会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

“直してでも使いたい”お気に入りのうつわを素敵に蘇らせる金継ぎ師「guu.」

“直してでも使いたい”お気に入りのうつわを素敵に蘇らせる金継ぎ師「guu.」

日本に伝わる、陶磁器の修繕方法“金継ぎ”。うつわの割れや欠けを漆で繕い、金や銀でお化粧を施します。そうしてうつわ本来の魅力を更に引き出していく金継ぎ師「guu.」。暮らしに根ざしたうつわたちをメインに、作り手の想いと使い手の想いをつないでいく手仕事をご紹介します。

うつわを継いで、作り手の想いを継ぐ

島根県出雲市を拠点とし、割れたり欠けたりしたうつわを直す“金継ぎ”を行っている「guu.」。“金継ぎ”というのは、うつわの割れや欠けを漆で繕ったのちに金や銀でお化粧をする日本伝統の陶磁器の修繕技法です。
「直してでも使いたい」と思えるうつわがあるのは幸せなことです。
また、そう思わせるうつわを作った人も幸せです。
うつわを継ぐだけでなく、その想いも継ぐことを大切にしています。
そのためわたしは、過度にデザインや加飾をすることはおすすめしません。
もとはそのうつわを気に入って使っていたもの。
その想いを汲み取って、お直しが主役にならないよう、お直しいたします。
出典:http://kintsugi-guu.jimdo.com
“金継ぎ”は、もとは高価なものに使われる技法でした。ですが「guu.」は、普段の暮らしの中で使用していた愛着のあるものだったり、大切な人からもらった思い出の品だったり、そういった暮らしに根ざしたうつわの修繕を専門としています。うつわに新しい価値を見出すのではなく、本来ある価値を引き立てる。そんなひとつのものづくりのかたちが、そのうつわの作り手の想いと使い手の想いを再びつなぎます。

本物の漆で安心安全な修繕を

大切で、お気に入りで、いつまでも使い続けたいうつわ。お気に入りだからこそ、たくさん使っているうちに壊れてしまうなんてことは珍しくありません。欠けてしまっても捨てられず、棚の奥に眠っていたりしませんか?そんなうつわを、上品かつスタイリッシュに、極力その作品の持つ味を壊さずに修復する「guu.」の金継ぎ。最近では接着剤や樹脂、偽の漆を使った方法もあるようですが、「guu.」では本物の漆を使用することに強いこだわりを持っています。

愛情の込められた素敵な手仕事

金継ぎにおいて、接着剤変わりである漆。数時間では乾かず、何日もかけてゆっくりと硬化し、普通の接着剤よりも強く頑丈な仕上がりに。そんな手間と時間をかけて美しさが取り戻されるうつわたちは、更なる魅力を放って輝きます。HPにて見積もりを依頼することができるので、お直ししたいうつわがある方はぜひご覧になってみてくださいね。
うつわを繕うことで、そのうつわの作り手の想いと使い手の想いを陰から支える。そんな素敵な「guu.」の手仕事には、ものづくりに対する愛情がたっぷりと込められています。

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報