会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

賃貸でもOK!「ディアウォール」でDIYして、おしゃれに壁面収納を楽しもう

賃貸でもOK!「ディアウォール」でDIYして、おしゃれに壁面収納を楽しもう

壁を傷つけずに、壁面に柱や棚を設置できる「ディアウォール」。釘やビスを打たないので、賃貸でも安心して壁面収納や壁面のインテリアを楽しむことができます。いろいろカスタマイズできる上に価格も安く、設置方法も簡単で女性1人でも楽に設置できる優れもの。お家DIYデビューにもおすすめです。

「壁面」を使ったおしゃれな収納に、憧れたことはありませんか?

壁面収納に実際に収納している様子

海外などのおしゃれなお部屋の写真を見て、“壁面”の使い方が素敵だなと思うことはありませんか?リビングや寝室の壁一面をおしゃれな本や雑貨を飾るインテリア棚、キッチンや洗面室の壁際のを収納…。壁面をうまく使うと、お部屋全体のインテリアに統一感をもたせたり、ちょっとした隙間やデッドスペースを収納スペースとして有効活用でき、おしゃれな上に機能性抜群なお部屋に仕上がります。

でも、真似したい!と思っても、賃貸のお部屋では壁を傷つけることができないために、残念ながら諦めた方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな日本の住宅事情でも壁面をおしゃれに活用できるようになる「ディアウォール」をご紹介します。

ディアウォールは、釘やビスを使わず壁面収納を簡単に作ることができるDIYグッズ。壁・床・天井どこも傷つけないので、賃貸のお部屋でも安心。カスタマイズ性が高く、他の家具と高さや奥行きや色を揃えることもできますし、棚受けの数を調整することで、収納の容量を調整することもできるんです。これまで「賃貸だから……」と諦めていた方も、ディアウォールがあれば簡単なDIYでお部屋をプチリフォームできそうですね。

壁を傷つけないディアウォールでお部屋をプチリフォームしよう

ディアウォールの写真

ディアウォールは簡単にいうと、“上下で垂直に設置する大型の突っ張り棒”。天井に接する方のパッドにスプリング(ばね)が入っていて、押し込むような動作で壁に簡単に設置することができます。

釘やビスを使わないので賃貸のお部屋でも、好きなところに棚をDIYして、お部屋の壁面をアレンジすることができます。設置も簡単で、女性一人でも十分設置できるのも嬉しいポイント。自分の好みの高さやデザイン・色に調節できるので、インテリアにこだわる人には特におすすめです。

ディアウォールは、床面と天井面のそれぞれに接するパッドが1セットと、柱の高さの微調整のためのスペーサー2枚がセットになった商品です。それと別にパットの間にはめ込む木材を用意して、柱を設置します。棚を作る場合は、別売りの「ディアウォール専用棚受け」と棚板の用意も必要となります。

サイズ展開は3種類で、柱に使う木材に合わせた2×4(ツーバイフォー)材と2×6(ツーバイシックス)材、1×4(ワンバイフォー)材。どれくらいの重さに耐えられる壁収納を作るかによって、その耐荷重に適したディアウォールと木材を選んでみてください。ディアウォールも木材も、ホームセンターや通販で、簡単に手に入れることができます。お値段も求めやすい価格で、ディアウォールは1,000円前後。簡単な棚を作る場合は柱用の木材と合わせても4,000円ほどあれば、必要な材料をすべて購入することができます。

ディアウォールの色は、ホワイト・ライトブラウン・ダークブラウン・ブラックの4色展開。どれ色もベーシックな色なので、お部屋の雰囲気や他の家具の色にぴったり合う色が見つかりそうですね。

女性1人でも大丈夫!ディアウォールを使って棚をDIYする方法

ディアウォールを設置している様子

ディアウォールの設置方法はとっても簡単。今回は、写真右のような簡単な棚の作り方を例にディアウォールを設置する方法とコツをお伝えします。

1.ディアウォールでどんな棚をDIYしたいかイメージしよう

まずは、設置箇所の確認です。床と天井が安定しているかを確かめましょう。もし、畳やクッションフロアなど、床が沈み込んでしまったりして安定性に欠ける場所に棚を作る場合は、床に広めの板を敷いておくなど、床が沈み込まないようにする工夫が必要です。
次に、設置する場所の天井高を測ります。高さを測るには、DIYの定番、スチール製のメジャーがおすすめです。

設置個所の確認をしたら、次はどんな棚を作りたいのかを考えましょう。何を置きたいのか?棚の数は?どんな色にする?そんな風にイメージを膨らませる時間はとっても楽しい時間になりそうですね。
特に考えておきたいのが“棚に置く物の重さ”。必要な耐荷重によってディアウォールと木材のサイズが変わります。軽いものであれば1×4(ワンバイフォー)のサイズでも大丈夫ですが、重いようであれば、2×4(ツーバイフォー)のサイズや2×6(ツーバイシックス)のサイズを使用しましょう。耐荷重は使用状況により異なるので、公式HPのギャラリーに掲載されている施工例を参考にしてみてください。

2.ホームセンターや通販で材料を揃えよう

木材とドライバーの写真

ディアウォールを使ってDIYする棚をしっかりイメージできたら、次は材料と道具を揃えましょう。ディアウォールや木材を始めとする必要な物は、ホームセンターや通販などで購入することができます。

<用意する材料・道具>
・ディアウォールを2組
・専用の棚受け
・木材2組(天井高から45mmほど短いものを用意しましょう)
・棚板(物を置く部分となります。ちょうどいい長さと奥行きの板を用意しましょう)
・ドライバーor電動ドライバー

3.とっても簡単!ディアウォールを使って棚をDIYする方法

ディアウォールでDIYをしている様子

材料と道具が揃ったら、いよいよディアウォールを使って簡単な棚をDIYします。ネジを除けば小さな部品も少ないので、部品がなくなる心配も少なく棚を作ることができます。

(1)ディアウォールを木材にかぶせます。
(2)バネのある上パッドを天井の隅に押し付け、バネを縮めるようにしながら木材全体を壁に垂直に沿わせるように押し込みます。
(3)柱がグラグラしていないか確かめましょう。不安定なようなら下のパッドにスペーサーを入れて調整します。
(4)(1)~(3)を繰り返し、もう1つ柱を設置します。
(5)棚受けを設置したい箇所に、棚受けを付属のネジで取り付けます。“支柱面”と書かれた面を取り付けるよう気をつけましょう。
(5)左右に棚受けを設置したら、その上に棚板を乗せ、下から付属のネジで固定したら出来上がり。

DIYに慣れている方は、ごつごつした木材の角をサンドペーパー(紙やすり)で削って表面をなめらかに仕上げたり、2×4材にペンキを塗ってインテリアに合わせた色にするなど、工夫してみてください。どちらも行う場合は、やすりを掛けてから塗装するときれいに仕上がります。
また、水平器を使うと棚が水平に設置できたかどうかを簡単かつ正確に確認できます。きっちり棚を作りたい方は使ってみてください。

ディアウォールを使ったDIYの様子を動画で見たい、という方は、ディアウォールが配信しているこちらの動画がおすすめです。

ディアウォールを使ったDIYを楽しむ上での注意点

このようにディアウォールの設置はとても簡単ですが、少しだけ注意点もあります。まず、必ず"上下"で垂直に突っ張らせること。突っ張り棒のように水平に使うことはできません。また、壁面に沿わせるように設置しましょう。壁面から離れた場所は、転倒の危険性が高まってしまうため、間仕切りのように使用することができません。最後に、家具転倒防止器具として使用することもおすすめできませんので気をつけてください。

ディアウォールを使った棚作り・お部屋づくりの実例

続いて、ディアウォールを活用したお部屋のインテリア例を見てみましょう。壁沿いに上下に設置するというルールさえ守れば、さまざまにカスタマイズできるディアウォール。これから紹介する実例を参考に、あなたにぴったりなディアウォールの使い方を編み出してください。

実例1:キッチンのカウンター下にディアウォールで棚を設置

ディアウォールで棚を設置している様子

デッドスペースになりがちな、キッチンのカウンター下も、ディアウォールを設置すれば、ちょっとした収納スペースに一変。雑誌や写真立てなどのお気に入りの小物を飾ったり、写真のように黒板を設置すればよりキッチンが憩いの場になりそうです。

実例2:壁面全体にディアウォールで棚を。お部屋の雰囲気を統一

賃貸でもOK!「ディアウォール」でDIYして、おしゃれに壁面収納を楽しもう

続いては、ディアウォールで壁に大きく棚を作った事例をご紹介。見せるクローゼットというアイデアも、TVとTV台を囲んでしまうアイデアも参考にしたいですね。
落ち着いた色の木材が、お部屋がシックで引き締まった印象にしてくれます。

実例3:ディアウォールに板を取り付けて自由に遊べる壁を創出

時計や絵画を飾っている様子

こちらは、壁面にいくつかディアウォールを設置して、その柱をつなぐように板を何枚も設置し、時計や絵画などを自由に飾れる壁に変身させるというアイデア。賃貸のお家で、いろいろなものを飾って楽しみたい方にぴったりです。

実例4:ディアウォールを使えば壁面の可能性はどこまでも広がる

ディアウォールの間に設置したコルクボードや、作業スペースの写真

この他にも、ディアウォールの間に突っ張り棒を設置したり、コルクボードを設置するなど、アイデア次第でいろいろなアレンジ方法が楽しめます。壁面収納の枠から飛び出し、ちょっとした作業スペースとなる机を作ることも。キッチンのちょっとした隙間にスパイスラックを作ってみたり、玄関のシューボックスから溢れている靴の収納場所を作ってみたり、お洒落なカフェのようにお酒をディスプレイ収納してみたり、オリジナルのキャットタワーを作ってみたり…いろいろな想像が膨らみますね。

壁を傷つけずに壁面収納や壁面のインテリアを楽しめるディアウォール。カスタマイズ性が高く、設置方法も簡単。ちょっとした棚なら数時間で作れるので、ぜひお家DIYを楽しんでみてはいかがでしょうか。

photo / 若井ホールディングス株式会社

ディアウォール(若井ホールディングス株式会社 )

https://www.wakaisangyo.co.jp/diawall/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを