会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

あなたはいくつ当てはまる?体脂肪が増える7つの習慣をチェックして理想体型に近づこう

あなたはいくつ当てはまる?体脂肪が増える7つの習慣をチェックして理想体型に近づこう

ダイエットを意識しているのに、なかなか痩せられない…そんな人は、なにげない普段の生活習慣に原因があるのかもしれません。ダイエットで重要なのは、体重を減らすというよりも体脂肪を減らすことなのだそう。体脂肪が増えてしまう7つの習慣をチェックして、心当たりのあるものは改善してみませんか?

ダイエットのポイントは、体重ではなく体脂肪

ダイエットで重要なのは体重ではなく体脂肪

ダイエットでは体重に注目してしまいがちですが、体に蓄えられた体脂肪を落とすことが実は重要なのだそう。いくら体重が落ちても体脂肪率が変化しなければ、ぽっちゃりとした印象は変わりません。それどころか痩せにくい体質になったり、リバウンド率が高くなったりも。
体脂肪がなかなか減らないという人は、生活習慣に原因が潜んでいるのかもしれません。問題となる習慣と、その解消法をご紹介します。次の7項目をチェックしてみてください。

あなたはいくつ当てはまりますか?体脂肪が増える7つの習慣

1.朝食を抜く

朝食は抜かず、フルーツやヨーグルトだけでも

朝食には、体を温めて代謝を上げたり、臓器の働きやホルモン分泌などが適切に行われるようにしたりといった大切な作用があります。
時間がないからとか、ダイエット中で食べる量を減らそうと朝食を抜く方もいると思いますが、朝になにも食べなければ、前日の夕食から昼食時までエネルギーが入ってこない状態に。すると体が危機を感じ、次の食事で摂取したエネルギーを体に蓄えようとして、体脂肪になりやすくなるという逆効果が。それを防ぐためにも、少しでも朝食をとりましょう。調理不要で食べられるでフルーツや、起きたばかりの胃腸に負担になりにくいヨーグルトなどがおすすめです。

2. なるべく体を動かさないようにしている

車が移動手段の基本になっていたり、家ではすぐにゴロゴロしたりといった生活は、体脂肪を増すことにつながります。少しでも体を動かすことを心がけましょう。普段から階段を使う、姿勢をよくして早歩きをする、テレビを見る時はストレッチをするなど、特別な運動でなくもよいので、日常生活の中で体を動かすように気を付けてください。

3.ながら食べ・早食いが多い

ながら食べは食べ過ぎにつながります

「満腹になった」という信号が脳に届くのは食べ始めて15分~20分後なので、早食いするとつい食べ過ぎて太ってしまうとよく言われています。それだけではなく、一気に食べると血糖値が急上昇。その際に分泌されるインスリンには脂肪を作り、脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、過剰に分泌されると脂肪蓄積を促すことに。
そんな早食いを防ぐには、とにかく「よく噛むこと」です。
また、食事中にテレビやスマホに集中していると、「食べている」という実感がうすれ食欲が抑えにくくなり、食べ過ぎにつながります。「ながら食べ」はやめて、食べるときは食べ物に意識を向けるようにしましょう。

4.空腹ではないのに食べる

なんとなく口寂しいな…と、ついおやつに手が出てしまう人は要注意。きちんと食事をとっていればおやつは不要です。どうしてもお腹がすいて我慢ができないときには、ナッツ(ノンオイルローストタイプ)やドライフルーツ、チーズなど、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれた栄養価が高いものを選んでください。

5.食べ物を残せない

腹八分目を目安に、量が多ければ残しましょう

日本には古くから、出されたものは残さずきれいに食べるという文化があります。ですが、腹八分目を心掛けるほうが健康的なのは明らか。残せない、残したくないのであれば、作る量や取り分ける量を少なめに、お店では量を先に減らしてもらうなど、あらかじめできる対策をとりましょう。

6.遅い時間に食べる

同じものを食べても、朝よりも夜の方が太りやすいことはよく知られています。その状態を作るのは、体内の「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれるタンパク質。夜10時頃を過ぎると体内はエネルギーを脂肪分として蓄えようと、BMAL1が急増して「太りやすい状態」になるのです。
また、食べてすぐに寝ると睡眠中に血糖値が高い状態になり、エネルギーが大きく消費されずに体に脂肪として蓄積されてしまいます。
夕食は就寝2~3時間前までには済ませるようにしてみてください。

7.寝る直前までテレビ・スマホを見ている

夜遅くまでテレビやスマホを眺めていると、その画面から発せられるブルーライトが目を刺激し、脳は昼間だと錯覚してしまいます。すると寝つきが悪くなったり、深い眠りを得られにくくなったりと、睡眠の質を落とす要因に。睡眠の質の低下は食欲に関わるホルモンの分泌に影響を及ぼすので、食欲ホルモンをコントロールするためにも、質のよい睡眠をとることが大切です。
就寝の1時間ほど前からは部屋の照明を落とし、電子機器類の画面を見るのはやめ、睡眠の準備に入るようにしましょう。


いかがでしたか?当てはまるものが多かった方は、少しずつ改善して理想の体型に近づけるといいですね。「マイクロダイエット」のHPには、ダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているのでそちらも参考にしてみてください。

photo / Shutterstock

サニーヘルス株式会社

https://microdiet.net/diet/001120.html

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報