会員登録

ログイン

  • Facebook
  • Twitter
  • Sheage公式インスタグラム
  • インテリア・生活雑貨
  • ファッション
  • アクセサリー
  • コスメ・ビューティー
  • グルメ・食
  • アート・カルチャー
  • 旅行・お出かけ
  • ライフスタイル

一人暮らしのお部屋に置きたい。理想の「テーブル選び」の5ポイントと実例

一人暮らしのお部屋に置きたい。理想の「テーブル選び」の5ポイントと実例

デザインや素材など数多くの種類が展開されているテーブルは、どれが自分のお部屋に合うのか選ぶのに迷ってしまいませんか。今回は、一人暮らしのお部屋に置きたい、理想のテーブルを選ぶポイントをご紹介します。

部屋にあったテーブルがほしい。テーブルの種類はどう選ぶ?

以前に比べると、最近ではなかなかインテリアショップをめぐることもできませんよね。そのため、大型家具をネットで注文する方も多いのではないでしょうか。

本来であれば、家具は実際に触れてみたり使ってみたりして「しっくりくる」感覚を大切に選ぶのが理想的。ですが、それが叶わないご時世ではどう選んだらよいのか迷ってしまいませんか。

そんな時には、これからご紹介するポイントを押さえることで、理想に近いテーブルを見つけることができるはずです。

それでは、一人暮らしのお部屋で使われることの多いテーブルの種類をご紹介します。

1:ゆったり食事を楽しむダイニングテーブル

ダイニングテーブルは、日々の食事で活躍する家具がダイニングテーブル。一人暮らしでも、食事の時間を大切にしたい方はぜひ取り入れてほしい家具です。食事する時に最低でも確保したい広さは、横幅60cm×奥行40cm。ダイニングテーブルは、ワークスペースとしても便利に使えるので、お気に入りのチェアも合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

2:お茶の時間を豊かにするリビングテーブル

ソファとともにあると便利なのがリビングテーブルです。ソファの座面よりも5~10cmほど高めのタイプを選ぶと快適に使えます。天板や脚は、優しい印象を与える木製、モダンな印象を与えるスチール×ガラスなど、周りのインテリアのテイストに合わせて選んでみてください。

3:省スペースで置けるサイドテーブル

リビングテーブルを置くスペースがない場合は、お茶や本などをちょい置きできるサイドテーブルを取り入れるのもおすすめ。ソファの脇にレイアウトすれば、グリーンを飾ったりディスプレイを楽しんだりとインテリア性もぐっと上がります。座面の高さにもよりますが、ソファに腰かけても使いやすいのは高さ50cm~60cmくらいだと言われています。移動がラクにできるキャスタータイプなどもあるので、ライフスタイルに合わせて選んでみては。

理想のテーブルを選ぶ5つのポイント

1:サイズ

テーブルは、使う人数によって天板のサイズが決まります。小さすぎては窮屈に感じてしまいますし、大きすぎてはお部屋を圧迫してしまいます。置きたい場所をしっかりと計測してから購入しましょう。

2:素材

テーブルの素材としては木製が多いですが、樹種はさまざまです。落ち着いた印象がお好みならウォールナット材、カジュアルでナチュラル感のあるインテリアをお好みならオーク材やアルダー材など好みのテイストに合わせて選んでみましょう。

3:脚の本数

テーブルは、2本タイプと4本タイプが主流になっています。コンパクトなサイドテーブルなどでは、まれに1本脚のタイプも見られます。脚はテーブルの端にあるとチェアの出し入れがしやすくなります。内側に付いていると、すっきりとした印象を与えますが脚がぶつかりやすい場合もあります。

4:塗装

木製家具を選んだ場合は、仕上げにもこだわってみましょう。

・ウレタン塗装
ウレタン系樹脂を主成分とした塗装で、つるつるとした手ざわりが特徴。軽い汚れや水分にも強く、メンテナンスがいらないというのがメリット。

・オイル塗装
植物性のオイルを無垢材に染み込ませた塗装で、木の質感を存分に楽しめて、経年変化とともに味がでる自然な風合いが魅力。しみや汚れが付きやすい、お手入れの手間がかかるなどのデメリットも。
塗装のタイプによっては、匂いが気になるものもあります。匂いに敏感な方は、購入前に口コミを参考にしたりショップに問い合わせたりなどして、確認しておきましょう。

5:天板のデザイン

テーブルの印象を決める天板のデザインは、丸、楕円、長方形、正方形が多くなっています。角のない丸いタイプは優しい印象、長方形や正方形はモダンな印象に。個性的な変形デザイン(三角形に近い形など)は、お部屋のアクセントになります。

一人暮らしのお部屋にも、お気に入りのテーブルを

お部屋をできるだけ狭くしたくない、という方も、暮らしやすさを考えるならひとつは置きたいのがテーブル。今回ご紹介した3種類のテーブルを組み合わせたり、ひとつだけ置いたりとライフスタイルに合わせて選べば、食事の時間・リモートワークをする時間・くつろぎの時間が快適になることでしょう。ぜひ、一人暮らしのお部屋にもお気に入りのテーブルを置いてみてはいかがでしょうか。

photo / goodroomjournal

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。
内容について運営スタッフに連絡

素敵だなと思ったらぜひシェアを

おすすめ情報