をこだわり抜いた末に、「Chocolate Naive」が誕生するのです。

特徴的なフレーバーが楽しい「Chocolate Naive」

「Chocolate Naive」のBean to Barを構えるリトアニア。その地元の食材からインスピレーションを得て誕生したのが「Chocolate Naive」を代表する“Back to the Origins”シリーズです。リトアニアに生息する豊富な種類のベリー、蜂蜜、きのこ。リトアニアの豊かな大地の恵みが、一枚のチョコレートバーに込められています。

「BERRIES」

NAIVEでは、ベリーを1枚のチョコレートに込めました。ストロベリー、ブルーベリー、クロスグリのフリーズドライをパウダー状にして、マダガスカルのスパイシーでドライフルーツのような薫りのカカオ豆でつくったダークチョコレートに練り込んでいます。驚くようなジューシーさがお口の中に広がります。
出典:https://www.facebook.com
リトアニアでは初夏から夏にかけて、様々な種類のベリーが収穫されるのだそう。しかも都心からさほど遠くない森や野原でも簡単に見つけることができる程、ベリーは地域になじんだ食物なんですね。子供の頃から親しんだ、幅広い年代に人気のフレーバーです。



DARK CHOCOLATE WITH BERRIES
ダークチョコレート ベリー味
55g / 1,080円 (税込み)

「PORCHINI」

今回の新作で間違いなく一番の注目がこちらのポルチーニ味です。意表をつく組み合わせに皆さんびっくりされますが、ナッツのようでチーズのような芳しい薫りのポルチーニはカカオの薫りとぴったりです。カカオの後に、森の薫りが追いかけてくる、一度食べたら忘れられないチョコレートです。お茶やコーヒーにはもちろん、赤ワインにも相性がよさそうな大人の味です。
出典:https://www.facebook.com
夏から秋にかけて、リトアニアではキノコ狩りが盛んに行われるそう。緑豊かな森を進んでいくと様々なキノコを発見でき、その中でもポルチーニはとっても稀少。だけど、リトアニアの多くの人がポルチーニを愛しているんだとか。そんな森の宝物、ポルチーニをチョコに閉じ込めた、贅沢なフレーバーです。


DARK MILK CHOCOLATE WITH PORCHINI
ダークミルクチョコレート ポルチーニ味
55g / 1,080円(税込み)

「HONEY」

リトアニアの原風景を想うチョコレート。フォレストハニーは、Backi to the Origins シリーズの象徴的な一枚です。良質のハチミツに恵まれたリトアニア。その中でも森の花々からミツバチが集めたフォレストハニーは黄金色の森の恵です。チョコレートに含まれる砂糖のうち5%分をハチミツにすることで、ナチュラルな甘さのチョコレートができました。ハチミツの芳ばしい薫りが口溶けとともに広がります。
出典:https://www.facebook.com
「Chocolate Naive」のハニーは、甘すぎず、口に含むとしっかりと漂う蜂蜜の香りが特徴。水分を含む蜂蜜は、チョコレートの油分と完全に混ぜ合わせることができなかったのだそう。研究を重ね、その問題を初めてクリアできたのが「Chocolate Naive」なのだとか。このことがキッカケで国際的なチョコレートのコンクール、International Chocolate Awardで賞を受賞した名誉あるフレーバーなのです。


DARK CHOCOLATE WITH FOREST HONEY
ダークチョコレート フォレストハニー味
55g / 1,080円(税込み)

ギフトにもおすすめの洗練されたパッケージにも注目

「Chocolate Naive」では味はもちろんですが、パッケージデザインにもこだわりをもって作られています。百科事典をコンセプトにデザインされたという、1箱1箱並んだ佇まいがまるで本のようなパッケージや、カラフルに色分けされたフレーバーにはそれぞれにストーリーがあるのだとか。封を開けるときがワクワクするようなパッケージは、ギフトでも喜ばれそうです。
「Chocolate Naive」は、素材の生産者や農場の情報をすべてオープンにし、安心して口にできるような気遣いもされています。質が高いといわれている、リトアニアに長く受け継がれた食文化を大切にしているがゆえの事なのだそう。

こだわりの素材と、地域を愛する心が詰まった「Chocolate Naive」のチョコレート。これからもどんな新しい作品を生み出していくのか注目です。

Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)リトアニアbeantobar(ビーントゥバー)チョコレート

Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)

http://www.chocolatenaive.jp/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

  • しなやかな身体をつくる12の習慣
  • ナチュラルハウスのベジレシピ
  • 暮らし上手さんの毎日レシピ 365recipe