会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

「部屋が暗い…」は解決できる?ちょっとした工夫で部屋を明るく見せるインテリアの4ポイント

「部屋が暗い…」は解決できる?ちょっとした工夫で部屋を明るく見せるインテリアの4ポイント

立地や季節によっては、日当たりがいまいちな部屋もあるのではないでしょうか。特に都心などで物件探しをすると、部屋の広さやその他は希望通りでも日当たりだけがネックになることも。今回は、日当たりがいまいちな部屋を明るく見せるインテリアの工夫をご紹介します。

部屋が暗い、どうすれば明るい印象になる?

日当たりがいまいちな部屋に住むことになったら、少しでも明るい雰囲気にしたいと思うもの。諦めてしまう前に、インテリアの工夫を試してみてはいかがでしょうか。何から手をつければよいのかわからない、と迷ったらこれからご紹介するインテリアのポイントをご参考にしてみてくださいね。

「日当たりいまいち」でも大丈夫。明るく見せるポイント

1:モノを減らしてすっきりさせる・白系の色を多用する

ベージュやアイボリーなどの床面を多く見せると広々とした印象になるだけでなく、明るさを演出できます。敷くだけでOKの床シートなど簡単DIYできるアイテムなら、賃貸物件でも取り入れられます。モノで圧迫感が出ないように、大型家具やモノを減らしてすっきりとさせてみましょう。
壁も白系で統一すると、光を反射して明るく感じられます。建売・分譲住宅や賃貸物件などの壁紙は白系が選ばれているケースが多いですが、もし違っている場合は剥がせるシールタイプの壁紙でプチリフォームしてみてはいかがでしょうか。
窓辺のウィンドウトリートメントやベッドファブリックなど、大きな面積を占めるファブリックも白系を取り入れると、壁や天井の色になじみ光を反射させて明るさを感じさせます。
こちらの部屋では家具も白系に。大きめの家具でも壁の色に同化して圧迫感を抑えられます。飾る小物も白系で統一しているため、明るさだけでなく洗練された雰囲気も演出していますね。ドライな植物をディスプレイして韓国インテリア風に仕上げています。
こちらの部屋では、キッチンアイテムを白で統一。市販のキッチンまわりのアイテムはカラフルで楽しい雰囲気のものが多いですが、シックにまとめるなら白の容器やアイテムに絞ると生活感を抑えられモダンインテリアにもなじみます。

2:LEDライトなどの照明を取り入れる

手早く部屋を明るくするなら、LEDライトなど長寿命の照明を取り入れてみましょう。ぬくもりのある部屋にしたいなら電球色などオレンジがかった色の光を、目が覚めるような白い光が好みなら昼光色を取り入れるなど「色温度」にもこだわってみては。
暗く感じられる場所には、スタンドライトなど補助照明を設置して光をプラス。照明が複数あることで、明るさを調節でき気分やシーンに合わせて使い分けられます。特に部屋のコーナー部分など、暗くなりがちな場所に置くと部屋が明るく感じられます。

3:色鮮やかなグリーンを置く

みずみずしい色鮮やかなグリーンを置くと、自然を身近に感じられ外で過ごすような開放感を得られます。ポトスやテーブルヤシ、シェフレラなど耐陰性の植物を選ぶと、日当たりがいまいちな部屋でも育てやすいでしょう。
こちらは、中庭のある物件。共同フロアである中庭には、植物が植えられて実際の面積よりも部屋を広く感じさせますね。柔らかな自然光と植物の色鮮やかさが部屋に明るさをもたらしてくれます。

4:光を通すカーテン・ガラスなどを取り入れる

部屋を明るく見せるには、光を通す素材をできるだけ取り入れることが近道。レースカーテンやガラス素材の家具などを、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
重厚感のある木製のリビングテーブルもガラス天板ならこんなに軽やか。光を通し輝くガラスが部屋に明るさをもたらします。床に敷かれた白系のラグが透けて見えるので、より明るく感じられますね。

番外編:風通しをよくする

日当たりがいまいちな部屋は、湿気が溜まりやすくカビなどが発生する原因にもなります。できるだけ風通しをよくして湿気がこもらない工夫をしましょう。
壁やドアなどで遮らず、風が吹き抜ける開放的な間取りが理想です。家具などは壁側に寄せて、「風のとおり道」をつくりましょう。湿気がこもりやすい場所は、窓を開けそちらに向けてサーキュレーターで風を送ると換気になるだけでなく湿気対策にも繋がります。

日当たりがいまいちでも「インテリア」で心地よい部屋に

インテリアの工夫によって、日当たりがいまいちでも居心地のよい空間はつくれます。今回ご紹介したアイデアなどを参考に、インテリアによって部屋を明るくしてみてはいかがでしょうか。きっと日当たりが気にならないほど、お気に入りの空間になるはずです。

photo / goodroom journal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報